でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

債務整理後のクレジット カード作成は可能か?利用できるのか!?

更新日:

債務整理の後についてまとめてみました。

債務整理後は色々な制限たるものがつけられてしまいます。いわば社会的信用を失っている状態になります。なので、クレジットカードを作る事はほぼ不可能です。ただ、実際のところ稀に作れる事もあります。そういった情報をこれから記載していきたいと思いますのでこれからすぐにクレジットカードを作成したいという方にはしっかりとした情報をまずは得て頂きたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




債務整理後にクレカ、キャッシングが不可能な理由

債務整理後、クレジットカードの新規作成、キャッシングはほぼ不可能であると考えて頂きたいです。その理由について述べていきます。

個人信用情報機関の存在

クレジットカード、キャッシングを作る、借りる際には必ず審査というものがあります。現在の本人の財務状況等とは別に個人信用情報機関への登録から、今までのクレジットカードの使った履歴、キャッシング履歴を確認する事ができます。これにより、以前債務整理を行った方であればまずここでばれます。ちなみに一人一社は加盟してると言われてます。

代表的な個人信用情報機関

情報機関名 延滞 任意整理 自己破産 強制解約/代位弁財 特徴
CIC(株式会社シーアイシー) 5年 5年 7年
主にクレジットカード会社を取り扱う。クレカの滞納やローンの延滞等であればCIC。
JICC(株式会社日本信用情報機構) 1年 5年 10年 強制解約/5年 消費者金融系の信用情報を取り扱う。リアルタイムで信用情報を確認できる。
KSC、全銀協(全国銀行個人信用情報センター) 5年 5年 10年 代位弁財/5年 自己破産の官報情報が登録される。

(期間については個人信用情報機関から情報が抹消されるまで。いずれも完済後の期間)

官報情報とは?

官報情報とは、破産であったり、相続等の裁判の内容の記載、また国が発行してる新聞をデータ化し、審査の際に用いられるものになります。自己破産を行うと、官報に情報の記載がされるのでカードの発行ができかねてしまいます。

まずは信用情報を作る

完済をしてから情報が抹消されると、過去の金融事故もそうですが、取引履歴も抹消されます。なので、完済をして期間が経ったからといってすぐにクレジットカードを作成できるわけではありません。今の時代、個人情報期間に登録されてない人はほぼいません。大抵の方何かしらの事に登録をした事があります。なので取引が全くない方は逆に今まで何をしてたんだ?という事でクレジットカードの審査では落ちてしまします。

お勧め信用を作る方法

携帯電話を契約する事です。携帯電話であれば機種代の分割払いが一番お手軽で良いでしょう。携帯会社の審査はゆるい為、なおかつ携帯であれば誰しも毎月払っててもおかしくはないので一番のお勧めです。

上記まで述べた方法が、完済→クリーンな状態→信用を作る→クレジットカードを作成

の流れである。

取引をした事がない会社に申し込む

今までA社でクレジットカードを作成をし金融事故を起こしてしまった場合、もしかしたら別の会社B社では審査が通るかもしれません。債務整理後の方が必ずしもクレジットカードは発行はできないという理由もないわけなので、過去がどうなのかは一概に断定はできかねます。審査基準はカード会社によっても変わってきますので審査が通りやすい会社をリサーチしてから申し込みを行う事をお勧めします。

 

すぐに・即クレジットカードを作りたい!

前述までだと一番全うなやり方であるが、それでも時間は要する。ここからは時間を掛けてる暇はない、すぐにクレジットカードを作成したい方向けの方法を紹介します。

デビットカードを作る

デビットカードというものは、機能自体はクレジットカードと変わらず口座から引き落としがあるが、ただ必要な残高がないと利用できないのがデビットカードです。現金もクレジットカード同様持ち運ぶする必要もないですし、それにカード払い限定の買い物も利用する事ができます。メリットとして、審査がない事です。なので気軽に作る事が可能です。

家族名義のクレジットカードを作る

家族の方のクレジットカードから追加カードを発行してもらう事でクレジットカードとして利用する事ができます。この場合はもともとの契約の方がブラックでなければ問題ないです。請求書等は契約者に届くので自分が使った分だけ支払うようにしておけば問題はないでしょう。

絶対にやってはいけない事

クレジットカードを作る上で絶対にやってはいけない事を紹介します。

審査の理由を何度も聞く

審査に落ちてしまった理由をしつこく聞く事はだめです。これだけでブラックになる可能性があります。相手はコールセンターの方です。悪い印象を与えても結果は同じなのでむしろ良い印象でいきましょう。

複数の会社同時申し込み

複数の会社に一気に申し込むのもやめましょう。一気に同時申し込むという事は同時に信用情報機関にも複数登録されるという事になります。その時点でおかしいという話になってきます。担当者の方のイメージも悪くするだけなのでこちらも絶対にやめましょう。

虚偽の情報を記載する

申し込む時など特にそうですが、嘘の情報を載せる事、また誤字脱字は絶対にやめましょう。これはどちらにしろ後にバレます。こちらも担当者に悪い印象しか残さないハメになってしまいます。

まとめ

クレジットカードを使う上で注意して頂きたいのはしっかり計画性を持って利用する事が大切です。使いすぎてしまったりと金銭感覚がくるってしまう時もあります。ただ、金銭感覚がくるってしまいブラックになって信用を取り戻すとなるとそれだけの時間と労力も必要になってきます。なので計画性を持つ事は大切です。計画性だけ持ってればクレジットカードはとても便利な物として使う事が可能です。

以上です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.