人気記事!!
【5分で読める本要約】ホリエモン&落合陽一|10年後の仕事図鑑 新たに始まる世界で君たちはどう生きるか
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

今回は堀江貴文さんと落合陽一さんの"校長10年後の仕事図鑑 新たに始まる世界で君たちはどう生きるか"を要約して行きます"。

この本は堀江貴文さんと落合陽一さんがこれから先の時代、仕事というものがどうなっていくのか。そして、私たちはこれからどのようにして生きていけばいいのかということについて解説しています。

スポンサーリンク

未来の世界となくなる仕事

私たちが生きる世界はこれからどのような世界なのか。

様々なテクノロジーに加えてAIやロボットなどの進化も目覚しいものがあります。特に2017年頃からは日本国内で導入されたRPAは注目に値いたします。このRPAとはホワイトカラーの典型的なデスクワークをプログラムによって代行するシステムのことです。

工場で産業用のロボットがブルーカラーの仕事を代行しているのと同じようにです。オフィスではRPAというソフトウェアがそれまでホワイトカラーのやっていた作業をこなしてくれるようになったのです。

このように皆様これからはAIをはじめとするデジタル技術の進歩によって人間がやっていた仕事がどんどん機械に代替されるようになっていき、それに我々が適応していかなければならないのは紛れもない事実です。

巷ではよくこれからAIによってなくなる仕事とか、なくならない仕事という議論が活発になされています。

私たちの生活の中に機械が入り込んでくることでどのように私たちの仕事は変わっていくのでしょうか。

機械に仕事を奪われる、奪われないと言った時に何に注目して判断すれば良いかというのは実は簡単なのです。

それはコストです。

つまり、機械が行ったほうがコストが低いのであれば機械に任せられる。しかし、機械が行うよりも人間が行ったほうがコストが低い、または主義などによる付加価値といった機械にできないものに関しては機械に代替されないということになります。

このように考えれば、これからなくなる仕事、増える仕事が見えてくるのです。不当に給料の高い仕事は機械に代替され、逆に低コストの仕事も大体されてしまうでしょう。

実際に具体的にどんな仕事がなくなっていくのか。まず挙げられるのは管理職です。はっきり言って管理するだけの管理職はAIで十分です。

具体的な職業を上げる前に数多くの職業に共通して管理職は不要であるということがいえます。

これからは経営者でさえも管理するだけの人はAIに代替されてしまいます。ですので管理職はそもそも不要です。今会社に勤めている管理職で不当に給料の高い人達はこれからどんどん大体されていくでしょう。

次に考えられるのが営業職です。なぜなら機械は嘘をつかないので信頼されるということ。そして、商品とサービスの価値を過剰にアピールすることがないということが挙げられます。

人間よりもAIが信頼されるようになると、「この人なら買ってもいい」と思われるようなお客さんがついている営業職だけが生き残れるようになります。

この釣行はYouTuberの動画コマーシャルなどにも現れているでしょう。これからは影響力のある人やインフルエンサーの言ったものしか売れなくなる時代になります。

つまりフォロワーのいる営業職だけが生き残る時代となり、よくわからない無名の営業職ならば機械の方が信頼できるといったふうに変わっていくと予想されています。

次に挙げられるのが弁護士や会計士や税理士です。なぜならば法律関係の仕事というのはAIの得意分野だからです。

例えば、弁護士の仕事は過去のデータに基づいて判断することが多いです。そんな時、AIならば人間とは違って過去の膨大なデータに従って自動的に判決を出すということも可能になるので、弁護士は給料が高くAIに代替される職業の代表性格と言えるでしょう。

さらに会計士や税理士などは、すでに現在でもネットである程度代替えできる職業なので間違いなく減っていくでしょう。

自分の会社でも「そういえばクラウドサービスで手続きを済ませているなぁ」と実感する人もいるでしょうし、実際昔に比べれば人間が行う割合も減ってきています。

会計ソフトなどをどんどん新しく便利になっているが出てくることで会計士や税理士は必要性が薄れていくことになるでしょう。

実際に、税金の支払いや国民のデータをすべてデジタルで管理している国では会計士や税理士は存在しないのです。

日本はいつ頃このようなデジタル化が進むのかははっきりとはわからないが、仮に海外のようなデジタル化が進んでしまえば税理士や会計士は必要がないということになってしまいます。

次に考えられるのは公務員です。「公務員は安泰だよ〜」と、よく言われていますが、これから何でもわざわざ窓口まで足を運ばずスマートフォンで申請できるなら公務員の仕事はほとんどいらないということになります。

住民票などの証明書をもらうために市役所の窓口にいちいち行かなければならないといったことは非常に面倒です。

日本国の財政状況だって厳しいわけですし、コスト削減という意味でもその代わりスマホで証明書を発行できるといったふうに変わっていくことは予想できるのです。

さらに、教員も無くなっていくかもしれません。AIを利用することでそこの生徒の進路に適した学習指導ができるようになるからです。

先生よりもAIの方がデータで最適化された個別教育の設計ができるはずです。

具体例をあげてきましたが、不安に思う方も多いでしょう。

どうすればAIに代替愛されない人間になれるのか、簡単に言うと自分にしかできない状況を作り出すことです。

解決するのが面倒な問題を解く技術を考慮して職業を作れば良いのです。

あらゆる仕事がコストで考えられる時代において給料が高い仕事というのはそれだけで解決すべき課題になります。

つまり、逆を言えば現在その仕事をしている人に払う給料より、その仕事ができるAIを作ることの方が大きければその仕事は人がするべきということになります。

AIに変えたところで大したメリットのない職業はなかなか最適化されないものです。

とはいえ、私達を含めた一般人はこれからどうやって行けばいいのか、どうすればいいのかというもっと具体的なアドバイスが必要です。

次の章にて説明していきます。

まとめ

未来世界で機械に仕事を奪われる奪われないと言った時の判断基準はコストである。つまり、機械が行ったほうがコストが低いのであれば機械に任せられる。しかし、機械が行うよりも人間が行ったほうがコストが低い、または手技による付加価値といった機械に入って来ないものに関しては機械に代替されないということになる。

具体的には、

  • 管理職
  • 営業職
  • 弁護士
  • 会計士
  • 税理士
  • 公務員
  • 教員

などはAIに代替される確率が高い。自分の仕事はどうか自分の状況に照らし合わせて判断してみよう。

これからを生きのこれる人について

最初にこれから生き残れる人の特徴をここに列挙しておきます。

これから生き残れる人

  1. 仕事を作り出す人
  2. 人間的な魅力がある人
  3. 複数の職業を掛け持つ人
  4. ではでは順番にそれぞれ解説していきます。

仕事を作り出す人

まず1つ目の仕事を作り出す人について、これから仕事というものは引き受ける者から作るものへと変わっていきます。

誰かが入った仕事を引き受けるだけならば機械で十分であるということになってしまいます。

そのため機械に任せられる仕事を作り出す人間に価値があるということになります。

今社会ではどんなニーズがあるのか、それをテクノロジーの力を使って実現するにはどうすれば良いのかということを常に考え、社会に新たな仕事や価値を生み出すことのできる人間はこれから生きていけるでしょう。

または、今行われている仕事をもっと機械を使って効率化することができないかということを考え、今の仕事を使いを使って効率化するシステムを作れる人間も生きていけるということになります。

つまり、時代の流れやどのように機械を使えばいいのかという知識を身に付けて自分で仕事を作り出せる人間こそがこれから必要とされる人間であり、これからの未来世界をゆとりを持って生き残っていける人材であります。

このように言うと「仕事を作り出すなんて非常に難しいよ」と思われるかもしれませんが、今の仕事をもうちょっとこうすることで工夫できないかといった小さなことなら誰でも思いつくでしょう。

そういった小さなことを機械の力を使って実際に実現できる方法を考えていけば、仕事を作り出すというのは意外と難しくはありません。

さらに未来世界では機械によって今までの仕事がどんどんなくなっていく一方、どんどん新しい職業も生まれて行きます。

YoutuberやSNSのインフルエンサーなどはその典型でございましょう。そういったプラットフォームやSNSを利用して自分の好きなことや趣味を仕事に変えて行く人も増えてきています。

例えば、皆様はアイスマン福留という人物を知っているでしょうか。彼はコンビニのアイスが好きでコンビニをアイスを食べ続けていたのですが、その様子をSNSで発信しておりました。

すると話題になって、今ではコンビニのアイスを紹介するという職業でお金を稼いでいます。

昔からすればコンビニのアイスを紹介するだけでお金を稼げるなんてありえないと考えられていたわけですが、今では仕事にならないと思われていたものが仕事になってしまう時代なのです。

また、飼っていた大好きなペットの動画を撮っていてそれをYouTubeにアップするだけで非常に多くの広告収入を得ている人も多くいます。

さらには釣りが大好きで釣りに行っていた様子を動画に撮ったり、ブログに書いたりして大きな広告収入を得ている人もいます。

つまり機械を上手に味方につけて自分の趣味を発信したり、ネット上にアウトプットしておくことによってそれが仕事になるということも十分考えられる時代なのです。

ですから、仕事を作り出すといっても起業するといった大げさなことをする必要はなく、やっている好きなことや趣味を仕事に変えられる工夫をすると言ったことを続けていくと何自分の好きなことや趣味が仕事になることだって可能になるかもしれません。

「自分の好きなことや趣味が仕事になる理由なんて無いだろ」と思っている人が多いとは思いますが、実際に自分の好きなことや趣味を仕事にしてそれで金を稼いでる人が多くいるわけです。

できない理由はないのです。必要なのは自分の好きなことや趣味をどのようにしてマネタイズするか、仕事につなげるかといった工夫です。

あれこれ試行錯誤をして自分の好きなことや趣味をマネタイズする方法を探求するのも非常に良いでしょう。

人間的な魅力のある人

次に紹介する生き残る人の特徴は、人間的な魅力のある人です。

仕事を作り出す以外に人間的な魅力を持っている人ならば生き残ることができるのです。

今風の言い方で言うなら自分自身に価値をつけて、より多くのフォロワーを獲得するということです。

よくお金よりも今はフォロワーの数の方が大事と言われますが、実際その通りでフォロワーの数が多い魅力の多い人というのは機械に代替されるわけがありませんからこれからも生き残ることができます。

今の人々はテレビCMよりもインフルエンサーのツイートやInstagramでの紹介によって買うものを決める人が増えています。

それもそのはずで世の中にはモノが溢れ、もはや素人にはどれが良くてどれが悪いのかということがはっきりわかりません。

そんな判断をイチイチ下しているといくら時間があっても足りません。ですからその分野の専門家であるインフルエンサーがオススメする商品を買うほうが楽だしハズレを引く確率も低いのです。

そのような状況を考えると、今後益々インフルエンサーは力が大きくなっていき自分の商品をインフルエンサーに宣伝してほしいという企業も増えてくるでしょう。

実際にもYoutubeでは企業案件と言って、企業がインフルエンザで自分の商品をコマーシャルしてもらうことが一般的になっており、Youtuberにとっては一回の商品の紹介で500万円を得るという人もいるそうです.

つまり、これからは魅力のある人フォロワーの多い人、インフルエンサーと言った人がどんどん力をつけていく時代であり、フォロワーの多い人が機械に代替されるわけもありませんから、そのような人はこれからの未来世界を楽々と生き残っていくことができるでしょう。

複数の職業を掛け持つ人

これからの時代は生涯、1つの職業に就くという常識が完全に崩壊していく時代です。

そもそも、なくなる職業というのを予測したところで絶対に当たるわけではありません。そうなってくるとリスクを分散しておくことが非常に大切になってきます。

つまり、1つの職業に依存するのではなく、複数の職業をかけ持っておけば例え、1つの職業がなくなったとしても生きていけるというわけです。

複数の職業を掛け持つと1つ1つの職業のスキルが落ちてしまうのではないかと思う人いるでしょう。

しかし、今後テクノロジーが入ってくることで素人とプロの間のクオリティーの差はどんどん少なくなっていきます。

テクノロジーの力を使うことによって個人ができることがどんどん増えて行くのです。

例えば動画編集というのは昔は非常に高度なスキルが要求されておりましたが、今では便利な動画編集ソフトがたくさん出てきており、素人でもそこそこのものが作れるようになってきています。

例えば、落合さんは以前平均年齢15歳の子供達20人弱に簡単に作成したIoTデバイスを用いた電子工学や機械学習、ソフトウェア制作を教える機会があったそうです。

5年前であればなんと24歳の学生が修士論文でやるような内容だったのですが、たった合計24時間で誰一人脱落することなくハードウェア、ソフトウェアを作れるようになってしまいました。

つまり、当時24歳の人にとっては9年分の時間があっという間にテクノロジーによって陳腐化してしまったと言うが外です。

今私達はインターネットによって、他人がやったことはすぐに学習ができコピーできるという環境を手にしています。

どれだけ勉強して特殊性のあるスキルを身につけたところで誰かがすぐに模倣されてしまうのです。

新しい技術を常に取り組み続けない限り特殊性を武器にすることはできません。ましてや資格なんてほとんど無意味な肩書に陳腐化してしまうでしょう。

スキルのオワコン化、陳腐化といったものは加速するし、その速度が昔の陳腐化の速度と全く異なっていることに気付いた方が良いです。

このような現状を考えるとたった1つの職業に依存する事がどれだけ危険かということが分かるかと思います。

これからは複数の職業を掛け持ちということが当たり前になってきてる。そうしていれば例え、1つの職業がオワコンになったとしても生き残ることができる。

まとめ

これから生き残れる人は

  • 仕事を作り出す人
  • 人間的な魅力のある人
  • 複数の職業をかけ持つ人

である。

テクノロジーが私たちの生活に入り込んでくる未来世界をAIによって仕事が奪われる恐ろしい時代だと捉える人もいます。

逆に無駄な作業はやらなくてもいいから自分は仕事を創り出したり、フォロワーを増やしたり、複数の職業をかけ持ったりすることのできる面白そうな世界だと捉える人もいるかと思います。

これからの未来世界をどのように捉えるかは別として、私たち全員はとにかくこれからも生き残れる人になっていく必要があります。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事