人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

クレジットカードの発行には審査と在籍確認があります。

「審査に自身がない・・・」

「会社に電話されることに不安がある」

といった人は少なくありません。

そのため、「審査と在籍確認なしで発行できるクレカはないか?」と、審査・在籍確認なしのカードを探している人は多くいます。

もしかしたらあなたもその1人かもしれませんね。

そこでこの記事では、審査・在籍確認なしで作れるクレカはあるかというテーマについてお伝えしていきます。

果たしてそうしたクレジットカードはあるのでしょうか?

 

目次

スポンサーリンク

審査・在籍確認なしで作れるクレカはあるのか?

結論から言いますと、審査・在籍確認なしで作れるクレカジットカードはありません。

特に審査は必ずされます。

在籍確認に関してはカード会社の判断でしないケースもあるようですが、100%とないとは言い切れません。

このため、どのようなカードでも審査と在籍確認はあると思っておきましょう。

なぜ審査をするのか?

審査をする理由は申込者の返済能力を確認する必要があるからです。

クレジット会社にとって、クレジットカードは「融資」と同じです。

カードローンやフリーローンのように現金の融資をするわけではありませんが、利用者が使った分を立替え払いし、それを後払いで返済してもらう仕組みになっています。

よって、クレジット会社にとっては利用者にお金を貸すのと変わりないんですね。

そのため、クレジット会社としてはきちんと返済できる人のみにしかカードを使わせるわけにはいきません。

そうでないと貸したお金が返ってこないからです。

こうしたことから、事前に審査をして申込者の返済能力を確認し、「立替えたお金を返済できるだけの能力があるのか?」という部分を確認する必要があるのです。

なぜ在籍確認をするのか?

在籍確認をする理由は、「申込者が申告した勤め先にきちんと在籍しているか」を確認するためです。

先に解説したようにクレジット会社は審査で申込者の返済能力を確かめます。

そこで重要となる項目のひとつが、「現在職に就いており継続的に収入があるか?」という点です。

それを確かめるために行なわれるのが在籍確認なのです。

つまり、申込者が働いており収入があることの裏付けをとるためにするんですね。

この確認作業をしないと嘘がいくらでも通用してしまい、無職などの収入がない人の立替払いをしてしまう可能性が高まります。

そうなると返済をしてもらえなかったり、返済遅れなどのトラブルを起こされてしまったりするリスクが大きくなります。

そうしたリスクを防止するために、クレジット会社は在籍確認を行なっているのです。

クレジットカードの審査方法

クレジットカードに申し込みをするには必ず審査があります。

では、この審査はどのようなものになるのでしょうか?

残念ながら審査に関してはどの会社も非公開ですので正確なところは分かりません。

しかし、多くのクレジット会社は「スコアリング審査」を採用しているとされています。

スコアリング審査とは

スコアリング審査とは、申込者の返済能力をコンピューターによってスコア化する審査方法です。

スコア化される項目は「属性」と呼ばれ、おもに以下のようなものが重要視されると言われています。

  • 年齢
  • 職業
  • 勤続年数
  • 収入
  • 家族構成
  • 住居形態
  • 他社からの借入金額・件数
  • 過去の返済履歴

上記のような項目がひとつひとつスコア化されていくんですね。

例えば、職業の項目であれば、公務員や上場企業の正社員なら5点満点中5点、一般企業の正社員なら4点、派遣社員は3点、パート・アルバイトなら2点というような感じでスコア化されます。

そしてその合計スコアが各社が定める合格基準を満たせば審査に通過できるのです。

そのため、審査の合否を決めるのは申込時に申告する「個人情報」と、個人信用情報機関に記録されている「信用情報」が重要になってきます。

信用情報について

「信用情報ってなに?」という人もいるかと思いますので補足として解説しておきます。

信用情報とは、個人信用情報機関に記録されているあなたが利用したクレカやローン等の利用記録です。

現在日本には「JICC」、「CIC」、「全銀協」の3つの個人信用情報機関が存在します。

クレジット会社やローン会社、銀行などはこの3つのいずれかあるいは複数に加盟しており、自社の商品を利用した顧客の情報を個人信用情報機関に提供しているのです。

このため、個人信用情報機関には加盟している会社の顧客の契約情報や返済情報といったものが記録されています。

こうした情報を信用情報と呼ぶんですね。

この信用情報を確認すれば「どのようなお金の使い方をしているのか?」、「きちんと期日とおりに返済してくれるのか?」といったその人の「お金の信用」が分かります。

そのため、クレジット会社やローン会社等は自社の商品に申し込みがあったとき、個人信用情報機関へ照会し申込者の信用情報を確認します。

そして申込者の信用を判断するのです。

審査落ちを回避するための6つのポイント!

クレジットカードの審査はスコアリングが一般的であるため、現時点の個人情報や信用情報を中心に合否が決定します。

そのため、「これをやれば審査に通過できる!」という裏技的なものはありません。

しかし審査落ちの理由はある程度絞り込めるため、以下の6つに注意しておけば結果的に審査に通る可能性を上げられます。

  • 申込条件を確認する
  • 安定した収入源も持つ
  • 勤続年数はできるだけ長めに
  • クレカやローンの返済期日を必ず守る
  • 他社借入額や件数は少なくする
  • 事故情報を起こした場合は記録が消えるまで待つ

申込条件を確認する

申込条件の確認は必須です。

カードによっては年収や勤続年数などの条件がある場合があります。

そうした場合、その条件を満たさないと100%審査落ちになってしまいます。

安定した収入源も持つ

安定した収入源も持つことは非常に重要です。

クレジットカードの審査では収入の高さよりも、収入の継続性という点の方が重要視されます。

理由はいくら現時点で収入があっても、その収入に継続性がなければ返済不能や返済遅れの危険があるからです。

一方で収入がそれほど高くなくても、安定継続して得られている人であればそうした危険は少なくなります。

そのため、パートやアルバイトでもかまいませんので毎月継続して得られる収入源を持ちましょう。

勤続年数はできるだけ長めに

勤続年数はできるだけ長めにしてから申し込むのがお勧めです。

勤続年数が長い人ほどその職場に長期に渡って留まる傾向があるため、収入の安定性という点でも評価され、審査にプラスとなりやすいです。

逆に勤続年数が短い人は「この先もその職場に留まるか?」という点に不安があります。

よって、「辞めてしまい収入が途絶えるリスクがあるかも?」とクレジット会社に警戒され、審査に不利となる恐れがあります。

そのため、勤続年数はなるべく長めにし、できれば1年以上、最低でも半年は欲しいところです。

クレカやローンの返済期日を必ず守る

現在利用中のクレカやローンの返済期日は必ず守るようにしていください。

先にもお伝えしたように、クレジット会社は審査であなたの信用情報を確認しますので、過去の返済状況も調べられます。

その時に延滞の記録があると審査に不利となってしまいます。

このように延滞をする人は返済能力に問題がある傾向にあり、また延滞等の支払いトラブルを起こす可能性が高いと判断されやすいからです。

このため、現在利用中のクレカやローンの返済期日はしっかりと守る必要があります。

補足として、携帯電話の本体代を分割購入している人は電話料金も滞納しないようにしなくてはいけません。

携帯電話の本体代の分割購入は「割賦契約(ローン)」ですので、その情報は個人信用情報機関に記録されます。

ご存知のとおり、携帯電話の本体代の分割購入の支払いは電話代と一緒に請求されます。

そうしたことから、電話代を滞納すると分割料金の支払いも滞納したことになり、その情報が個人新情報機関に記録されてしまいます。

他社借入額や件数は少なくする

他社から借入がある場合は、その金額と件数をなるべく少なくするようにしてください。

ここで言う、他社からの借入というのは消費者金融やカードローン、クレカのキャッシング枠、リボ払い、分割払い、各種ローン等などです。

これらの金額や件数が多い人ほど、毎月の返済負担が大きくなってしまいます。

そのため、返済できる余力も少ないと判断されやすくなり審査上不利となります。

事故情報を起こした場合は記録が消えるまで待つ

過去に「事故情報」を起こしてしまった場合は、その情報が個人新情報機関から消えるまで待って申し込みするようにしてください。

事故情報とは、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものであり、おもに以下のようなものが代表的です。

  • 長期延滞
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 強制解約
  • 代位弁済

これらの事故情報が信用情報に記録されている期間内(5年~10年)は、クレジットカードの審査に通るのは非常に難しいです。

このため、事故情報が信用情報から消えてから申し込みをするのがお勧めです。

事故情報が信用情報から消えたかは、各信用情報機関に「開示請求」をすれば確認可能です。

クレジットカードの在籍確認

ここからはクレジットカードの在籍確認についてお伝えしていきます。

在籍確認は申込時に申告した勤務先の電話番号にされます。

そのため、「会社に電話されるのはちょっと・・・」、「同僚や上司に不信に思われやしないか」などと不安がある人も多いでしょう。

しかし、在籍確認は過度に不安になるようなものではありません。

その理由は、クレジット会社の在籍確認は「担当者の個人名」でされるからです。

決してクレジット会社名を名乗らないため、たとえ他人に対応されてしまったとしても、クレジットカードの在籍確認とはほぼ分かりません。

また、勘の鋭い人が電話に対応した場合はバレてしまう危険もないわけではありませんが、クレジットカードなら別に恥ずかしくもないはずです。

その際は「新しいクレカを作った」と堂々としていれば良いだけです。

電話内容も非常にシンプル!

在籍確認の電話はその内容も非常にシンプルです。

以下のようにとても簡易なものであるケースがほとんどなため、早ければ1分もかかりません。

クレジット会社:「こちら吉本と申しますが○○様(あなた)はいらっしゃいますでしょうか?」

あなた:「○○は自分ですが」

クレジット会社:「ご本人様でしたか。この度は当社に申し込みして頂きありがとうございます。これにてお勤め先の確認を完了します。担当の吉本がお伝えしました」

もし、電話に対応したのがあなたでなく会社の上司や同僚だった場合は、「ご不在でしたか。それではまたご連絡させて頂きます」と言って終わります。

これでも在籍確認をされたことになります。

クレジット会社によっては在籍確認がないケースもある!?

先にクレジット会社によっては、在籍確認がないケースもあるとチラっと触れましたね。

またネットの口コミなどを確認しても、「在籍確認がなかった!」という書き込みもチラホラ見かけます。

確かにクレジット会社の中には在籍確認をしないケースもあるようです。

どういったケースだと在籍確認をしないかは正確には分かりませんが、以下のような場合はその可能性があるとされています。

  • 過去に同じ会社のカードを発行しており利用に問題がない場合
  • スコアリングや信用情報が優れている場合
  • スピード審査を売りにしている会社に申し込みした場合

ただし、これはあくまで可能性の話しにしか過ぎません。

上記のような条件を満たしていても在籍確認が100%ないとは言い切れません。

在籍確認はどのクレジット会社にとっても重要なものとなりますので、基本的にはされるものを思っておく方がお勧めです。

審査ナシは存在しないが難易度が低いカードならある!

ここまでお伝えしてきたように、審査ナシで発行できるクレジットカードは存在しません。

しかし、審査の難易度が低いカードなら存在します。

そこでこの章ではそうした点を中心に解説していきますね。

審査の難易度はカードのランクによって異なる

クレジットカード審査難易度はカードのランクにより異なるのが一般的です。

クレカには同じカードであっても普通会員やゴールド、プラチナ、ブッラクなどのランクががあることがありますよね。

これらのランクによって審査難易度が異なり、一般的に以下のように難易度が上がっていきます。

年会費無料>普通カード>ゴールド>プラチナ>ブラック

ランクが上がるほどカードの限度額も大きくなる傾向にあるため、審査の難易度も上昇します。

なぜなら、大きな限度額を設定するにはそれに値する返済能力が申込者に必要になるからです。

とくにブラックやプラチナといったカードはステータスの高いカードとして有名であり、限度額も数百万円単位と非常に高額です。

このため、審査のハードルもそれだけ高くなっているのです。

それに対して、年会費無料や普通カードは限度額がブラックやプラチナと比較すると大きくないため、申込者に求められる返済能力も低くなります。

よって、審査のハードルも下がる傾向にあるんですね。

審査難易度を下げたいなら年会費無料のカードを狙う!

先の解説のとおり審査の難易度はカードのランクによって決まるため、難易度を下げたいなら年会費無料のカードを狙うのがお勧めです。

以下の5つのカードは年会費無料でありつつ、審査も通りやすいと口コミで評判ですので申し込みの参考にしてもらえればと思います。

  • 楽天カード
  • Yahoo! JAPANカード
  • ライフカード
  • イオンカード
  • オリコカード・ザ・ポイント

楽天カード

楽天カードは9年連続で顧客満足度調査で1位を獲得しているカードです。

楽天市場ならポイント還元率が最大3倍となり、楽天ポイントが効率的に貯められるというのが強みです。

また、近年は提携店も増えており、街中で利用してもポイント還元率が増えることも多くなっています。

さらに度々入会特典キャンペーンをしており、2018年9月現在であれば「楽天ポイント5,000円」を貰うことが出来ます。

そんな楽天カードは「楽天市場をよく利用する!」という人にお勧めできます。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは大手ポータルサイトの「Yahoo! JAPAN」が提供するカードです。

このカードの特徴は「Tポイント」が貯めやすいことです。

Yahoo!ショッピング&LOHACOの利用が還元率3.0%であり、その他の利用でも還元率1.0%でTポイントが貯まります。

そのため、「Tポイントを効率よく貯めたい!」という人に最適です。

ライフカード

ライフカードは「ライフ株式会社」が提供するカードです。

特徴は「誕生月のポイント3倍制度」です。

自分の誕生日にあたる月にカードを利用すれば、ポイントの還元率が3倍になるというメリットがあります。

しかもどこで利用しても3倍になるという太っ腹ぶりです。

また、初年度は常時ポイント還元率が1.5倍になるというのも強みです。

ライフカードにはこうした特徴がありますので、「誕生日月に大きな買物をしてポイントを沢山貯めたい!」というような人に向いています。

イオンカード

イオンカードは「イオンクレジットサービス株式会社」が提供するカードです。

そんなイオンカードの特徴はイオングループのお店での利用がお得ことです。

イオングループ店舗での利用なら「いつでもポイントが2倍」、「毎月20日・30日のお買い物が5%割引」というメリットがあります。

また、「ときめきポイントTOWN」を経由して買物をすれば、ときめきポイントが最大21倍たまるというメリットもあります。

イオンカードにはこうした特徴がありますので、イオングループのお店やときめきポイントTOWNをよく利用するという人に最適なカードです。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントは、「株式会社オリエントコーポレーション」が提供するカードです。

その特徴は入会後6ヶ月間はポイント還元率2倍になることです。

また、会員のみ利用可能のショッピングモール「オリコモール」ではポイント最大17.5%還元になるというメリットもあります。

オリコカード・ザ・ポイントにはこのような特徴があるため、「入会してすぐに大きな買物をする予定」、「オリコモールで効率よくポイントを貯めたい」というような人にお勧めです。

家族カードならほぼ審査ナシ!?

ここまでクレジットカードには、必ず審査があるとお伝えしてきましたが例外もあります

それは「家族カード」に申し込む場合です。

家族カードとは

家族カードとは、クレジットカードを所有している本会員の家族に発行されるカードのことです。

例えば、Aさんという人が楽天カードを所有しているとしましょう。

楽天カードの場合、本会員であるAさんの許可さえあれば配偶者や親、子ども(18歳以上)の人にもAさんと同じ楽天カードを発行できるようになっています。

これが家族カードとなります。

家族カードは申込者の返済能力は問題にされない

家族カードの場合、カードを申し込みする人の返済能力は問題にされません。

なぜなら家族カードは本会員のカードを家族で使うという考えであるからです。

家族カードには以下のような特徴があります。

  • 利用限度額は本会員と分けあう形になる
  • 利用金額は本会員にまとめて通知
  • 本会員がカード停止となれば家族カードも停止となる

つまり、家族カードは単に本会員のカードを家族でも使えるようにしただけなんですね。

このため、返済能力が問われるのは本会員であって、家族カードを発行する人の返済能力は問われません。

よって、本会員の返済能力が問題なく返済トラブル等も起こしていなければ、家族カードを発行する人の返済能力どんなに低い場合や、極端に言えばブラック状態であっても発行は出来るのです。

こうしたことから、家族カードの発行に事実上審査はないと言えるのです。

家族カードには審査ナシ以外にもメリットがある!

家族カードのメリットは審査がないことだけではありません。

以下のようなメリットもあります。

  • 年会費が割安になる
  • 各種保険も同じように付帯
  • ポイントやマイルが貯まりやすい
  • 支払いは本会員口座に一括請求されるので楽

家族カードの場合、年会費が割安になるカードが多いです。

年会費が有料のカードであっても家族カードの場合は無料になったり、割引になったりするケースがほとんどです。

各種保険も本会員と同じように受けられることが多いため、セキュリティ面でも安心です。

家族カードで利用した分もしっかりポイントが貯まるカードがほとんどなため、効率よくポイントが貯まります。

家族カードでの利用分は本会員口座に一括請求されるので支払管理が楽チンです。

家族カードにはデメリットもある!

家族カードに以下のようなデメリットもありますので、申込前に確認しておきましょう。

  • 利用限度額は本会員と共通
  • 何に使ったか本会員にすべて分かってしまう
  • 本会員がカード停止となれば家族カードも停止になってしまう
  • 引き落とし口座を分けられない

家族カードは本会員のカードを家族で使うというものであるため、限度額は本会員と共通です。

そのため、家族と相談しながら利用をしないと「気づいたら限度額がなくなっていた・・・」という状況になりかねません。

請求書は本会員に送られるため、本会員に何を購入したのかをすべて知られてしまうという欠点があります。

家族カードは本会員カードと同じですので、本会員が延滞などで利用停止になった場合、家族カードも同様に利用停止になります。

請求は本会員にまとめてされるため、「自分の利用分だけ別口座から引落としてほしい」というように引落し口座を分けることは出来ません。

デビットカードという選択肢もある!

「クレカの審査にどうしても通らない」、「家族カードはちょっと・・・」あるいは「家族カードを頼める家族がいない」というような場合はどうしたら良いでしょうか?

カード払いが出来ないと様々なシーンで不便を感じますし、とくにネットショッピングではその傾向が強いですよね。

その場合、「デビットカード」という選択肢もあります。

デビットカードとは、カードに紐付けしてある銀行口座からの引落しによってカード払いができるカードです。

例えば、Dという銀行口座にデビットカードを紐付けしているとしましょう。

その際、デビットカードで2万円利用したとすれば、その2万円がDという銀行口座から引落とされることになるのです。

これがデビットカードとなります。

デビットカードなら審査なし!

デビットカードには審査がありません。

理由は、デビットカードは利用時に銀行口座からの引落しをするためのカードであるため、申込者の返済能力は問われないからです。

クレジットカードの場合は「後払い」ですので、「あとでちゃんと返済してくれるのか?」という点を確認するためにも、審査をして申込者の返済能力を調査しなくてはいけません。

それに対してデビットカード後払いではなく銀行口座からの「即時払い」です。(実際に引落しが反映されるのは店舗や利用時間によって異なります)

また、利用金額が口座になければそもそも決済は出来ません。

このようにデビットカードはその時点でお金がなければ使えないカードなため、申込者の返済能力は関係なく審査もする必要がないのです。

よって、クレカの審査に通らない人でもデビットカードなら発行することが出来るんですね。

デビットカードのメリット

デビットカードには審査がないだけでなく、以下のようなメリットもあります。

  • 決済が楽になる
  • 使い過ぎを防止することが出来る

デビットカードを持っていれば間違いなく決済が楽になります。

とくにネットショッピング利用時に非常に有効で、わざわざ銀行振込の手続をしたり、代引きを選んだりしなくても現金払いが可能になります。

「VISA」や「JCB」などの国際ブランドを選べるケースがほとんどなため、利用できる店舗にも困りません。

使い過ぎを防止することが出来るという点も強みです。

デビットカードは「銀行口座の残高=限度額」となりますので、持っている現金以上の金額を利用することは出来ません。

また、クレカのように「キャッシング機能」もないため「使いすぎて支払いができない・・・」という状態になることもありません。

デビットカードのデメリット

デビットカードにはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあるので確認しておきましょう。

  • 年会費が発生するケースがある
  • 口座残高以上は利用できない
  • ポイント還元率はクレカに劣る
  • 分割払いやリボ払いなどができない
  • 利用できないお店がある

一部のデビットカードには年会費が発生する場合があります。

年会費は数千円程度ですがそれでも有料というのはデメリットですね。

デビットカードは口座残高以上の利用はできないため、当然クレカのように後払いは出来ません。

デビットカードの中には利用によってポイントが貯まるカードも存在します。

しかし、ポイントの還元率はクレカほど良くないケースがほとんどです。

分割払いやリボ払いは不可なため、「大きな金額の物を毎月少額の支払で購入したい」という場合には対応不可能です。

国際ブランドを搭載しているデビットカードであっても、一部利用ができないお店があるケースがあるという欠点もあります。

まとめ

残念ながら審査・在籍確認なしで発行できるクレジットカードは存在しません。

とくに審査は申込者の返済能力を調査するためにも、どのクレジット会社も100%行ないます。

在籍確認に関しては一部の会社は状況によってはしないケースもあるようですが、基本的にはどの会社も行なうと思っておきましょう。

こうしたことから、クレジットカードの発行には審査と在籍確認は避けて通れません。

しかし、クレカの審査と在籍確認はそれほど不安視するようなものではありません。

審査に重要な項目に気をつけたり、審査のハードルが低めのカードを選択したりすれば、審査に通る可能性はグッとアップします。

また、審査のない家族カードやデビットカードという選択肢もあるのでそれらを検討するのもお勧めです。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事