人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

借金返済に困ってしまい、とうとう債務整理をしてしまいブラック状態になりながら債務整理を終わるのを待つ人や、まだまだ債務整理中の人もいます。

そんな、債務整理中や支払完済済みの債務整理後にも、新たにクレジットカードを作らざるを得ないときに、カードを申し込みして作れることが可能かどうかを知りたいところでしょう。

そんな債務整理中(後)でもクレジットカードが作れるのかどうかを詳しく解説いたします。

目次

スポンサーリンク

膨らんだ借金を債務整理でまとめる方法

借金を抱えて支払いがもう出来なくなった場合に、債務整理しかない場合にどのような選択を選んだ方がよいかを理解しておきましょう。債務整理の種類について簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

債務整理の違い

まず、債務整理には大きく分けて4つの選択方法から選ぶことができます。内訳を説明していますので、その特徴を比べてご覧ください。

任意整理の場合

自分では債務整理せずに、弁護士や司法書士に代理依頼して債務整理して欲しいカード会社と交渉してくれます。カード会社との交渉がうまくいけば借金の減額が認められて、残りの残額を計画的に支払っていきます。

自己破産の場合

債務整理の最終的な選択になり、負っている借金すべてを0にすることができます。しかし、それと引き換えにデメリットもあり、すべての持っている資産を手放さないといけないことになります。

また、自己破産になるとブラック期間は10年ほどが事故情報になりますので、その期間にはカードを作ったりローンを組むことが非常に厳しくなります。

個人再生の場合

自分では債務整理せずに、弁護士や司法書士に代理依頼して、残っている借金を裁判所を通してカード会社と交渉して減額してもらう方法です。だいたいの返済期間は、3年間になり高価になる住宅などをどうしても手放したくないときにこちらの方法を選択することになります。

特定調停の場合

簡易裁判所がカード会社との間に入ってもらい、残りの借金を3年ほどで返済できるように交渉するやり方になります。特定調停の場合は、カード会社も入ってくる額が減るので話し合いに協力的にならないこともしばしばあります。

 

借金返済が厳しいから弁護士に債務整理を相談したいとき

債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなったり、クレジットカードが作られなくなります。なぜそのようなことになるのかを、簡単にではありますがまとめてみましたのでご覧ください。

債務整理したらクレジットカードの使用情報はどうなってしまうのか?

債務整理が開始されると、クレジットカードが利用できなくなります。まずは、任意整理した場合は、債務整理したクレジットカード会社とその系列のグループ会社はまず使えなくなります。

そこから、どこの金融業者も定期的に、途上与信といって利用している人の支払能力がちゃんとあるかどうかを数か月ごとに個人情報を確認していることが多いです。

そこで、もし事故情報になり信用情報機関にヒットしたら、その内容状況によってはクレジットカードを使えないように利用停止することなります。

債務整理前にクレジットカードについているポイントは使い切ろう

債務整理が始まるとクレジットカードが利用停止になります。そうなる前にもしクレジットカードにポイントが残っている場合は、利用できなくなる前にすべて使い切るようにしましょう。

例えば楽天のクレジットカードを利用していたとすれば、買い物するごとにポイントが付いてくるので、ちょっとしたポイントも数年で結構なポイント残高になっているはずです。

利用停止によるポイント失効になる前に、何かを購入するかとりあえず商品券などに換金することで、お金がないときに利用できるので助かります。

クレジットカードの家族カードは利用することができるのか?

クレジットカードの種類のなかには本人以外にも持てる家族カードは世間一般に知られています。よく債務整理をしたら自分のクレジットカードだけでなく、家族カードも利用できなくなることもありますが、ごくたまに利用できることもあります。そこも含めて家族カードのおさらいとメリットとデメリットをご説明します。

家族カードの作り方は

クレジットカードを持ちたいけどもてない主婦や学生などのために利用することができるサービスになります。家族カードを作る前に、収入がある人がクレジットカードを作って審査に通れば、そのカードとは別に家族カードを追加に新規カード作れるのです。

家族カードを作るメリットとは

家族カードとはその名前のとおりに、家族が利用しやすいように作られているカードになります。収入がある本会員のカードとは別に、ご家族内の主婦している妻や子供の無職や学生などにも、持たせることが出来るので非常に便利なサービスになります。

家族カードを持つことのメリットとして、カードが作れない人が作れることと、収入がある本会員と同じ保険サービスや同様の補償を受けることが家族カードでもできることです。

また、元々は本会員のカードと家族カードは別々の扱いになりますが、支払いなどについてはすべて本会員カードの方にまとめて請求などがいくので、家計での管理はやりやすくなってきます。

家族カードのデメリットとは?

家族カードを作ったことによってのデメリットはほとんど無く、実際にカードを使ってしまったときにこそデメリットが少し発生します。ふつうの使い方をしていればそこまで気にすることは無いのですが、カードで購入してしまったものを一括で購入履歴がばれてしまうので、中身を知られたくないときは困ります。

また、家族内に金遣いが荒い人にカードを渡してしまったら、カードの使い方が気になることもあるでしょう。知らない間に限度額いっぱいの買い物をする危険性があります。

そこから家族内でカードの使用についてトラブルに発展する可能性もありますのでご利用は計画的にすることも家族内で話し合う機会も必要になってくるでしょう。

家族カードは債務整理になっても利用する事は可能か?

家族カードであっても結論的には、債務整理をしたら使えなくなります。家族カードも支払いできる人が債務整理したので、家族カードの支払いも出来なくなるので、自動的にすべて利用停止になってしまいます。

しかし、債務整理前や債務整理してすぐの後であれば使える期間が多少なりとも時間差で発生する可能性があります。

クレジットカードのデビットカードをうまく利用しよう

クレジットカードをローン目的で利用されている人が借金されている人ではほとんどですが、うまくデビットカードを利用することで、債務整理中や債務整理後でも支払いにおいて困ることがなくなる可能性があります。

現在の公共機関や民間会社からの引き落としなどは、銀行などが発行してくれるデビットカードから引かれているので、借金をすることがまず心配ないのと、債務整理の話しとは別のことなので、デビットカードを利用することです。

今後はデビットカードを利用される機会がどんどん増えていく流れになっていますので今後はそれも計画のうちに入れておくのもいいかもしれません。

債務整理したらETCも影響を受けるので速攻で対処しよう

仕事で私生活でよく自動車で高速道路を利用しETCを利用するのなら、ETCカードもクレジットカードでの支払いになっているので、債務整理をすることによってETCも使えなくなってしまいます。

なので、ETCが使えなくなったら生活にも仕事にも不便になってしまいますので、ETCの支払いをETCパーソナルカードというサービスに切り替えるようにしてください。

ETCパーソナルカードは、高速道路を管理運営している道路公団や道路を管理している会社などが共同でしておりETC専用カードとなっています。高速道路を利用できなくなる前に決済方法を変更されることをおすすめします。

クレジットカードの審査基準はどのような判断があるのか

クレジットカードの申し込みするさいには必ずと言っていいほど審査判断があります。その審査状況によっては、クレジットカードの発行できる人もいれば審査不可になって利用できない人もいます。

そんな審査判断の基準は、いろいろな判断基準に基づいて行われています。そこで、どのような基準でされているか簡単にですがリストアップしてご紹介いたします。

ブラックリスト入りされてるか

個人情報機関に債務整理してブラックリスト入りされていないかを審査時に確認します。債務整理してしまうと、任意整理・自己破産・特定調停・代位弁済・長期延滞などによって事故情報として取り扱われるようになり、個人情報機関に期間を設けて登録管理されてしまいます。任意整理であれば、5年は経過しないとブラックリストからは登録情報を消去してくれません。

借入や契約状況はどうなっているか

カードの申し込みするときに、他の銀行や消費者金融などからの借り入れがないかを審査時に調べます。もし借り入れが少額や少数社であればまだ良い方ですが、多額の借金があり複数も金融業者から借り入れをしていると、支払能力が厳しいと判断されて審査に通過できないことがありえるでしょう。

勤め先の継続は大丈夫か

カード申し込み時において、勤務先への在籍確認がされることはご存じだと思いますが、勤務先の職種などにもよって、審査が通りやすい通りにくいがあります。それは属性として扱われて、上場している企業や士業・先生と言われるような医者や講師などはすんなりと審査に受かってしまうのです。

転職ばかりしている人や収入が少ない人・自営業者の場合には、安定した収入が望めないと判断して審査が下りない場合も想定されます。

年収などの収入状況

クレジットカードの申し込みで年収記載がありますが、高ければ高いほど審査に通りやすいわけではありません。あくまで総合的判断のなかでの一つになり、安定して年収があればカード発行時に限度額が大幅に上がる可能性もあります。低いよりも高い方が審査が通りやすいのは確かなので、収入は高い方が有利です。

申し込み情報

申込情報とは、クレジットカードの申し込みをしたら審査するために、個人情報機関に申込された回数も履歴として情報が残ってしまいます。

もし申込情報が複数回も履歴として短い期間に何回もあれば、現在お金に困っているのでその後の支払いが大丈夫かと判断されてしまい、あまりにも履歴回数が多ければ審査に通りにくくなる可能性もあります。

カードの申込をするときは、審査がなるべく通りやすいカード会社からするようにしてください。

クレジットヒストリー

審査時に重要とされる項目に、ブラックリストとクレジットヒストリーがよくあげられます。クレジットヒストリーとは、今まで借り入れがあった人はそのいままでの支払い状況が履歴として残っているので、支払い状況で延滞していたか完済したことはあるのかなどを細かくチェックし、支払能力に問題ないか判断する材料になります。

じつは、カードを作ったことがない人もいますが、携帯料金などの支払いも延滞して滞納したりすると、ブラック認定されてしまいますのでご注意ください。

 

クレジットカードを作る前に準備確認すること

クレジットカードを作る前に事前に審査に通れやすいようにしていきましょう。

クレジットカードを作る目的と情報調査をしておくこと

債務整理を一度して借金もなく通常の生活をずっとできればいいのですが、人生のうちに数回は緊急に要するまとまったお金が急に必要になることが、生きていれば起こり得る可能性があります。

そんなときに、急にお金が必要なときにクレジットカードを作る必要がないように日頃から貯められる分はしておきましょう。もしそれでも必要なときがきてもいいように、どこのカード会社が利率が低い・認知度ある・信頼できるカード会社なのかなどの予備情報は意識しておきましょう。

クレジット申し込み前に個人情報開示請求をすること

現在自分の個人情報がどのような状況になっているかを事前に知ることができます。知ることによりクレジットカードの申し込みをして受かりそうかどうかも事前に分かるので気持ち的にも気が楽になるでしょう。

金融機関にある個人情報を知るためには、個人情報機関に情報開示の請求をすることで知ることができます。それでブラックがあとどれくらいかによって、カードの審査申し込みをする予定が立てることができます。

債務整理した時に利用した金融業社は避ける

債務整理したときに利用していた金融業者は、再度の申し込みするのは辞めましょう。実際に申し込みしても一度債務整理した人を再度借り入れしてくれるところは厳しいでしょう。

金融会社はどこも社内用の個人情報リストを持っていますので、一度債務整理した人の履歴も残っていて、審査に通ることは厳しいです。また、同系列のグループ会社も情報を共有していますので厳しいと思います。

安定した仕事に就いておき堅実な収入確保しておくこと

クレジットカードをまた申し込みたいのであれば、まずは安定した仕事に就いていなければなりません。それは安定した収入が無ければ、お金を貸しても返してくれる支払能力がないと思われてしまい、貸してくれるところはほとんどありません。

安定した仕事に就いていて年数があればある一定の審査基準が上がるので仕事には就いておくようにしましょう。

 

債務整理後にクレジットカードを作れる6つのパターン

債務整理後には、ブラックリストに入っている期間とすでにブラック期間が過ぎて解除されている期間の両方があります。そんな、債務整理後の両方のパターンにおいても、クレジットカードが作れやすいパターンがありますので、ご覧ください。

クレジットカードを作るポイントその①信用実績を作る

クレジットカードを作りたいと思う前に、身の回りを綺麗にしておくことがまず大事になってきます。カードを作るための審査というのは、前回にどのような事故情報があってどのような支払い方をしていたかも含めて審査しています。

もし借金の残額があるなら返済して、延滞・遅延があるのならちゃんと支払い続けるようにしてください。

クレジットカードを作るポイントその②審査の甘い会社を選択する

クレジットカードに申し込みするときは、審査基準が甘い会社から申し込むことによって、クレジットカードが新規に作れる可能性が高くなります。一般的に審査が厳しい銀行系や信販系よりも消費者金融系のクレジットカードが通りやすいのは確かです。

消費者金融の会社によって、通る通りにくカード会社があり、一度債務整理したときに利用していた金融業者の会社は厳しいでしょう。またその系列のグループ会社も情報を共有していますので通りにくいでしょう。

クレジットカードを作るポイントその③入力間違いや嘘を記載しないようにする

カード申込するときによく間違いやでたらめな情報を記載する人がいますが、絶対にそれは辞めてください。

審査時におかしいと判断されればそれだけで通るものも、本当のことを記載していないということで怪しまれてしまい、受かる可能性があったのにそれで審査に落とされてしまうこともあるのです。

クレジットカードを作るポイントその④キャッシング枠を0円にしておく

カードを作るときにキャッシング枠を希望せずにデビットカードにしましょう。支払能力がまだ低い人の場合は、確実に審査に通りたい場合は、デビットにすることで通りやすくなります。

デビットは口座に入っている分しか利用できないので、お金使いを気にせずに管理できるので、使いすぎることはありません。

クレジットカードを作るポイントその⑤審査が通るか通らないか理由を問い出さない

もしカード会社から審査に落とされても理由を根ほり葉ほり聞かないようにしましょう。理由を問いだしたことが顧客情報に登録されて、他のカード会社にもその履歴を確認できるのでどのような体質のお客かを知られてしまうことになり、審査に問題なかったのに他のところでは、それが原因で落とされることもありますのでご注意ください。

クレジットカードを作るポイントその⑥一度に複数で勝負するようなことはしない

申込するときは、一度にたくさんの複数カード会社に申込するのは辞めましょう。カード申込したさいにカード会社は、個人信用情報機関に問合せしますのでその際に、問合せした履歴も一緒に残りますので、複数の申込履歴があれば借金に非常に困っている状況と判断されて、ちょっとした少額を借りようと思っても心証が悪くなり借りれなくなることがあります。

 

債務整理中や後でも作れるクレジットカード会社一覧

債務整理中や後、ブラックでも作れる可能性がある代表的なクレジットカード会社を紹介します。

債務整理中や後でも作れるクレジットカード「アメリカン・エキスプレスカード(アメックス)」

年会費 年会費発生(初年度は無料)
申込基準 20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド AMEX
ポイント還元率 0.4~1.0%
付帯保険 ショッピング保険:最高500万円
審査時間 最短15営業日
海外旅行保険 最高5,000万円

クレジットカード会社の中でも国際的にも有名なアメックスですが、海外のカード会社という事で審査基準が日本と違います。

アメックスは過去よりも現在の支払い能力を重点的に見ます。

興味がある方は一度申し込んで見てはいかがでしょうか。

債務整理中や後でも作れるクレジットカード「イオンカード(WAON一体型)」

年会費 年会費無料
申込基準 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド VISA,MasterCard,JCB
ポイント還元率 0.5%
付帯保険 カード盗難保障無料付帯
審査時間 2週間程度
海外旅行保険 なし

 

イオンカードはクレジット機能だけでなく、電子マネーWAONや、イオン銀行キャッシュカードなど1つのカードで3つの機能を利用する事ができます。

家族カードや、ETCカードとしても利用する事ができますので、審査基準が低いだけでなく利便性も高く利用する事ができます。

債務整理中や後でも作れるクレジットカード「楽天カード」

年会費 年会費無料
申込基準 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド VISA,MasterCard,JCB
ポイント還元率 1.0%
審査基準 独自基準を採用
審査時間 最短5営業日
海外旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
楽天グループが発行するクレジットカードです。口コミで評判が良く、他社で落ちてしまったが楽天カードなら審査が通ったという評判を聞きます。
楽天口座の開設が申し込み時に必要になりますが、とにかくクレジットカードを作りたいという方にはお勧めです。

クレジットカードの申し込み方法にはどんな種類と方法があるか

クレジットカードを始めて作る人や、今まで持っていなかった別のクレジットカード会社を申し込みするさいに、どのようにすればクレジットカードが作れるのかを簡単にですがご紹介します。

インターネットからの申し込み

ほとんどの人が利用しているのがインターネットからの申し込みになります。インターネットの公式サイトから申し込みする流れになりますが、そのなかでも、サイトの申し込みフォームから申し込み人がほとんどになります。

FAXや電話でのやり取りもありますが、手間がかかることやなるべくなら人と話すことが煩わしい場合は、申し込みフォームを利用したほうが簡単にできるメリットがあります。あとにも郵送による申し込みもありますが、用紙に書いたり郵送期間の待ちを考えたら効率的には不便でしょう。

最近は、一般家庭にも固定電話機にFAX付きも少なくなり、FAX用紙の手間などを考えればまだ電話で話したほうが早いです。一般家庭に固定電話機が少なくなったこともあり、携帯電話でのやり取りがほとんどの場合もあります。

お店実店舗の窓口で申し込み

近くに金融会社の実店舗が本店や無人ATM機などがあれば、直接訪れて申し込み審査することもいいでしょう。しかし、全国展開していない金融会社もあるので、直接訪ずれて申し込みできるのはごく一部の場合になるでしょう。

 

まとめ


債務整理中でも債務整理後でも、クレジットカードを利用できるまたは作れるようにするための方法を何パターンかに分けてご説明いたしました。実際に借りるさいには、事前にどれくらいの借り入れをしないといけないのか、どのくらいの返済予定が可能なのかを、申し込む前にもう一度シュミレーションされることをお勧めします。

できるならば、借りる前に借りなくても済む方法を見つけるか、誰かにお願いして借りられるのであれば、しっかりと熱意を持って相談するかちゃんと返済をすることで信頼を得なければなりません。

一度、借金をしてしまうとズルズルと借金額が膨れ上がっていくことがどうしても大きくなってしまいますので、ご利用は計画的にされることを考えてみられてください。

クレジットカードを作れる方法は、借りる側の個人情報・事故情報などによって通る通らないがありますが、基本的なパターンを押さえることで、カードを利用することが可能になりますので、作られる際はご参考にされてください。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事