人気記事!!
今すぐにお金を作るアプリ「CASH」の使い方や1000円でも多く稼ぐ5つのコツ
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「Cash」は2017年6月28日に株式会社バンクによってリリースされたアプリ。

急なお金が必要となった際、“目の前のアイテムを一瞬でお金に変えられる”夢のようなサービスです。

「要らない・不要なモノ」を売って、現金化したいという人か多いはず。

しかし、メルカリなどのフリマアプリで販売しても、時間が経ってもなかなか売れないことってありますよね。

「早く売ってお金にしたいのに売れない…。」

そんな経験をお持ちの方は、「即キャッシュ化」できる“Cash”を利用してみましょう!

今すぐにお金を作るアプリ「CASH」の使い方や1000円でも多く稼ぐ5つのコツについてご紹介していきます。

目次

スポンサーリンク

1日で3億円超が現金化された話題沸騰のアプリ「Cash」とは?目の前のアイテムを一瞬で現金化!

“目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる”をキャッチコピーとしている「Cash」。

その言葉だけ聞くと「ホント?」と疑ってしまうほど、嬉しいサービスです。

「Cash」は2017年6月28日に株式会社バンクによってリリースされたアプリで、リリースから1日で3億円超が現金化されたことで話題沸騰。

自分の持っているアイテムを査定に出して買い取ってもらうことで、現金が手に入るという仕組みになっています。

借金は世間的には「悪」として捉えられることが多く、そのせいかどうしても金融機関でお金を借りることに高いハードルを感じている人も多くなっています。

Cashは、そんな「借金」=「悪」というイメージを払拭するためにリリースされました。

「Cash」はどういう仕組みになっているの?

Cashは、自分の売りたいものをアプリで撮影して査定に出し、納得できる価格で売却することができれば、その場ですぐに現金が手に入るサービスです。

査定方法は「すぐにキャッシュ」と「あとでキャッシュ」の2パターン。

「すぐにキャッシュ」では、アプリ上で査定された価格で販売する場合に、売上金をすぐに受け取ることができる方法。

「あとでキャッシュ」は仮査定価格に納得し、きちんと商品が手元にある状態で査定をしてもらい、現金を受け取る方法。

ざっくりと説明するとこうなりますが、ぞれぞれどういった違いがあるのかを詳しく見てみましょう。

「すぐにキャッシュ」にする場合…

  1. 要らないアイテムを撮影し、査定を始めます。
  2. 査定金額に納得した場合は「キャッシュにする」をタップして完了。
  3. アプリ内のウォレットにキャッシュが溜まり、銀行振り込みなどでキャッシュを引き出すことができます。

 

「あとでキャッシュ」にする場合…

  1. 要らないアイテムを撮影し、「あとでキャッシュ」で査定を始めます。
  2. あとでキャッシュで商品を売る場合の査定予想額が表示されます。納得のいく査定金額であれば、「あとでキャッシュする」をタップ。
  3. 写真を送った商品をCashを送り、査定が終わると「お知らせ」が届きます。
  4. 最終的な金額が納得できれば、「選択したアイテムをキャッシュにする」をタップするだけで完了。

※万が一、返品を希望するアイテムはチェックを外し、キャンセル申請が必要です。

それぞれお金の支払い方法に違いがありましたが、査定の上限金額も異なります。

■「すぐにキャッシュ」と「あとでキャッシュ」の比較

すぐにキャッシュ あとでキャッシュ
上限金額 20.000円 上限なし
キャッシュ受け取り その場ですぐ アイテムを発送し、査定後

即キャッシュの制限は“2万円”までとなります。

2万円以上の値が張るものは「あとでキャッシュ」で現金化する方がいいでしょう。

しかし、2万円以内の査定になるアイテムで、すぐにお金が欲しい場合には「Cash」だと商品を発送する前にお金が受け取れるので、金欠の方には嬉しいアプリです。

また、「あの時はお金が無かったから売りに出してしまったけれど、やっぱり手放したくない!」ということもありますよね。

2ヶ月以内であれば「15%の手数料」を支払うことで、再び自分の物として取り戻すことが可能です。

いわば、現代風の「質屋」のようなものだと言うと分かりやすいでしょう。

「Cash」がフリマアプリやリサイクルショップよりも便利な理由

普段、メルカリなどのフリマアプリを利用している人は「Cash」がおすすめのアプリだと言えるでしょう。

というのも、出品(査定)してから着金までの流れが「Cash」の方がスムーズなのです。

フリマサイトでは商品を出品して24時間以内に売れることも珍しくありません。

フリマサイトの出品から着金までの流れと一緒に、24時間以内に売れたと仮定し、どのくらいの期間で売り上げ金が手に入るのかを計算してみましょう。

1.フリマサイトの出品から着金までの流れ

フリマサイトでは商品を「出品」し、商品が売れると「発送」し、相手が商品を受け取ると「着金」となります。

24時間以内に商品が売れたとすると、着金までにどのくらいの日数を要するのでしょうか。

■24時間以内に商品が売れた場合

出品から24時間以内に商品が売れ、翌日に発送したとするとここまでで所要日数は2日です。

そこから商品の到着が2~3日かかり、購入者が配達時に在宅しており、受け取れた場合は4~5日で売上金が入ります。

しかし、大雨や台風などの天災の影響により、荷物の到着が遅れてしまうことも。

さらには、荷物は届いているのに購入者がなかなか評価をしてくれない場合は「発送通知をした9日後の13時」に自動取引が完了となります。

そのため、約2週間売上金が入らない可能性も十分に考えられます。

2.リサイクルショップの査定から着金までの流れ

リサイクルショップで販売すると数時間、早ければ数分で終わることもあります。

しかし、大量の荷物がある場合には車などで持ち込む必要があり、洋服などはブランド品であっても重さで値段を決めるグラム買い取りを行っているショップも多いので、「本当はもっと高く売れたのに…」なんてことも。

実際にリサイクルショップに持ち運ぶという労力を考えると、Cashは自宅に居ながら査定してもらえるので、便利です。

3.Cashの査定から着金までの流れ

■すぐにキャッシュの場合

Cashのアプリでアイテムを現金化する場合、商品を撮影し査定に出します。

写真を提出してから、査定が終了するまでに要する時間は数十秒

金額に納得できれば、その場で「すぐにキャッシュ」をタップするだけで、一瞬で現金化できます。

フリマサイトやリサイクルショップで売却するのと比べて、短時間でお金を稼ぐことができることがメリットです。

■あとでキャッシュの場合

「あとでキャッシュ」の場合は査定までは「すぐにキャッシュ」と同様。

しかし、アプリ上での査定はすぐにキャッシュと異なり、「仮査定」となります。

すぐにキャッシュの場合はここで現金化されていましたが、あとでキャッシュの場合はその後にアイテムの送付が必要となります。

アイテムがCashに届いたら、査定開始。

査定に必要な期間は1~3日で、査定が終了して金額に納得できれば、現金ゲット。

すぐにキャッシュよりも下底金額がアップすることが「あとでキャッシュ」のメリットです。

「Cash」の会員登録は簡単2STEP!

これだけ便利なCashですが、どのように利用をスタートできるのでしょうか。

買取というだけあって、身分証などの個人情報は必要なのでしょうか。

Cashの登録は「身分証を」提出する必要はありません。

■Cashの始め方

  1. アプリをインストールする
  2. 電話番号を入力し、SMSで届いた4ケタの番号を入力する

必要なのはこの2STEPだけ。

たったこれだけで「Cash」の利用を開始できます。

※iOS版は2017年6月、Android版に2018年1月にリリースしています。

「Cash」利用の流れ 現金化するにはどうすればいい?

Cashの取得方法は簡単でしたが、利用の流れはどのようになっているのかご紹介します。

利用方法はとても簡単ですので、一緒に見ていきましょう。

今回は不要な「iPhone 6s 32GB(未使用新品)」を出品してみます。

1.出品したいアイテムのカテゴリを選択する

まず、初めに出品したいアイテムの「カテゴリ」を選択します。

今回は「iPhone 6s 32GB」の出品となりますので、「スマホ・タブレット」から「スマホ」をを選びます。

現状では、次の6つのカテゴリのアイテムが査定可能です。(2020年1月23日時点)

Cashで査定できるアイテム

  • メンズファッション
  • レディースファッション
  • キッズファッション
  • スマホ・タブレット
  • 金券・商品券
  • 外貨

「スマホ・タブレット」を選択し、ブランド名(今回はスマホなので機種など)を入力します。

「iPhone」を選択し、バージョンと容量「6s 32GB」をタップ。

次に「docomo」、「au」、「Softbank」などの購入店舗を選択します。

既にSIMフリー・SIMロック解除の手続きを行っている場合は「+3,000円」となります。

これでスマホのカテゴリーの選択は終了です。

2.製品詳細を選び、星の数5段階で「コンディション」を選択

型番などの製品詳細を入力し、星の5段階で「商品のコンディション」を選びます。

今回出品するiPhoneは未使用新品なので、コンディションは★5つを選択します。

Cashアプリに記載されている星の数の目安は、次のようになります。

■コンディション選択の目安

★★★★★ 未使用新品
★★★★ 傷・汚れなし
★★★ 傷・汚れあり
★★ 故障・液晶漏れ
電源が入らない

3.アイテムを撮影する

アプリ内で撮影し、査定を待つ(カメラロールから事前に撮影したものを使用することはできません。)。

今回、未使用新品のiPhoneは「7,440円」の値が付きました。

しかし、値が付きましたがiPhone6s 32GBの買取数が多いようで、「こちらのアイテムはキャッシュの上限に達したため終了しました」と表示されます。

そのため今回は売却を見送りましたが、実際にすぐに売却する場合は先にCashにお金が振り込まれ、2週間以内に商品を発送するという形になります。

万が一、「やはりiPhoneを手離したくない」と思い、キャンセルする場合には15%のキャンセル料金がかかります。

Cashの買取の1日の上限はの上限が1,000万円に設定されているので、万が一あなたが出品した時点でその日の買取が終了している場合は査定後に「本日はキャッシュの上限に達したので終了しました。」と表示されます。

キャッシュの引き出し方

査定した商品が希望の価格で売却できる場合には、先ほどの画像⑧が表示されている時に「OK」を選択します。

すると、ウォレットに売却した金額のお金が入金されます。

引き出し方は2通り。

  • 銀行振り込み
  • コンビニ受け取り(1万円まで)

引き出す際には250円の手数料がかかりますので、なるべくまとめて引き出した方がお得です。

「Cash」の査定の時間はどのくらいかかる?

なるべく早くお金が欲しい方にとって、気になるのは「Cash」の査定時間はどのくらいかかるのかという点だと思いますので、査定に時間がかかっていては意味がありませんよね。

「Cash」の査定の時間は数十秒です。

iPhoneの査定を行った際には10秒もかからず終了しました。

Cashの査定時間は終わる時間が早いというのもメリットと言えるでしょう。

ブランド品の洋服を出品する際には、「ブランドロゴ」の撮影が必須となります。

ブランドロゴを撮影することができなければ販売することができませんので、お気を付けください。

「Cash」で売れないものってどんなもの?

「Cash」は現代風の質屋という表現をしましたが、どんな中古品でも売れるわけではありません。

先ほど「Cash利用の流れ」であげたジャンルの商品のみ販売可能となっていますので、それ以外の物は新品であっても販売できません。

しかし、対象カテゴリのメンズファッションやレディースファッションの中でもハイブランドの商品のみ取り扱いとなっており、ノーブランドやファストファッションは現在対象外となっています。

GU」や「H&M」などの家にあるアイテムをまとめて売ろうとしている場合には「Cash」はご利用いただけません。

また、名前入りのアクセサリーなども「Cash」では査定することができませんのでご注意ください。

「Cash」で1000円でも多く稼ぐ5つのコツ

せっかく「Cash」で販売するのであれば、少しでも多く売却したいですよね。

少しでも多く稼ぐにはどうすればよいのでしょうか。

テスト

  1. 販売する時間に注意する
  2. ブレないように写真を撮影する
  3. 日程を変えて何度か査定を行ってみる
  4. スマホはSIMロックを解除する
  5. 追加してほしいブランド・カテゴリの追加要望を出す

1.販売する時間に注意する

「Cash」には、毎日1,000万円という一日の買い取り額の上限があります。

買い取り金額は、毎日10時と20時にリセットされていますが、上限に達すると次のリセットまで買い取りが休止してしまいます。

一気にたくさん売却しようと思っていても、上限に達すると査定することができても先に進めません。

そうなってしまうと、販売がストップしてしまいますし、アプリが込み合うリセット時間前後の10時と20時はアプリが立ち上がりにくなることもあります。

そのため、込み合う時間よりも、少し早めに査定を終わらせておきましょう。

2.ブレないように写真を撮影する

査定を行う際にはアイテムの撮影が必須です。

ある程度の査定金額は入力した情報よって決められていましすが、写真によっても金額が影響します。

少しでも高額な査定を付けるためには、写真をキレイに撮影することも大切。

ブレないようにしっかりと写真を撮影しましょう。

3.日程を変えて何度か査定を行ってみる

査定金額をアップさせるためには「日程を変えて何度か査定を行ってみる」ということも大切です。

というのも、「Cash」公式サイトの「査定にるついて」のよくある質問に次のような質問がありました。

Q.「査定額が前回と異なります」

「査定金額が毎回違ったら、どのタイミングで販売すればいいかわからない」という方も多いかもしれません。

その質問に対する回答は、A.「それはアイテムの市場価値やあなたのユーザー評価によって、前回と同じ査定金額にならない場合があります。」となっていました。

ユーザー評価とは?

「Cash」におけるあなたの評価です。
CASHにはユーザー評価制度があり、お取引実績によってユーザー評価が変動するため、万が一お取引内容に問題があった場合、結果としてお客様との今後のお取引に不利益が生じたり、お取引自体をお断りしなければならない等の恐れがあるため、お取引内容を確認した段階で一時的にご利用を停止する場合があります。
つまり、多くのユーザーが販売していうものは市場的に価値が低くなってしまうのです。
そのため、何度か査定を試してみて、納得のいく価格で販売できると少し高い金額で販売できるでしょう。

4.スマートフォンはSIMロックを解除する

スマートフォンを販売する場合には、SIMロックを解除してから出品しましょう。

このひと手間があるだけで、買取金額は3,000円アップします。

すぐにお金が欲しい時に3,000円アップすると嬉しいですよね。

SIMロック解除は店頭で手続きをすると手数料が発生しますが、オンラインで手続きで行うと無料になるケースが多いです。

また、スマートフォンを売却する場合には必ず初期化とアクティベーションロックの解除を行いましょう。

5.追加してほしいブランド・カテゴリの追加要望を出す

「Cash」では、査定対象となるブランド品は限られています。

しかし、リクエストとして「ブランド・カテゴリを追加してほしい」と要望を伝えることができます。

家にあるブランド品でCashの買取対象外のブランドの場合には「リクエスト」を行ってみましょう。

リクエストが通れば、本来売ることのできなかったアイテムが売却できるようになり、売上げアップに繋がります。

すぐに現金GET!お金を現金化できたらその後はどうする?荷物の送り方は?

「Cash」でアイテムを売却することになれば、2週間以内にアイテムを発送しなければいけません。

発送方法は次のようになっています。

発送方法

 

  1. アクティビティより「アイテムを送る」をタップ。
  2. 身分証明書の登録
  3. 氏名・住所などの情報を入力
  4. 集荷予約

スマートフォン上で操作をして、集荷に来てくれる日にちを選ぶだけなのでとても簡単ですよね。

重たい荷物の場合でも、集荷なのであなたが運ぶ必要もありません。

一度にまとめて売却してしまえば、簡単にまとまった金額のお金が手に入ります。

Cashを利用するだけの場合は身分証明書を提出する必要はありませんが、実際に売却する場合には古物営業法に基づいて身分証明書を提出する必要があります。

古物営業法とは?

古物営業法の目的(第1条)古物営業法は、取引される古物の中に窃盗の被害品等が混在するおそれがあることから、盗品等の売買の防止、被害品の早期発見により窃盗その他の犯罪を防止し、被害を迅速に回復することを目的としています。

古物とは(第2条第1項)
一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品、又はこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。
古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。(美術品類、衣類、時計・宝飾品類、自動二輪車及び原動機付自転車、自転車類、写真機類、事務機器類、機械工具類、道具類、皮革・ゴム製品類、書籍、金券類)

古物営業法に違反した場合には、“三年以下の懲役又は百万円以下の罰金”となります。

この作業は初めて「Cash」を利用する際に登録しておけば、次回から入力の必要はありません。

送料は集荷予約完了時にウォレットから引き落とされます。

キャッシュしたアイテムが「金券・商品券、外貨」の場合は簡易書留やレターパックで発送する必要があります。

「Cash」を使うメリット

「Cash」を使うメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 現金化が早い
  • 外出しなくても(家で)発送できる
  • 不用品を早く処分できる

1.現金化が早い

Cashはフリマサイトなどと比べると、現金化するまでの時間が早いです。

「すぐにキャッシュ」なら数時間、「あとでキャッシュ」でも4日程度で現金化できます。

フリマサイトやオークション、リサイクルショップと比べると圧倒的に早く現金化できることがメリットと言えるでしょう。

また、査定時間も数十秒なので「今月お金が無くてピンチ!」という時に救世主となるアプリです。

2.外出しなくても(家で)発送できる

Cashは査定開始から終わりまでアプリ内だけで完結できます。

そのため、外出しなくても(家で)発送できるというのがメリットです。

フリマサイトで販売すると、まとめで売ることは難しいため、1つ1つ購入者ごとに分けて梱包する必要があります。

発送先を間違えてしまうと送料もかかりますし、なにより手間がかかります。

忙しい方はこれだけでも手間になってしまいますし、ハードルが高いですよね。

その点、Cashはアプリ内で完結できますし、売却されたアイテムを自宅まで集荷に来てくれるため、販売しやすいです。

3.不用品を早く処分できる

Cashのメリットには不用品を早く処分できるという点もあります。

現金化が早いと少し似通ってしまいますが、引っ越しなどを控えているユーザーには嬉しいポイント。

フリマアプリに出品しているといつ売れるかわかりませんし、数年出品していても売れないものもあります。

また、引っ越しのための断捨離としてファッションアイテムの売却を検討する人も多いですが、引っ越し前に発送したアイテムが引っ越し後に宛名不備などで前の住所に返送されてしまう可能性も。

「出品」から「売れる」までにタイムアグが長ければ長いほど、こうったケースに陥ってしまうことが多いです。

しかし、Cashは査定したらすぐに不用品を早く処分できるので、便利です。

「Cash」を使うデメリット

「Cash」を使うメリットは次のようなものになります。

・すぐにキャッシュは20,000円までしか買取できない
・1日の上限金額1,000万円を超えるとストップする
・すぐにキャッシュの場合は相場よりも低い買取価格になりやすい

1.すぐにキャッシュは20,000円までしか買取できない

.「Cash」のすぐにキャッシュを利用すると、20,000円までしか買取できません。

例えば、通常の買取店に持っていくと相場30,000~40,000円になる商品「すぐにキャッシュ」で査定すると、上限金額が20,000円のため損をしてしまいます。

そのため、20,000円以下のアイテムはすぐにキャッシュで査定すると早くお金が手に入るので、メリットになりますが、高価なアイテムは「すぐにキャッシュ」で販売することはデメリットになります。

そういった場合にはすぐにキャッシュよりも遅い、4日程度でキャッシュが手に入るあとでキャッシュで査定しましょう。

2.1日の上限金額1,000万円を超えるとストップする

「Cash」では、1日の上限金額が設定されているため、すぐにキャッシュで「すぐにお金が欲しい」と思ってもすでに1,000万円を超えていると査定することができません

これはその日のユーザーの販売金額次第と言えますので、予知することができません。

そのため、いざ「査定してもらって売却したい」と思っても、すでにストップしている可能性があるのがデメリットです。

3.すぐにキャッシュの場合は相場よりも低い買取価格になりやすい

すぐにキャッシュは通常の買取相場よりも低くなっている傾向にあります。

スマートフォン・PC・タブレット・デジタル家電等の買取販売店「じゃんぱら」によると、今回査定してみたiPhoneの買取相場は「16,000円」でした。

しかし、「Cash」の査定結果では「7,440円」且つ、顔買取上限数に達していたため、「こちらのアイテムはキャッシュの上限に達したため終了しました」と表示されていました。

この「Cash」の買取金額が送料も含まれているため、すぐに現金化できるかわりに買取金額が低めに設定されていることがデメリットと言えます。

「Cash」の利用が向いている人はどんな人?

「Cash」の利用が向いている人はどんな人なのでしょうか。

こんな経験のある方は「Cash」がおすすめです。

フリマアプリユーザーさん

  • フリマアプリに出品しているけど、なかなか売れない
  • 値下げなどのコメントのやり取りや、発送や梱包が面倒くさい!
  • 写真を撮って説明文を書いて、どのくらいの価格設定にすればいいか分からない!

断捨離希望者さん

  • 要らないモノはたくさんあるけど、リサイクルショップに持っていくのが面倒くさい
  • どうやって売りに出せばいいか分からない
  • 要らないモノが多くて、手つかずになっている

すぐに現金が欲しい緊急ユーザーさん

  • 1~2万円の現金がすぐに欲しい
  • 要らないものを売って、待たずにお金が欲しい
  • ちょっとお金を借りたいけど、審査に通らない

こういった経験のある方は、「Cash」の利用に向いているユーザーさんだと言えるでしょう。

というのも、Cashは“即払い”か“あとから払い”の2択ですぐに現金化できるので、商品が売れるまで待つ必要はありません。

せっかちさんや、早くお金が欲しい人におすすめなアプリです。

「Cash」でやってはいけないこと

お金がピンチな時やすぎに売りたいものがある場合に便利なCashですが、「やってはいけないこと」はあるのでしょうか。

まず1つあげられるのは“偽物のブランド品”を売却することです。

ブランドの偽物を売却することは法律違反となり、商標登録されているブランドの偽物を販売してしまうと、商標法に抵触する恐れがあります。

偽物と知りながらも転売した場合にも罰則が科せられますので、「正規品」かどうかしっかりチェックをしましょう。

「偽物である」ことを知りながら転売すると?

商標法78条:「偽物である」ことを知りながら転売すると、商標権を侵害する行為に当たり、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、場合によってはその両方を科せられます。
また、相手に「これは本物だ」と偽って転売すると、詐欺罪になります。
詐欺罪となると罰金では済まず、10年以下の懲役刑で、罰金刑はないから、より重い罪だ。

CASHを利用する前に、買取対象や正規品がの確認しておくことをオススメします。

「やっぱり売らなければよかった…」そんな時は?

Cashでは、「あの時はすぐにお金が欲しかったから査定にだしたものの、やっぱり手放したくない」という商品があった場合には、2か月以内であればアイテムの売却をキャンセルすることができます

しかし、そのままキャッシュ化したお金を返すだけではなく、15%の「キャンセル料」をプラスした額を返金しなければいけません。

つまり、上限金額である20,000円でキャッシュ化した場合、15%の3,000円がキャンセル料として発生します。

もともとの20,000円とキャンセル料の3,000円、合計23,000円を支払います。

急なお金が必要になった時には、少し費用はかさみますが、1つの手として使用する人もいるようです。

【まとめ】賢く「Cash」を利用しよう!

賢く「Cash」を利用するには「商品の撮影方法」や「販売するタイミング」が大切です。

「商品の撮影方法」としては、綺麗に撮影すれば金額があがります。

写真がブレてしまうと、傷や汚れなどと判断されて査定金額が下がってしまうこともありますので注意しましょう。

「販売するタイミング」としては品薄になっている商品をそのタイミングで査定にかけられれば、査定金額はアップします。

逆に、今回のiPhoneのように買取数が多い場合には「こちらのアイテムはキャッシュの上限に達したため終了しました」と表示され、販売できないことも。

また、商品の中古などの販売相場価格を調べるために「メルカリ」や「ラクマ」などのフリマサイトで参考価格を知り、どちらで販売するかを知ることも大切です。

「Cashで販売したけど、別のサイトの方が高い相場で売れていた!」となると、損をしてしまいますので、いくつかのサイトでリサーチを行ってから売却を行いましょう。

 

いかがでしたか?

急に少額のお金が必要になった際には、「Cash」の検討ができそうです。

「Cash」は話題沸騰しているため、すぐに1日の上限金額に到達してしまことも。

少しでも「Cash」の利用を検討している場合には、ひとまず査定してみてはいかがでしょうか。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事