〜お金に関するプロフェッショナルな情報〜

マネー塾

金融・キャッシング

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融とキャッシングカードローン業者

更新日:

近年は、『おまとめローン』や『借り換えローン』といったキーワードを多く見かける気がします。

名前からすると『おまとめ』と『借り換え』なのでなんとなくどのようなサービスかが想像つく方も多いかもしれません。

今回はそんなおまとめローンや借り換えローンについて記載し、仮に自身が延滞や滞納、債務整理を過去に行った事があるという『ブラック』の場合もおまとめローン、借り換えローンが適用されるのかを記載していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




目次

おまとめローンとは?

そもそもおまとめローンとはどういった意味なのでしょうか?

これは現在抱えている複数の借金を返済する為、新たな借り入れ先を見つけ、その新たな借り入れ先にて現在抱えている借金を1つにまとめる事を言います。

例えば…

 ・A社に30万円

 ・B社に40万円

 ・C社に20万円

借りていたとしたら新しく…

 ・D社に90万円(A・B・C社の借金の合計)

を借りる事を言います。

おまとめローンのメリット

おまとめローンを検討するにも果たしてどういったメリットがあるのでしょうか。

管理が楽になる

1本化する事によって、そもそも借金の返済先の管理を楽にするというメリットもあります。

借金生活が長い方であれば一度は経験がございませんでしょうか。返済先が多いが為に返済し忘れた事など。返済先が複数あると返済日もバラバラになったりと何かと不便です。

しかし、1本化する事により返済日を1日にする事も可能になります。

借金の返済先をシンプルに1本化にする事はとても大切です。筆者も経験がございますが1本化する事により、今自分がどのくらい借金を返していて、あとどのくらい返せば借金は無くなるかなどのイメージがとてもつきやすいです。

イメージがつきやすいという事はそれだけ借金生活脱出に向けてのモチベーションも上がります。筆者も1本化を実施して、毎月返済を必ず行い計算をしてモチベーションをあげていました。

金利を下げ返済額を減額できる

おまとめローンの最大のメリットと言っても過言ではございません。それは金利を下げる事により返済額の減額ができます。

金利を下げるという事はどういった事でしょう。

上記の写真を見て頂くと分かりますが、金利の性質としてお金を借りる額が低ければ低い程、金利は高くなります。

なので、金利を下げる為におまとめローンを利用し、複数の会社から少額を借りるのではなく、1つの会社から大きい額を借りるという形式をとる事により金利を下げる事が可能になります。

ちなみに金利の基準が元になっている利息制限法という法律では…

 ・元金が10万円未満の場合は上限金利20%迄

 ・元金が10万円以上100万未満であれば上限金利18%迄

 ・元金100万円以上であれば上限金利15%迄

となっています。なので、簡単に申しますと現在複数の消費者金融から借りている額が合わせるとトータル100万円以上になる場合は、確実にまとめておいた方が良いですね。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンにもデメリットはあります。

デメリットを知った上で検討をする事をお勧め致します。

返済額が多くなる可能性が出てくる

おまとめローンを利用する事により返済額をトータルで考えると負担が大きくなるかもしれません。

それはなぜか?

おまとめローンにて1つに借金をまとめるとします。まとめる事により二つの事が生じます。

 ・返済期間が延びる。

 ・返済額が少額になる。

この二つが生じて来る事により返済額は増えるわけですが、更に例えてお話をすると…

  借入額 金利 利息
A社 50万円 18% 約7397円
B社 50万円 18% 約7397円
C社 50万円 18% 約7397円
トータル 150万円 N/A 22191円

上記の表を見て頂くと分かりますが3社トータルで利息だけでも月に22191円を返済する必要が出てきます。

では1社にまとめた場合はどうでしょうか。

  借入額 金利 利息
D社 150万円 15% 18493円

18493円に下がります。

これまでと比べると毎月3698円も得をするわけです。

ちなみに利息の計算方法は… 

 ・50万円(借入額)×18%(金利)÷365×30日=約7397円

このように計算ができます。

毎月3698円はとてもお得になっていますが、これが仮に返済期間が1年伸びたとしたら、せっかく金利を下げることに成功したものの返済額はむしろ多く払ってしまうことになるんですね。

なので、ポイントとしては金利を下げる事に成功したとしても毎月の返済額は絶対に下げてはいけません。

返済額を下げなければ金利は減っているので、おまとめローンを組む前であれば返済額を金利に充てる所を元本に充てる事に繋がります。

よって、おまとめローンを組む事により返済期間の短縮に繋がるわけです。

借金を更に増やす可能性が出てくる

せっかくおまとめローンで審査が降りたとしても、また借金を増やす可能性も出てきます。

例えば…

  ①現在の借入額 ②借入残高 ③借入可能額
A社 50万円 0万円 50万円
B社 30万円 0万円 30万円
C社 20万円 0万円 20万円
D社 0万円 100万円 0万円

100万円の審査が降りたのでA、B、C社の借金をD社のおまとめローンにて返済をしたとします。

流れとしては上記の表の①〜③の順番に変わっていくでしょう。

しかし、そこに落とし穴があります。

A〜C社の借金は無くなったのでスッキリしたという気持ちになりますが、A〜C社の借金の返済ができたという事は、言い換えればまたA〜C社からは改めて最大100万円借りれるという事になります。(滞納等がない場合)

借金生活が続いている人の特徴として、借りれる余力があった場合ついつい癖でまた借りてしまうという事があります。

その癖が借金をおまとめローンをきっかけに膨らませてしまう可能性があるわけです。なので、借金の完済ができたら二度と借りれないように解約するなり、キャッシングカードを使えないようにするなり対処する事をお勧め致します。

借り換えローンとは?

これまでおまとめローンについてご紹介をしましたが、似たような言葉で借り換えローンというものもあります。

おまとめローン、借り換えローンと似たような言葉ですが、借り換えローンはどういった意味なのでしょうか?

借り換えローンは、現在借金をしている借り入れ先から更に金利が低い別の賃金業者に乗り換える借り換える事を指します。

例えば、現在A社から100万円借りていたとして金利が15%だとします。

しかし、B社なら金利が14%になるという話を聞いたのでB社から100万円を借りて、その借りた100万円をA社の借金返済に充てるという事です。

こうする事により、これまでA社から借金100万円だったものが、B社に借金100万円という事になります。金利が下がっている為借金の完済迄に支払う総額を抑える事ができるわけです。

おまとめローンと借り換えローンの違いは?

おまとめローンと借り換えローンの違いは気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも借り換えローンの中の1つとしておまとめローンがあるわけです。

返済総額の減額を目的として借り換えを行いますが、それが複数の賃金業者から行なった場合はおまとめという言葉になるわけです。

ただ、これはあくまでも標準的な呼び方ですので、消費者金融によっては意味合いが違ったりしますので、事前に直接確認する事をお勧め致します。

ブラックとは?

今回はブラックの方向けの記事の為ブラックとは何かについても改めて触れます。

ブラックとは以下の方が当てはまります。

信用情報機関

ブラックと呼ばれる言葉は金融業界における業界用語のような物です。

そこには信用情報機関の存在があります。例えば、賃金業者は審査の可否を決断する際に、提携をしている信用情報機関にて保管されている信用情報を照会して貰う事で申し込み者の返済力、信用力を見ます。

しかし、中には信用情報機関にて保管されている情報に『異動』という記載がある方がいらっしゃいます。

このような方がいわゆるブラックと呼ばれる方になります。

ブラックになる条件

信用情報機関にて保管されている情報に『異動』がついてしまう条件があります。

 ・60日以上、もしくは90日以上の返済の遅延があった場合

 ・債務整理(任意整理、個人再生、特定調停、自己破産)を行なった場合

 ・代位弁済(保証会社が代わりに支払いを行う行為)を行なった場合

となっています。

上記の条件のいずれかを満たしてしまうとブラックになります。

ブラックになったらどうなる?

ブラックになるとまず借り入れを行う際の審査がほぼ通らなくなります。通らないという事は自動車ローンや住宅ローン等も組めないという事になるわけです。

審査が通らない、ローンが組めない期間は下記の通りです。それぞれ代表的な信用情報機関によって変わってきます。

名称 主な加盟企業 延滞 任意整理 自己破産
JICC(株式会社日本信用情報機構) 消費者金融系・信販会社系 5年 5年 5年
CIC(クレジットイフォメーションセンター) クレジットカード会社系・信販会社系 5年 5年 7年
JBA(全国銀行協会) 銀行系・銀行系カード会社 5年 5年 10年

これだけ長い期間、新しくお金を借りたり、ローンを組めないという事は普段の生活においてとても支障が出るのではないでしょうか。

ブラックの場合はおまとめ・借り換えローンの審査は通り辛い?

結論から申しますと審査はとても通り辛いです。むしろほぼ通らないと言っても過言ではございません。

賃金業者からすると他者が背負っているリスクを肩代わりするようなものだからです。

ただ、その中でも過去に債務整理や金融事故歴があったとしても審査の対象としている業者もいます。そういった事故歴のある方でも審査の対象となっている消費者金融に申し込んでみる事をお勧め致します。

ブラックの場合、銀行系・大手カードローンやクレジット会社等の審査はほぼ通りません。なので特に過去に債務整理等を行なった方でも審査の対象と公言をしている中小消費者金融をお勧め致します。

ブラックの方が借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者のお勧めの選び方

先ほども伝えましたがブラックの方はまず、銀行系のおまとめカードローンの審査に通る事はございません。おまとめローンであろうと必ず信用情報機関の情報を照会した上での審査は必ず行われます。

なので、断然消費者金融がお勧めです。もちろん消費者金融全てではありません。大手消費者金融(プロミス、アコム、アイフル等)も審査でも通りませんので、中でも中小消費者金融をが良いです。

中小消費者金融は独自審査という自社独自の審査基準を持っていますのでブラックの方が狙うならそこしかありません。

それらを踏まえて、その中小消費者金融の中でもどのような業者が良いのかこれから記載をしていきます。

審査の敷居の低さを重視する

審査の敷居の低さは大切です。これから借金の返済額を減らそうとしているのに、そもそもおまとめローンの審査に通らなければ元も子もありません。

まずは、審査の敷居の低さを見ましょう。

しかし、審査の敷居の低さはどのように確認をすれば良いのでしょうか?

大きくはネットでの口コミや評判を確認する方法、また、当サイトの申し込み数に対して何人の方が審査に通過したかを確認するくらいでしょう。

なので、できるだけポジティブな意見、ネガティブな意見の両方を必ず確認し自分だったらどうなのか?という事を念頭に置きながら消費者金融選びを行いましょう。

例えば、口コミの中には…

『審査の際に親身に相談にのってくれた!』

と言った口コミがあったとします。人によってはそういった消費者金融が良いという方もいれば、そんな事よりも金利重視で借入したいという方もいらっしゃいます。

これからお勧めの消費者金融を紹介しますがなるべく口コミ・評判等や審査の通過状況等もお伝えをしながら紹介したいと思います。

返済シミュレーションを一度利用する

各消費者金融の公式HPに入ると、ほとんど簡易的な返済シミュレーションを行う事が可能です。事前に一度各消費者金融毎に実施しておく事をお勧め致します。

返済シミュレーションを行う意図としては、月々の最低返済額の確認を行う為です。

月々の最低返済額が低いという事であればそれだけ返済期間が伸びます。なのでトータルで返済する額が増えるという事にも繋がります。

しかし、トータルの返済額は増えてもいいから確実に少ないお金でも返すという事を重視する方であれば最低返済額が低い消費者金融を選ぶ方が良いでしょう。

何を重視するかは人それぞれですが、必ず返済シミュレーションを行い、自分がどのような目的で返済を実施していくかを事前に考えておきましょう。

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者一覧

消費者金融名 金利 最大融資額 強み
アロー 15.00~19.94% 200万円 審査の敷居の低さはトップレベル 
中央リテール 10.95〜13.0%  500万円 他者で断られた方も積極的に融資実績あり 
ライフティ 8.0~18.0% 300万円

13時迄の申し込みで当日融資可能(他社にない独自サービスが豊富)

ユーファイナンス 7.3〜15..0% 700万円 トップクラスの最大融資額
エスジーファイナンス 9.85〜14.85% 500万円  過去に債務整理等の事故歴がある方も積極的に融資実績あり
フクホー 9.85〜14.85% 500万円  業界トップクラスの老舗消費者金融で信頼性抜群

上記の消費者金融は全て、ブラックの方、過去に金融事故、債務整理を行った方も審査の対象となります。

注意点としては、最大融資額です。仮に最大融資額が200万円の場合、現在200万円の借金がおまとめできるわけではございません。

仮に現在、他社含めて100万円の借金があるとしたら、おまとめローンにて新たに100万円借りますので一時的に200万円になります。その状況を想定しているので最大融資額が大きい額で設定されているわけです。

なので、おまとめローンで借りれるのは自身の借金が最大融資額の半分というわけです。

※ちなみにおまとめローンは総量規制対象外です。

また、金利に関してはできるだけ低いところを選びたいと考えますが実はどの業者も金利はさほど変わりません。

それはなぜか?

消費者金融はできるだけ高い金利を設定したいです。しかし、利息制限法により設定して良い最大金利が決められています。消費者金融もその法律ギリギリのところでどこも設定しています。

以下が利息制限法で設定されている最高金利です。

 ・10万円未満の借入…上限金利20.0%まで

 ・10万円以上100万円未満の借入…上限金利18.0%まで

 ・100万円以上の借入…上限金利15.0%まで

なので、注意して頂きたいのが一見金利が低い業者があったとしても大抵そういった消費者金融は最大融資額が高いパターンが多いです。

決して金利が低いというところだけ見てもダメですので注意が必要です。

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者『アロー』

本社所在地 愛知県名古屋市
設立年 2000年
金利(年率) 15.00~19.94%
最大融資額 200万円
強み 新規契約に力を入れている
加盟 日本貸金業協会会員 第005786号

最初に紹介をするのは消費者金融のアローです。

 ・確実に審査に通りおまとめ・借り換えを行いたい

 ・とにかく審査の敷居が低い業者良い

とお考えの方にはピッタリの消費者金融です。

当サイトからもトップの申し込み数で審査の通過率も高いです。アローは会社自体が設立して間も無く、若いという事もあり新規顧客を増やそうとしています。

その事が起因で審査通過率が高いという事もあるでしょう。

また、審査最短45分とスピードにおいても他社にひけをとらずトップレベルに高いです。

口コミを確認すると『現在他者借り入れが4件あるが融資を受ける事ができた』や、『自己破産後でも借りれた』といった内容の記載があります。

アローの特徴は口コミを探してて感じますが、まずネガティブなコメントが少ないという点です。

是非興味がある方は一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

アローを別記事にてまとめていますので是非そちらもご覧下さい。

>アローについて更に詳しく<

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者『中央リーテル』

本社所在地  東京都渋谷区
設立年  2003年12月
金利(年率) 10.95〜13.0% 
最大融資額  500万円
強み  他者で断られた方も積極的に融資実績あり
加盟 日本貸金業協会会員 第005560号

次にお勧めするのが中央リテールです。中央リテールはアロー同様に消費者金融の中では若い部類に入ります。

なので、集客に力を大変入れています。これは中央リテール側から公表しています。

また、取り扱い商品は『おまとめローン』と『不動産担保ローン』の2つのみとなっております。なので、おまとめローン専門と言えるでしょう。

中央リテールの強みは口コミを確認すると『他社で断られたけど中央リテールで通った』という言葉をよく見かけます。なので既に他社にて断られている方にはお勧めの消費者金融です。

おまとめローン専門という事もあり最大融資額が500万円と大口融資です。債務整理は行わず地道に返済をしたいという方にもお勧めと言えるでしょう。

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者『ライフティ』

本社所在地  東京都新宿区
設立年  1991年
金利(年率) 8.0~18.0%
最大融資額 300万円
強み  他社にない独自サービスが豊富
加盟 日本貸金業協会会員 第005552号

今勢いがある消費者金融といえばライフティです。どのように勢いがあるのか?

それは他社にないサービスが豊富という事も起因しており、とても口コミ等を見ても人気が出てきているのが分かります。

 ・当日13時迄の申し込みで当日融資可能と公言

 ・審査最短30分

 ・最低融資額が1000円〜

などなど…。

ただ、上記のサービスは今回のおまとめローンに関しては難しいかもしれません。特に通常の融資と違いおまとめローンはそれだけ大きい額が動きます。なので、通常の融資よりも入念に審査が行われますので時間も掛かります。

ただ、それでもライフティはスピードを重視していますので、とにかく早くおまとめローンをしたいという方にはピッタリなのではないでしょうか。

ライフティの口コミでは、『過去に債務整理をしてたけど貸してくれた』、『バイト、派遣、主婦、自営業にも積極的に融資を行っている』といったコメントが目立ちます。

ただ、一方で『支払いが遅れた場合は会社に電話が入る』といったコメントもありました。その人がよっぽど返済に遅れたのかは分かりませんが返済の期日は必ず守った方が良さそうです。

もちろんそれは当然の事ではございますが。

ご興味がある方は是非一度公式HPをご覧下さい。

ライフティを別記事にてまとめていますので是非そちらもご覧下さい。

>ライフティについて更に詳しく<

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者『ユーファイナンス』

本社所在地 東京都台東区小島2-14-5
設立年 平成17年8月
金利(年率) 7.3〜15..0%
最大融資額 700万円  
強み  トップクラスの最大融資額
加盟 東京都知事(5)第29876号

ユーファイナンスの強みは最大融資額の大きさにあります。

なので、『借り入れ件数よりも借金先1件1件の額が大きい』『金利よりも額が大きいから少しづつ返済を行いたい』という方にはお勧めの消費者金融ではないでしょうか。

ユーファイナンスは中央リテール同様におまとめローン(ユーファイナンスではビッグローンという呼び方、意味は同じ)専門の消費者金融ですので、おまとめ・借り換えには強いです。

ユーファイナンスの口コミでは『申し込みフォームから入力を完了し、そのあとにすぐに電話がかかってきてスピードが速かった』や『対応の品質は大手の○○○よりも良い』と担当者の対応が良いという評判が多いです。

ただ、『希望額よりも少し少なかった』などのコメントがありますので、おまとめローンが最大融資ギリギリになりそうな場合あらかじめ希望額が通るのか相談をしておいた方が良さそうです。

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者『エスジーファイナンス』

本社所在地 東京都墨田区両国3丁目19-5
設立年 不明(HP記載無)
金利(年率) 9.85〜14.85%
最大融資額 500万円
強み  過去に債務整理等の事故歴がある方も積極的に融資実績あり
加盟 日本貸金業協会会員第005778号

エスジーファイナンスはリニューアルをしており、それに伴って新規の顧客獲得に力を入れています。

過去に債務整理を行なっている方もお気軽にご相談下さいと公言もしております。会社としては若いですが、過去よりも現在についてしっかり審査をしてくれる業者です。

審査に不安な方はアローなどに続いてお勧めの消費者金融と言えます。

また、口コミでは『他社落ち、過去金融事故ありでも審査通過した』が目立ちますので審査の柔軟さにおいては強いという事が言えます。

ネガティブな口コミとしては、『業務歴が見えなかったり、情報が少ない』や『即日融資はできなかった』等のコメントがありますので人によっては信頼度・スピードにおいて低く見られがちです。

ただ、フリーローン、借換ローン、不動産担保ローン、ビジネスローン、リフォームローン、多目的ローンと、借換ローンだけでなく多数のサービスを展開しております。

たくさんの用途に分けて選べるプランがあるのは強みと言えるでしょう。

ブラックでも借り換え・おまとめローン対応可能な消費者金融・キャッシングカードローン業者『フクホー』

本社所在地 大阪市浪速区
設立年 1970年
金利(年率) 7.30〜15.0%
最大融資額 200万円  
強み 業界トップクラスの老舗消費者金融で信頼性抜群
加盟 兵庫県中播磨県民センター長(12)第50158号

フクホーは消費者金融の中でも(大手を含め)トップクラスの老舗消費者金融と言えます。

『フクホーであれば間違いはない』と言える消費者金融です。

お客様に対してのサービスに重点をおいており、レディースキャッシングという女性スタッフが対応をしてくれるサービスもありますので、何かあった際には相談しやすい環境が準備されていると言えるでしょう。

口コミでは、債務整理をした直後でも現在の年収が高いようであれば審査に通過をしている方も多数いらっしゃいます。

ただ、現在延滞中の方は審査通過が難しい様子が伺えます。

もしそうでなければ安心して申し込める消費者金融ですのでご興味がある方は一度公式HPをご覧頂いてはいかがでしょうか。

また、フクホーについて別記事にて更に詳しく記載しております。宜しければそちらもご覧下さい。

>フクホーについて更に詳しく<

おまとめローンがダメなら債務整理も視野に入れる

これまでに記載をさせて頂いた消費者金融でも審査に落ちた場合は、いよいよ債務整理を視野に入れる必要性があります。

債務整理とは、簡単に言うと借金返済の毎日から抜け出す為に公的ルールに乗っ取った救済措置の事を指します。具体的には債務整理の中でもいくつかの種類に分かれます。

 ・任意整理

 ・個人再生(民事再生)

 ・自己破産

 ・特定調停

上記4つがありまして、その中でも圧倒的に一番手続きとして多いであろうと言われている手続きが任意整理になります。

任意整理とは?

任意整理が債務整理の中でも圧倒的に利用されている数が多いと言われています。

その理由は、裁判所を通さないで手続きを行う為、他の債務整理と比べる圧倒的に手間が掛かりません。

具体的にはどのような事を行うか?

まず、専門の弁護士や司法書士に任意整理をしたいと依頼します。依頼された専門の弁護士、司法書士の方が借金をしている債権者(賃金業者)に直接交渉をします。例えば借金の減額の交渉、借金返済期間の延長などの交渉です。(最大3年程度)

この交渉を成功させる事により自転車操業の毎日から抜け出す事が可能になります。

ちなみに弁護士、司法書士の専門の方などを通さずに直接賃金業者との交渉も可能です。しかし、知識がない方が賃金業者に交渉をしたとしても門前払いで終わりです。

なので、検討されている方は必ず専門の方に相談をするようにしましょう。

債務整理を検討している方にお勧め弁護士・司法書士『イストワール法律事務所』

イストワール法律事務所では、全国各地から数多くの依頼と紹介があり、高い技術と知識がとても評判が良いです。

法律事務所の中でも借金問題に特化した法律事務所になります。

また、他にも闇金問題にも強いという評判があります。口コミを確認しても『親身に相談にのってくれた』というコメントが目立っておりお勧めと言えます。

もし債務整理を検討していたり、闇金等のトラブルに巻き込まれているようであれば一度ご相談を頂いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-金融・キャッシング

Copyright© マネー塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.