人気記事!!
即日融資ランキング!!今すぐお金を借りるなら消費者金融カードローンがいい?
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

お金が必要な時にすぐに借りることができたら便利です。

今回、今すぐにお金を借りたい方向けに即日融資が可能なカードローンをランキング形式で紹介していきます。

本記事のポイント

本記事では以下のことを記載しています。
・即日融資するなら銀行ではなく消費者金融の理由
・即日融資対応カードローンでもできないこと
・即日融資カードローンランキング、ベスト3
・審査に不安な方は中小消費者金融を選ぶべき理由
スポンサーリンク

即日融資ができるカードローン

消費者金融名審査最短即日融資借入方法
アイフル最短30分振込、アイフルATM、提携ATM
プロミス最短30分振込、プロミスATM、提携ATM
アコム最短30分振込、自動契約機
SMBC
モビット
10秒簡易審査振込、提携ATM

即日融資のポイント

・事前に各社の受付時間を確認
・振込融資を希望する
・できるだけ午前中に申込む
 ※当日中の審査でないと翌日に持ち越される可能性あり

即日融資をしたいなら銀行ではなく消費者金融カードローン

審査や融資のスピードを重視するのであれば消費者金融を選択すべきでしょう。

銀行に融資を申し込んだ場合、銀行内の審査とは別に銀行のバックについている保証会社の審査が入ります。そのため消費者金融に比べどうしても審査が慎重になるのです。

 

■銀行系カードローンの審査時間

銀行カードローン審査最短
楽天銀行スーパーローン2~3営業日または翌々営業日以降
三菱UFJカードローン バンクイック2~3営業日または翌々営業日以降
みずほ銀行カードローン2~3営業日または翌々営業日以降
オリックス銀行カードローン2~3営業日または翌々営業日以降
三井住友銀行カードローン2~3営業日または翌々営業日以降
auじぶん銀行カードローン2~3営業日または翌々営業日以降

実は銀行系カードローンは、最短即日審査・即日融資をおこなっていません。

理由は、銀行が反社会的勢力関係者との関係性がないか、審査のなかに警視庁のデータベースを参照するというチェック項目が入ったからです。

なので、審査スピードを重視するのであれば、消費者金融カードローンを選ぶのが最善策でしょう。

消費者金融の審査が早い理由

・自社内で審査が完結できる※信用情報機関の照会はある。
・銀行と違い保証会社の審査がない

消費者金融カードローンのメリット

消費者金融カードローンのメリットを紹介していきます。第一のメリットは即日融資ですが、それ以外にもメリットが多く存在します。

無利息期間が存在する

銀行系カードカードローンにはほとんどない無利息期間が消費者金融にはあります。

■銀行・消費者金融カードローン無利息期間比較表

金融業者無利息期間ある?無利息期間
アイフル30日間
プロミス30日間
アコム30日間
SMBC
モビット
楽天銀行スーパーローン×30日間
三菱UFJカードローン バンクイック×
みずほ銀行カードローン×
オリックス銀行カードローン×
三井住友銀行カードローン×
auじぶん銀行カードローン×

このように消費者金融のなかでも大手の場合は、SMBCモビット以外では無利息期間がありますので負担少なく借入することができます。

各消費者金融ごとに無利息期間の条件が違うため事前に確認はしておきましょう。

例えば

  • 初めての利用なら無利息期間適用
  • 初回契約日から無利息期間の開始
  • 初回借入日から無利息期間の開始
  • インターネット契約が条件で無利息期間適用

 

など条件があります。

利用用途が自由

消費者金融カードローンの場合、利用用途が比較的自由です。

アコム公式HPより

利用用途が自由だからといって「ギャンブルで使うからお金を借りたい」などといった理由を言ってしまうのは、審査落ちの原因になってしまいます。

最低限の常識を踏まえて申し込みをしましょう。

担保・保証人不要

消費者金融は担保・保証人が不要な点もメリットです。

担保・保証人が不要ということであれば、即日融資もしやすいです。さらに、専業主婦、学生、アルバイトの収入が少ない方でも容易に融資をうけることが可能です。

Web上で融資まで完結

面倒な来店も不要です。

以前は、書類でのやりとりがあった消費者金融がほとんどでしたが、面倒な郵送をおこなうこともなく、身分証明書などは手元のスマートフォンで写真をとってアップロードすれば簡単に提出することができます。

口座振替(自動返済)ができる

返済時には口座振替が可能な消費者金融が存在します。

金融業者口座振替
アイフル
プロミス
アコム
SMBC
モビット

返済忘れもありませんので安心してお金を借りることができます。ただし、消費者金融によってはアプリからの手続きが必要になります。

ネットから契約した後はアプリをダウンロードしておきましょう。

 消費者金融のメリットまとめ

・無利息期間が存在する
・利用用途が自由
・担保、保証人が不要
・Web上で融資まで手続きが完結する
・口座振替(自動引き落とし)ができる

消費者金融カードローンのデメリット

即日融資を受けたいなら消費者金融カードローンのデメリットも把握をしておきましょう。

銀行カードローンと比べると金利が高い

金融業者金利(実質年率)
アイフル3.0〜18.0%
プロミス4.5〜17.8%
アコム3.0〜18.0%
SMBC
モビット
3.0〜18.0%
楽天銀行スーパーローン1.9〜14.5%
三菱UFJカードローン バンクイック1.8〜14.6%
みずほ銀行カードローン2.0〜14.0%
オリックス銀行カードローン1.7〜17.8%
三井住友銀行カードローン4.0〜14.5%
auじぶん銀行カードローン1.48〜17.5%

銀行カードローンがなぜここまで金利が低いのか。

それは、審査に理由があり銀行の場合は保証会社の審査があるなど消費者金融と比べて審査に時間を要し、信用力をしっかり見ます。そのかわりに無事審査通過ができたあかつきには低金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンと比べると安心感が劣る

世間一般的には銀行カードローンには安心感があります。

理由の一つには、消費者金融が以前は、「街金」と呼ばれていたのが主流の時がありました。

お金を借りる=悪いイメージが世間にはあったわけです。そのため銀行と比べるとどうしても消費者金融の安心感は劣ってしまいます。

 消費者金融のデメリット

・銀行と比べると金利が高い
・銀行ほどの安心感がない

消費者金融カードローンで即日融資を受ける2つの方法

即日融資を受けるためには大きく二通りの方法があります。

一番ベストな方法は、インターネットから申込をして審査通過次第、近くの自動契約機にカードを受け取りにいくことです。

わざわざカードが届くまで一週間ほども待つ必要はありません。

また、50万円以下の借入であれば収入証明の提出も必要ありませんので身分証明のみでお金を借りることも可能です。
※場合によっては収入証明を求めらます。

 ポイント

・ネットから申込みをして近くに自動契約機があるのならカードを取りにいくようにしよう。

即日融資をうけるために準備すべき書類

そもそも融資を受けるためには、身分証明書の提出は必須になります。

即日融資を受けたいのであれば収入証明もあらかじめ準備をしておきましょう。

■必要書類
・身分証明書
(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、健康保険証、住民票)
※身分証明書が二点必要な場合あり。

例)
運転免許証+保険証
保険証+住民票(発行から6ヶ月以内のもの)

・収入証明
※50万円を超える借入の場合、他社との借入を合わせて50万円を超える場合
※その他提出を求められる場合あり

即日融資をうけるためのチェック項目

チェック項目
金融業者の営業時間内か?
振込キャッシングを希望する場合問題なく銀行に反映されそうか?
在籍確認はできる状態か?
必要書類の準備はできているか?
申込フォームへの記入はスムーズにできそうか?
上記は最低でもおさえるようにしましょう。

即日融資が可能な消費者金融カードローンでもできないこと

即日でキャッシュカードは届かない

キャッシュカードは即日では届きません。

なので、審査時には、「振込キャッシング」を希望しましょう。そうすることによって指定の口座に振り込んでもらうことができ即日融資が可能になります。

年収の1/3以上の額を借りることができない

賃金業法には総量規制という決まりがあり、年収の1/3以上のお金を借りることはできません。

例えば、年収の300万円の人がすでにA社に50万円、B社に30万円を借りていた場合、残り20万円がC社からお金を借りるうえでの限度額になります。

無職には融資できない

無職は返済能力が「0」とみなされ審査に落ちます。

審査に通過したいのであれば最低でも職につきましょう。

審査が甘いカードローンは存在しない

審査が甘いカードローンは存在しません。

審査を甘くした場合消費者金融からすると「貸し倒れ」のリスクが生じます。貸し倒れされた場合、大きな損害を被ることになりますので審査をゆるくするということはありません。

もし、審査が柔軟な消費者金融を望むなら中小消費者金融をおすすめします。中小でも即日融資に対応しており、大手にも劣らないサービスがあります。

中小消費者金融名即日融資対応
アロー
セントラル
ライフティ

即日融資ランキング ベスト3

即日融資ランキング第1位 アコム

金利限度額無利息期間
3.0〜18.0%800万円30日間
審査最短融資最短申込み方法
30分即日Web、自動契約機
Web完結平日即日融資土日即日融資
最長返済期間・回数返済方式担保・保証人
9年7ヶ月・100回定率リボルビング方式不要

アコムの強み

・カードが即日発行できる
・審査最短30分、即日融資(振込にて)が可能
・CMで流れている「はじめてのアコム」ともありカードローン初めての方に選ばれる傾向あり
・自動契約機938ヶ所もあるため家族にばれずに借入ができる※2020年3月時点

アコムは審査最短30分、即日融資に対応しています。振込によるキャッシングの場合、手数料も無料でかつ楽天銀行口座をお持ちの方なら24時間最短1分で振込が可能になっています。

 

まさにスピード重視の消費者金融といえるでしょう。

楽天銀行以外でも、三菱UFJ、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の口座をお持ちの方の場合、平日23:49までの受付完了で即日振込が可能となっています。

土日祝日でも当日19:59までの受付完了で即日振込が可能になっています。

平日のみならず土日祝日も対応しているのは嬉しい限りですよね。

即日融資ランキング第2位 SMBCモビット

金利限度額無利息期間
3.0〜18.0%800万円×
審査最短融資最短申込み方法
10秒簡易審査即日Web、自動契約機
Web完結平日即日融資土日即日融資
最長返済期間返済方式担保・保証人
8年10ヶ月・106回借入後残高スライド元利定額返済方式不要

 SMBCモビットの強み

・わずか10秒で簡易審査ができる
・Web完結型で電話連絡なし、郵送物なしで融資ができる
・LINE公式アカウントにて増額の申込みが可能
・三井住友銀行内ローン契約機ならキャッシングまでその場で完結
・モビットカード不要、アプリのみでセブン銀行ATMから出金・入金が可能

SMBCモビットも最短即日での融資が可能となっています。特に三井住友銀行内ローン契約機であれば申込みからキャッシングまで、その場で完結できます。

さらに三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方かつ、健康保険証をお持ちであれば「電話連絡なし・郵送物なし」で申込みが可能となっています。

郵送物がないと家族にバレてしまうこともないので嬉しいサービスです。

2020年9月28日の発表では、LINE公式アカウントで増額審査申込サービスが開始し、ID連携をすることによって増額審査の申込みも可能になりました。

即日融資ランキング第3位 プロミス

金利限度額無利息期間
4.5〜17.8%500万円30日間
審査最短融資最短申込み方法
30分即日Web、自動契約機
Web完結平日即日融資土日即日融資
最長返済期間返済方式担保・保証人
6年9ヶ月・80回借入後残高スライド元利定額返済方式不要

 プロミスの強み

・「瞬フリ」利用で最短10秒程度で指定の口座に振込ができる
・24時間365日土日、夜間でも振込ができる
※毎週のシステムメンテナンス、正月、ゴールデンウィーク除く
・アプリローン利用でセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMではカードレスにて利用できる

プロミスはカード不要で申込み、借入、返済ができます。審査最短30分で即日融資が可能になっており、Web申込みの場合郵送物なしでの契約ができます。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば24時間365日土日・夜間でも振込が可能です。
※金融機関によって振込実施時間が異なります。

返済方法には、インターネット、口座振替、店頭窓口、プロミスATM、コンビニの5つの方法がありますが、いずれも手数料0円で返済ができます。

負担なく返済ができるのは嬉しいですよね。

審査が不安なら中小消費者金融も検討すべき

審査が不安であれば中小消費者金融の利用も視野に入れましょう。

大手と中小消費者金融の審査の違い

大手消費者金融の審査は完全システム化されており、人の手が加わることがほとんどありません。対して中小消費者金融、担当者判断での審査も存在します。

これは、過去の金融事故(滞納や延滞)ももちろん見るが「現在の返済能力・信用力」を重点的に見るためです。

知名度からどうしても優良な顧客は大手消費者金融に流れてしまいます。そのことから過去に金融事故を起こした方でも柔軟に審査をするようになっているわけです。

中小消費者金融も即日融資対応

中小消費者金融も即日融資に対応しており決して大手にひけをとりません。

 

■即日融資に対応している中小消費者金融

中小消費者金融即日融資対応振込キャッシング対応
アロー
セントラル
ライフティ
フタバ
フクホー

ただし、大手と違い土日祝日の当日振込ができない場合も多々あります。

まとめ

即日融資でお金を借りたいなら消費者金融カードローンを選択しましょう。

もちろん返済計画は事前にしっかり立てることが大切です。返済ができないとなった場合、自身の信用情報に傷がついてしまう可能性だってあります。

使い勝手や、借りやすさなど総合的に判断をしましょう。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事