人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

お金を業者から借りたのに、返済日に決められた金額を返済できず、一定期間以上延滞状態になってしまっている方は所謂「金融ブラック」と呼ばれる状態になっています。

一度延滞などの金融事故が発生してしまうと数年間は個人信用情報機関に延滞情報が掲載されるので、「金融ブラック」として業界に知れ渡ることとなり、返済が終わったとしても銀行や大手消費者金融(ブロミスやアコムなど)で更にお金を借りることは難しくなります。

しかし、中堅以下の消費者金融のキャッシングやカードローン商品であれば審査を通過し、お金を借りることが出来る可能性があります

この記事ではブラックをタイプ別に分類し、お金を借りる際に検討するべき消費者金融を紹介します。

スポンサーリンク

ブラックとは何か

ブラックの方とは「信用情報機関に『異動』と記載されている方」となります。

金融機関は返済の延滞や代位弁済、債務整理など金融機関側にとって損害や不利益を被ってしまったことを第3者機関に記録しています。

個人の返済力や信用力について、疑義がある状態を示したものが「異動」であり、業界内でブラックと呼ばれている方となります

ブラックの常識

一般的にブラックになると借り入れする際の申し込み審査に通過できなくなります

簡潔に言うと「ローン」と名前の付く商品を利用することが出来なくなるということです。

代表的な信用情報機関には以下の3機関があり、それぞれ加盟している企業系列が異なるものの、「ブラック」となった場合は少なくとも5年間、最長で10年間は異動情報が掲載され続けることになります

信用情報機関の名称 主な加盟企業(系列)
JBA(全国銀行協会) 銀行・銀行系クレジットカード会社
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融会社・信販会社
CIC(クレジットインフォメーションセンター) クレジットカード会社・信販会社

ご覧の通り、クレジットカード会社も信用情報を利用していますので、クレジットカードの更新や新規申し込みも難しいものとなります。

生活に支障が出てしまうことは容易に想像できるのではないでしょうか。

ブラックのタイプ

さて、ブラックと一概に言ってもどのようなタイプがあるのでしょうか。

そのタイプによって審査が通りやすい消費者金融も変わってきます。

まずはタイプを整理していきます。

大きく分けてタイプは以下の3種類となっています。

  • 申し込みブラック
  • 延滞ブラック
  • 債務整理ブラック

その1:申し込みブラック

申し込みブラックは短期間のうちに複数の消費者金融に借りれを申し込むことで審査が通らなくなってしまった方のことを指します。

知っておくと良い情報!!

実は借り入れの申し込みについても消費者金融は信用情報機関に登録をしています。

その為、消費者金融側が信用情報を開いて閲覧すると申し込み記録だけが存在し、契約情報が無い状態を担当者が目にすることになります。

すると「他社で申し込んでいて、契約せずにうちに申し込みが出ているのは何故だろうか」と訝しむ結果となり、慎重に審査がされてしまいます。

また、そのような申込者はお金に困っていることが多く、結果的に契約後に支払い能力が無かったり、改名して事故情報から逃れているだけだったりするなどのトラブルを未然に防ぐ意味からも審査が否決されることが多くあります

もちろんやましいことが無ければ、申し込みブラックに関して気に病む必要はありません。

 

Check!!

申し込み情報は約6ヶ月間は信用情報機関にデータが残りますので無闇に申し込みを繰り返すと、審査が通過しにくくなることは知っておかれると良いのではないかと思います。

その2:延滞ブラック

延滞ブラックとは?

延滞ブラックは、返済期日までにお金を返済できなかったために個人信用情報に傷がついてしまっている状態のことを言います。

まず、返済期日に口座からの引き落としができなかった場合、翌日には貸金業者から「お引き落としができておりませんでして…」という督促の連絡が入ります。

その際に次の引き落とし日の期限が切られ、それまでの利用停止などの措置が取られることとなります。

実はこの段階で信用情報機関に登録され、「延滞ブラック」となることはほとんどありません。

CICのHPでは延滞を登録する定義として、正常入金日から61日以上経過しても入金が無い場合と規定されています。

しかし、これはあくまで一般的にということで、ルール上は延滞が発生した当日につけてしまっても問題はないのです。

もちろん、1か月を超える延滞を起こすときっちりと信用情報機関に登録されてしまいます。

こうなってしまうと他の金融機関で借入の申し込みをしたとしても、審査で信用情報機関を参照され、延滞している事実が出てきてしまいうので、支払い能力に問題ありとして貸し出しをしてもらうことが困難となります

その3:債務整理ブラック

債務整理ブラックとは?

債務整理ブラックは任意整理や自己破産などの手続きを行い、返済中や破産した方を指します。

基本的に個人信用情報機関に必ず事故登録(異動情報)が登録され、10年近く情報が残ると決まっているので、信用情報に傷がある間の新規貸し出しはほぼ不可能と言われています。

しかし、見方を変えると完済していれば、信用情報に異動情報(事故情報)が残っていても無茶な借り方をして失敗した教訓を持っている申込者と肯定的に捉えてくれる消費者金融や街金もありますので、諦めないで下さい。

超絶ブラックでも借りれ即日融資もできる消費者金融&街金3選!!

さて、各種のブラックになってしまったと言っても決してあきらめる必要はありません。

ブラックになっていても融資をしてくれる可能性のあるキャッシングやカードローンを取り扱っている消費者金融を3社ご紹介します。

これらの3社に共通する特徴は全社ともに24時間の受付対応を行っており、かつWEBからの申し込みが出来るので来店も不要、担保・保証人も不要となっていますので非常に良い条件だと思います。

もちろん、正式な貸金業の許可を得ている業者なので、心配せずに審査を申し込んでください。

会社名 おすすめブラック形態 借入限度額 年率 備考
ライフティ 申し込みブラック 500万円 8.0%~20.0%

最短30分で審査完了

13時までの申込で即日融資可

アロー 延滞ブラック 200万円 15.00%~19.94% 14時までの契約で即日融資可
セントラル 債務整理ブラック 300万円 4.80%~18.00% 14時までの契約で即日融資可

Check!!

但し、現在は総量規制により個人が借入することが出来る金額は年収の3分の1までと決められていますので、現在も借入がある場合はその額を年収の3分の1から差し引いた金額しか借入できないということを知っておきましょう。

 

以下にその例を示します。

年収 現在の借入額 借入可能額
500万円 50万円 100万円
500万円 0万円 150万円
500万円 150万円 0万円

「申し込みブラック」には超絶ブラックでも借りれ即日融資もできる審査激甘い「ライフティ」がお勧め!!

申し込みブラックにはライフティ !!

他社に申し込みし過ぎてしまって申し込みブラックとなってしまった方にはライフティ(貸金業登録番号:東京都知事(5)第28992号)がお勧めです。

ライフティの親会社は「株式会社ビジネスパートナー」です。

この会社は法人・個人事業主向けにファイナンスリースやビジネスローンを販売している業界大手企業です。

 

ライフティCheckポイント!!

親会社の大きなバックアップの下で、最短30分で審査完了、初めて利用の方は35日間利息0円というような大きなサービスで他社に差をつけています。

 

申し込みブラックになってしまった方の特徴としては、「早くお金を借りたい」と、あまりに焦って様々な会社に申し込みを出してしまったことが多くの原因となっている特徴があります。

実際のところ、申し込みブラックとなってしまっている方の多くは、安定した収入もあって延滞や債務整理があるわけではなく、返済能力に問題が無い方が殆どであると考えられる状態です。

単に申し込みの仕方や審査の仕組みを知らなかったがためにブラックとなってしまった、言ってみれば不運な方々です。

しかし、ライフティのような積極融資姿勢の消費者金融の審査に通過する可能性が非常に高くなります。

それは申し込みの記録は多く残っていても契約の記録が無いということは借り入れは行われていないということです。

その借入が現在も行われていないことの確認と収入の条件を満たしていれば融資をするには問題ないと判断されることが多いからです。

何故、ライフティがこのような積極融資策を取っているのかというと、親会社である株式会社ビジネスパートナーのグループ会社となって現在の社名に変更となったのが平成26年7月と非常に歴史が浅く、消費者の中でも知名度が無いことが影響していると思われます。

そのため、申込ブラックであっても融資を積極的に行う姿勢を見せているのです。

また、申し込みブラックになってしまっている方の特徴として先述のように「早くお金を借りたい」という方もいらっしゃるはずです。

その場合もライフティは最短30分で審査が完了するという非常に迅速な審査と、13時までに申し込みを行えば当日中に融資金の振込をもらえるというスピード重視となっている部分もお勧めできるポイントになっています。

申し込みブラックとなってしまっている方は一度検討をしてみてはいかがでしょうか。

情報名 内容
会社名 ライフティ株式会社
本社所在地 東京都新宿区歌舞伎町2-46-5KM新宿ビル5階
貸金業登録番号 東京都知事(5)第28992号
日本貸金業協会会員番号 第005552号
営業時間 平日 9:30~18:00まで
申し込み方法 WEB申込 来店不要
審査時間 最短30分
当日振込の可否 可 (13時迄の申し込みが必要)

 

「延滞ブラック」には超絶ブラックでも借りれ即日融資もできる審査激甘い「アロー」がお勧め!!

延滞ブラックにはアロー!!
返済期限までにお金を返済することが出来ず、返済ブラックになってしまっている方にお勧めの消費者金融はアロー(愛知県知事(2)第04195号)です。

株式会社アローは本社を愛知県名古屋市に構えている中堅消費者金融会社です。

大手金融機関や消費者金融との競争に勝つために最短で45分で審査完了する迅速な審査を行っています。

その為、14時までに契約を完了出来れば即日で融資可能となっています。

何故このアローが延滞ブラックの方にお勧めなのかと言いますと、「アローは独自審査を実施している」消費者金融であるからです。

 

アローCheckポイント!!

つまり、大手消費者金融や銀行等の金融機関では審査が通らない顧客(延滞者や債務整理者)についても独自の基準で審査項目を設けており、積極的に融資している会社なのです。

 

口コミサイトなどの評価を見ても、「他社ではNGだったが、可決をもらえた」や「延滞した過去があってブラックになっていたが、可決をもらえた」などの評価が目立ちます。

但し、延滞ブラックには注意点があります。

それは「現在は延滞が解消されている」という点です。

つまり、過去に延滞した事実から信用情報に傷がついているが、現在は延滞はどこの貸金業者に対してもしていない状態であることが必要となってきます。

現在も延滞が付いているということは、返済能力に疑義ありと見なされてしまい、新規融資は非常に難しくなりますし、信用問題にも関わってしまいます。

また、アローは「電話」での申込や問い合わせができず、WEBサイト経由か、郵送/FAXでの申込となります

よって即日融資を希望しているのであれば、WEBサイトを経由して午前中に申し込むなど、なるべく早い時間帯に審査を依頼することが重要です。

情報名 内容
会社名 株式会社アロー
本社所在地 愛知県名古屋市中川区高畑2-144
貸金業登録番号 愛知県知事(3)第04195号
日本貸金業協会会員番号 第005786号
営業時間 WEBにて24時間
申し込み方法 WEB申込 郵送・FAXのいずれか
審査時間 最短45分
当日振込の可否 可 (14時迄の契約が必要)

「債務整理ブラック」には超絶ブラックでも借りれ即日融資もできる審査激甘い「セントラル」がお勧め!!

債務整理ブラックにはセントラル!!

債務整理ブラックにお勧めの株式会社セントラル(四国財務局長(6)第00083号)は愛媛県松山市に本社を構える1973年創業の老舗の消費者金融会社です。

この会社の強みは何と言ってもセブン銀行と提携していて、全国の提携ATMなどの自動契約機(セントラルくん)で21時までに契約を済ませることが出来れば、24時までお金を即日で借り入れることが出来ます

また、セブン銀行を利用出来る為土日祝日も対応可能となっていますので、まさに24時間対応に近い対応が実施されていると言えます。

更に、指定口座に振込キャッシングであれば、14時までに申し込むことで対応が可能となっています。

審査時間も最短30分となっており、業界トップクラスのスピードで迅速に審査が実施されるのが強みです。

また、この会社も積極的に融資をすることで大手消費者金融や銀行等の金融機関に勝とうとしていますので、債務整理中であっても審査を受け付けてくれます

WEB上には「債務整理(小規模個人再生)が認可されて、150万円を弁済している最中でも電話応対で丁寧に対応をしてくれ、最大30万円の融資が可能と回答をもらった」という利用者の口コミも投稿されています。

セントラルの審査に関しては独自の項目を多く設けている為、電話での確認時に多くの質問をされることが多いようです。

 

Checkポイント!!

しかし、それはセントラル側も何とか債務整理ブラックとなっている方でも貸し出しできないかとヒアリングをしている状況ですので、正直に返答をすれば融資を受けることが出来る可能性が高まります

 

セントラルのキャッシング申し込みは「来店」「自動契約機」「電話・WEB」となっていて、FAXでの申し込みをすることができませんので注意してください。

また、どの申し込み方法でも即日の融資が可能となっていますが、セントラルの店舗と自動契約機は四国内にしかないので、「電話・WEB」を選択するのが良いでしょう

近年関東にも店舗を広げていますが、「電話・WEB」を利用する方がスムーズな融資を受けることが出来そうです。

情報名 内容
会社名 株式会社セントラル
本社所在地 愛媛県松山市河原町9-2クロカワビル2階
貸金業登録番号 四国財務局長(7)第00083号
日本貸金業協会会員番号 第001473号
営業時間

WEBにて24時間

電話:8:00~21:00

申し込み方法 WEB申込・店頭・電話・郵送のいずれか
審査時間 最短30分
当日振込の可否 可 (14時迄の契約が必要)

複数のブラックがあったら、おまとめローンを検討へ

複数のブラックが重なってしまっている場合は「おまとめローン」の利用を検討することが効果的です。

おまとめローンとは現時点で複数の貸金業者から借り入れしている負債を1つの会社からのローンの借り入れにまとめることで返済時の金利負担を下げたりや月々の返済金額の負担軽減、返済の期日が分散するのを改善する方法です。

しかし、基本的に数件の借り入れをまとめることで借入総額が大きくなり、それに伴って金利が低くなります。

また、これは結果的に1社から高額の借り入れを行うこととなります。

但し、一般的にブラックとなってしまっている場合、銀行や大手消費者金融(アコムやアイフル等)のおまとめローンで高額の借り入れを行う審査を通過することは非常に難しいと言えます。

大きな金額を貸し付けることになるおまとめローンの融資側としては、非常に高いリスクを背負い込むことになりますので、必然的に審査が厳しくなるのが一般的です。

もちろん、中小消費者金融のおまとめローンに対する融資姿勢も大手と同じくハードルが高くなります。

しかし、ブラックの方でもおまとめローンが利用できる消費者金融が存在しているのをご存知でしょうか。

おまとめローンは中央リテールへ

さて、ブラックの方でもおまとめローンが利用できる消費者金融としてご紹介するのが中央リテール(東京都知事(3)第3183号)です。

実はこの中央リテールは「おまとめローン専門の消費者金融」なのです。

情報名 内容
会社名 中央リテール株式会社
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂2-25-7-6階
貸金業登録番号 東京都知事(3)第3183号
日本貸金業協会会員番号 第005560号
営業時間

WEBにて24時間

電話:9:00~21:00

申し込み方法 WEB申込・電話申し込み
審査時間 最短2時間
当日振込の可否 不可 最短翌営業日

上記の様に最大融資額は500万円、金利は10.95%~13.00%という条件はおまとめローンの条件の中では非常に厚遇されています。

Checkポイント!!

他社からの借り入れ金額が多く、その返済に困っている方を対象としていますので、ブラックの方が審査を受けずして門前払いとなる心配も殆どありません。

 

おまとめローンとして中央リテールを利用する際のメリットとして、以下の点があります。

メリット 内容
融資額が大きい(最大500万円) 大きい融資額を持っているので、おまとめローンを組みやすい
返済期間が長い 最長10年間 (120回)
審査時間が短い 最短2時間で返答可能
融資までの期間が見時間 最短1日
金利が業界トップクラス 年10.95~年13.0%
相談窓口担当者 全員国家資格(貸金業務取扱主任者)を保持しています。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンのメリット!!

おまとめローンの大きなメリットは大きな金額を1社から借りることによって金利を下げて返済額の減額を目指すことです。

基本的に借入金は少額であるほど金利は高くなります。

それらを1つにまとめることで金額を大きくして、金利を引き下げてもらうことが可能となります。

デメリットとして考えられるのは、「総返済額が増える可能性」があることです。

つまり、おまとめローンにして金利を下げたものの、返済期間が延びたことによって、結果的に支払う金利が当初の返済予定よりも多くなってしまっているという事例です。

これは今の生活費に困っているのでおまとめローンを利用しているのであれば問題ない事例ですが、金利支払いを減らしたいという目的であれば本末転倒となります。

借り入れ前に必ず支払う予定の金利をおまとめローン利用前と後でどのように変化するのか、比較するようにしてください

このようなケースはおまとめローンがお勧め

  • 【ケース①】複数社から借り入れしてしまっているので返済の目途が立たない

このような場合も中央リテールで借り入れを一本化すると返済時期を明確にすることが可能で、返済計画をきちんと立てることに繋がります。

 

  • 【ケース②】返済日が複数あり、管理が難しい

中央リテールで借り入れを一本化すると、支払いは月1回となります。

その為返済の手間も省け、複数の返済が不要となります。

 

  • 【ケース③】月々の利息が家計の負担となっている

中央リテールのおまとめローンを利用することで借入金額が大きくなりますので、金利を下げることが可能です。

結果的に支払い総額が減少して家計の負担を軽減することが出来る様になります。

※なお、おまとめローンを使用しても、支払い総額を軽減できない場合がありますので返済シミュレーションを必ず実施してください。

上記を理由として、ブラックになってしまった場合もまずはおまとめローンの審査を行って、借り入れの返済方法を検討することは大切です。

どうしようもなくなったら債務整理を検討する

ブラックとなってしまって、ご紹介したの3社に融資を申し込んだが審査に通らなかったり、おまとめローンの審査にも通らなかった場合は、債務整理をするという方法があります。

債務整理というのは平たく言えば、借金返済で苦しんでいる人のための法による救済措置です。

つまり、支払いが難しくなってしまった借金問題の解決を国が決めた法的な手続きに従って処理をすることによって、新しい生活に向けて再スタートをしやすくなるように作られた制度になります。

どうしても借入金が返済できなくなりそうな場合は専門家に相談し、検討すると良いでしょう。

債務整理とはなにか!!

・支払いが難しくなった方のための気にの救済措置‼
・自己破産・任意整理・特定調停・個人再生の4種類‼
・借金問題を解決する最終手段。

まとめ

ブラックは大きく分けて、「申し込みブラック」「延滞ブラック」「債務整理ブラック」の3種類がありました。

そして、それぞれのブラックに審査が甘い消費者金融があります。

それは大手消費者金融や銀行などとの競争の中で積極融資策に出ているからです。

また、中央リテールのおまとめローンを利用して月々の返済額や金利を抑える工夫も出来るとより良いかもしれません。

ご自身のブラックの状況を確認することはもちろん大切ですし、その後どのような方法を取るのが一番良い方法なのかをしっかりと吟味しましょう

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事