人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

金融機関には俗に「ブラック」と呼ばれている顧客がいることをご存知でしょうか。

ブラックリストと呼ばれるリストの名前は聞いたことがあるかもしれません。実際にこのような名前のリストがあるわけではないのですが、ブラックと呼ばれている顧客には共通点があります。

それは「信用情報機関に異動情報が掲載されている状態の人」だという点です。

この異動情報とは債務者(借入した人)が破産したり、支払いを延滞したりすると付けられてしまう記録のことを指しています。

具体的には、

  • 支払期日よりも61日以上、または3ケ月以上延滞
  • 債務整理( 任意整理、個人再生、自己破産、特定調停)と呼ばれる処理を開始する

と登録される記録のことです。

所謂「世間からの信用を失っている状態」になるということです。

基本的にブラックとなった方はその期間中、新規のクレジットカードの発行や融資の審査通過が出来ない可能性が高いです。

この記事ではそんなブラックリストに載ってしまった方でも、作ることの出来るクレジットカードの紹介とその3つの特徴について紹介していきます。

目次

スポンサーリンク

ブラックリストに掲載されるのは約5年間

ブラックリストに掲載されていることを「異動情報あり」と表記するのですが、この掲載期間は約5年間となっています。

この5年という数字は完済してから5年間となり、発生日が基準ではなく、終了日が基準となっていますので、間違えないようにしてください。

ただ、こちらはあくまでも基準になります。

実際のところ、信用情報機関によっては借金完済後5年以上経過しても保管されている場合があります。

その理由として賃金業者の申告タイミングによります。仮に滞納を2019年3月に滞納をして2年後の2021年3月に完済をしたとします。

しかし、賃金業者が「この方は弊社で滞納をしました」という報告が2021年3月に行われた場合は、そこから5年後の2026年の3月に事故情報が消えるというわけになるわけです。

ただし、これはあくまでも実際にあった事例ではありますが、そのような事もあるという事を踏まえた上で本記事を拝見頂けますと幸いです。

大きく3つの信用情報機関が存在している

現在、日本の中に存在している信用情報機関は大きく分けて3つの機関があります。

現在はこの3つの機関のいずれかに信用情報が登録されます。

他の信用情報機関との信用情報の共有も行わるシステムも運用されており、保管している情報はほぼ同じです。

信用情報機関について詳しくはこちら

このように情報のやり取りが相互に行われています。

また、図中にもある相互共有システムである「CRIN」と「FINE」について特徴をまとめたのが以下の図となります。

CRINは現在進行形で延滞・滞納が発生している金融事故(異動情報)の詳細が表示されます。つまり、免責決定が出ている金融事故については表示されないようになっています。

また、FINEの方が顧客情報の詳細をより知ることが出来ます。クレジットカード会社はこれらの信用情報を駆使して審査を行っているのです。

つまり、信用情報に傷(異動情報)が表示されている場合、信用して貸し出しをしても良い対象とはならない為、審査に通過出来ないのです。

ブラックでもクレジットカードを新しく発行する会社がある理由は?

ここまでの話を総合すると、ブラックとなっている人に対してクレジットカードを新しく発行することは、リスクだけが大きくなり望ましいことではない事が明らかです。

しかし、世の中にはブラックの人にもクレジットカードを発行している会社が存在しているのです。

では、一体なぜなのでしょうか。

ブラックでもクレジットカードを発行する理由①:信用情報はあくまで過去の情報でもある

そもそも、信用情報は「過去の取引に対しての顧客属性情報」であり、今の顧客属性をリアルタイムに反映した情報ではありません。

信用情報は滞納等で異動情報が登録され、仮にその異動情報が完了(完済)というステータスに変わったとしても、数年間掲載されるものとなっております。なので、信用情報はあくまでも過去の情報と言えます。

一般的に銀行系や独立系のクレジットカード会社は、「過去の実績」を重視して審査する傾向にあります。

一方で流通系や消費者金融系のクレジットカード会社は利便性を高め、利用しやすいカードにする為、現在の属性に重きを置いて審査を行う傾向が強く出ています。

その為、十分な返済能力を有していると判断できる客観的情報があれば、クレジットカードの新規発行に応じる可能性は十分にあるのです。

ブラックでもクレジットカードを発行する理由②:クレジットカードは利用しないと利益を生まない

上記の図は一般的なクレジット決済を利用した場合の模式図です。

クレジットカード会社の収益源は店舗から支払われる「決済手数料」です。

業態や店の規模等によっても異なるので一概には言えませんが、商品購入代金の数%~十数%までが相場であるようです。

店舗から決済手数料を得る代わりにクレジットカードには、買い物保険が付帯している場合が多いことはご存知のことかもしれません。

年会費無料のカードでも運営していけるのは、購入した金額だけ決済手数料が入ってくる仕組みになっているからなのです。

よって、クレジットカード会社としては1人でも多くの方にクレジットカードを所持してもらい、利用してもらいたいのです。

言葉を変えると、ブラックであろうとなかろうと月々の期日に支払いをきちんとしてくださる顧客が「良い顧客」なのです。

その為、ブラックでも自社の利益に貢献できる優良な顧客と判断されれば、新規発行に至るのです。

海外では「過去の金融事故(異動情報)」よりも「現在の属性」に重きを置いてカードの発行を行っていますので、今後はその流れに変わっていく可能性があります。

ちなみに、クレジット業界では、クレジットカードをユーザーの50%が年に2回、利用していると収益としても良いと言われています。

そういったクレジットカードの”稼働率”をあげる為にも新規発行をする背景があるわけです。

自身がブラックの場合はクレヒスを自分で用意しよう

しかし、収入がどんなに多くても、その資料だけでは月々の支払の際にきちんと支払ってくれる顧客かどうかは分かりません。

そこでクレジットカード会社が確認している指標が信用情報の中にある「入金状況」欄です。

この欄に記載されていることはクレジットヒストリー、通称「クレヒス」とも呼ばれ、クレジット契約(割賦)した月々の支払がきちんと行われているかを示している欄になります。

自身がブラックだという場合もこのクレヒスをしっかりと形成すれば新規クレジットカード発行へ近づくことが出来ます。

クレヒスについて詳しくはこちら

クレヒスは信用回復の為の下準備

信用情報では、期日通りに入金(引落)があった場合に上記のような$マークが表示されます。

これを毎月繰り返していくことで$マークが最大24ヶ月分まで増えていき「きちんと月々の支払いを行っている顧客」という情報が信用情報に蓄積されていきます。

しかし、様々な延滞を繰り返し、ブラックとなってクレジットカードも強制解約になってしまったというような場合でもこの方法は大丈夫なのでしょうか。

この場合は、携帯電話の機種代金を分割払いにすることで同様にクレヒスを作ることが出来ます。

この分割払いにクレジットカードは必要ありませんので安心です。

もちろん、ブラックとなっても現在のクレジットカードを強制解約せずに済んだ場合はそのカードを利用してクレヒスを作り上げることも出来ます。

しかし、異動情報は完済しても5年程度残りますので、カードの更新時に審査に通らなくなる可能性もある為、継続利用する場合は注意が必要です。

ブラックの申込者がクレジットカードを申し込む際の注意点

では、実際にブラックとなっている方が申し込みをする際には、どのような点に注意して申し込むべきなのでしょうか。

現在も滞納している状態になっていないか

まず、一番大切な注意点がこの点です。

ブラックと言っても、大別して2つに分けられます。

2種類ののブラック

  • 現在も滞納が続いている人
  • 過去に滞納していたが、完済して記録のみ保持している人

現在も滞納が続いている方は、どれほどブラックOKのクレジットカードであっても審査に通過することは出来ません。

まずは滞納している金額の返済を早急に済ませ、滞納を解消した状態にしなくてはいけません。

なぜなら、現時点で期日通り支払えていない人が、新規で発行されたクレジットカードの支払いを行うことを信じることは非常に困難と言わざるを得ないからです。

審査書類に不備はないか

ブラックでもOKというフレーズをインターネット上の口コミサイトなどを見ると、「ブラックでもOK=審査が甘い」と誤解している方がいます。

この「ブラック」は「誰でも」という意味ではなく、あくまで「信用情報に傷(異動情報)がある」状態のことです。

よって適当に審査用の書類を作成したり、年収欄に誤魔化した金額を書いたりすると、信用情報の調査・返済等の中で必ず嘘が発覚する時が来ますので絶対に止めましょう。

審査書類は「正直かつ丁寧に記入」が大前提です。

ブラック表記を消すことは出来るのか

広告などで「ブラック情報消します」という宣伝文句を見たことがありますが、そのような処理をすることは基本的に不可能です。

各信用情報機関は以下のような加盟企業と掲載期間が決まっており、一度掲載されるとその内容が誤りである場合を除き、信用情報には残り続けるのです。

JBA(全国銀行個人信用センター)
加盟企業
  • 銀行が中心の加盟
  • 利用者記録の保管期間が一番長い
  • 日本学生支援機構も加盟
掲載期間 最長10年間
JICC(日本信用情報機構)
加盟企業
  • 消費者金融の加盟社数が一番多い
  • 他にもリース会社や信販会社など、多彩な企業の加盟がある
掲載期間 最長5年間
CIC(クレジット情報センター)
加盟企業
  • クレジット会社と消費者金融会社が中心
  • 携帯電話の割賦支払い(携帯キャリア)
  • 銀行やリース会社などは加盟していない
掲載期間 最長7年間(基本は5年間)

クレジットカード会社の審査では基本的に自社の所属する信用情報機関しか参照しない

先述の通り、CICとJICCは最短で5年間、JBAは最長10年間が信用情報の掲載期間となっています。

クレジットカード会社はCICに加盟している会社が最も多いのが特徴で、基本的には自社の加盟する信用情報機関の情報で審査しています。

JBAの信用情報を照会しているのは銀行直系のクレジットカード会社がほとんどです。

つまり、完済後5年間を経れば審査申込する為の大きな障害は消えることになります。

逆に言えば、期間が過ぎるまでは障害となるブラック情報を消す方法は無いということでもあります。

自分で信用情報を照会することもできる

実は信用情報は信用情報機関に自ら問い合わせて情報開示を求めることで確認出来ます。

自分に異動情報が付いてブラックになってしまっているのか、不安であるという方は、1,000円手にどの手数料は必要ですが、一度ご自身の手で確認してみることをお勧めします。

審査に影響ある?信用情報機関(JICC,CIC,JBA)情報開示のメリット・デメリットを詳しく知るにはこちら

クレジットカードを作れるブラックとは

では、クレジットカードを発行できる「ブラック」とはどのような方になるのでしょうか。

実際にブラックでありながら、審査に通過した例は存在しているのは確かですので、これまでの内容を見ながらまとめます。

これまでの情報から定義すると以下のようになります。

タクレジットカードを発行できるブラックとは

  • 過去に61日以上の延滞があったが、現在は完済している人
  • 債務整理(任意整理等)を行っているが、完済している人

上記の2点に当てはまる人となります。

つまり、延滞や返済を完済しているものの、まだ信用情報の掲載期間内でブラック状態になっていることが条件となっているのです。

「消費者金融からの借入が残っている」や「数日間振込を忘れていた」などでブラックになってしまったと勘違いしていらっしゃる方もいますが、このくらいでは異動情報が付くことはありません。

だからといって、少しの遅れであっても業者からの印象が悪いことは間違いありませんので、社内の記録には残されている可能性が高いです。

ブラックでも作れるクレジットカードとは

では、具体的にどのようなクレジットカードであればブラックであっても発行しやすいのでしょうか。

狙うべきはセディナカードのような流通系カード、またはアコムの消費者金融系カードです。

クレジットカードの審査難易度

審査難易度 クレジットカード会社の種別 主な企業例

高い

低い

銀行・独立系 JCB・アメックス 等
信販系 セディナ・楽天 等
流通・交通・メーカー系 セディナ・イオン 等
消費者金融系 アコム

一般的に銀行系のカードは非常に審査が厳しく、所持することが一種のステータスになることもあるカードです。

反対に消費者金融系、流通系のクレジットカードは審査通過までのハードルが他社に比べて低いのが特徴です。

特に消費者金融系カードの「アコムACマスターカード」は、ブラックであっても審査をきちんとしてくれるクレジットカード会社ですので、申込検討カードになるのではないでしょうか。

クレヒスとは?信用情報の回復に最適のカードはアコムACマスターかードの詳細はこちら

ブラックでも作れるクレジットカードの特徴

では、ブラックでも作れるクレジットカードにはどのような特徴があるのでしょうか。

ブラックでも作れるクレジットカードの特徴その①:顧客の囲い込みを目的に発行している

この特徴は審査の甘い消費者金融系・流通系・交通系のクレジットカード会社に見られる特徴です。

流通系カード各社は申込者に対してクレジットカードを発行すれば、自社の店舗を継続的に利用してくれる顧客になるだろうと考えて発行します。

その為、申込対象者に収入の無い主婦でも可としていたり、一般カードの年会費を廃止し、審査基準を甘くして会員数を積極的に増やしている特徴があります。

ブラックでも作れるクレジットカードの特徴その②:収入の有無が重視されている

クレジットカードの利用において、一番大切な根幹部分は「期日にきちんと支払ってもらえるか」です。

信用情報では過去のクレヒスや過去の年収・雇用形態を確認することが出来ます。

しかし、消費者金融系カード会社は現在の収入の有無を重要視して審査しています。

クレジットカード会社 審査の中での重点ポイント
一般的なカード会社
  • クレヒス
  • 年収・雇用形態・家族構成
流通系・消費者金融系
  • 収入の有無
  • 返済意思の有無
  • 他社の借入の有無と金額

ブラックでも作れるクレジットカードの特徴その③:審査方法が他のクレジットカードと異なる

流通系・消費者金融系のクレジットカードはその審査方法がクレジットカード審査寄りというよりはカードローン審査寄りの方法が取られていることが多くあります。

例えばクレジットカードの審査は、勤務先や役職、現在の金融資産や信用情報を元に審査することが一般的です。

しかし、現在はアルバイト・パート、更には専業主婦まで審査対象になっているカードも存在しています。

もし、アルバイト・パート・専業主婦の方でクレジットカードを持ちたいだけだという方は流通系・消費者系のカードに申し込むと良いのではないでしょうか。

審査前に簡易のWEB診断を利用しましょう

自身で信用情報を開示まではしたくないけど、自分が発行できる可能性があるかは知りたいという方の為に、消費者金融系クレジットカードを発行するアコムのHPでは「3秒診断」を導入しています。

上記の3つの質問に答えを入力し、「診断開始」ボタンを押すと結果が表示されます。

結果画面に「お客さまのご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした。」という表示が出てしまった場合は、残念ながらこのまま審査を実施しても発行が難しいというサインですので、審査の申込をしない方が賢明です。

もしも審査申込をしてしまった場合、通過できなかった場合でも信用情報に申込情報が登録されてしまいます。

この情報も申し込み後半年間登録されることになりますので、むやみに申し込みを出すと、信用情報内に申込情報だけが複数登録されることになり「審査に落ちた」と他の審査担当者から思われてしまいます。

超超ブラックでも作れる・新規発行ができるクレジットカード代表3社

では、具体的にブラック状態でも作ることの出来るクレジットカードを紹介したいと思います。

超超ブラックでも作れる・新規発行ができるクレジットカード①イオンカード

年会費 無料
ポイント還元率 0.50%~1.33%
国際ブランド VISA、Master、JCB
カード受け取りまで 申込日から1週間~2週間程度

イオンカードは「イオンフィナンシャルサービス株式会社」が提供するカードです。イオンカードは、主な顧客層が主婦層であるため審査がやさしめであるとされています。

申込条件も「18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方」とあるくらいですので、やはり審査難易度はそれほど高くはないと予想できます、

【特徴】

  • 毎月20日と30日はイオングループのお店のショッピング代金が5%オフ
  • イオン以外でも毎月5の付く日にはポイントが2倍
  • 毎月10のつく日は「ときめきWポイントデー」でときめきポイントが2倍

最大の特徴は、毎月20日と30日にイオングループのお店のショッピング代金が5%オフになる点です。こうした点から、「日常的にイオン系列のお店で買物をする」という人に向いています。

超超ブラックでも作れる・新規発行ができるクレジットカード②アメリカンエキスプレス(アメックスグリーン)

年会費 12.000円(消費税別)
ポイント還元率 0.166%~1.0%
国際ブランド AMEX
カード受け取りまで 申込日から2週間程度

アメリカンエキスプレス(アメックスグリーン)は、国際ブランドのひとつである「アメリカン・エキスプレス」自らが提供するカードです。

アメックスは外資系である為、日本のカード会社とは違う独自の審査基準を持っているとされています。そのため、ブラックに人でも現在の返済能力に問題なければ審査に通過できる可能性もあるのです。

【特徴】

  • カード入会後6ヶ月以内の利用で最大18,000ポイント獲得可能
  • 利用代金100円ごとに1ポイントが貯まる
  • 提携店なら通常よりも多くポイントが貯まる
  • メンバーシップ・リワード・プラスへの入会でマイルの換算レートがアップ
  • 多種多様なポイント交換先
  • ポイントの有効期限は実質なし
  • カード利用者限定のホテル料金の割引や旅行アレンジなどもあり

おもな特徴は旅行関連のトラベルサービスが充実している事ですね。この為、サービス内容だけで見れば向いているのは日常的に海外旅行や出張に行く人ような人です。

それ以外の人は12.000円(消費税別)の年会費が発生するため、あまりメリットの多いカードではありません。

しかし、先述した通り独自の審査基準を持っている可能性があるため、「ブラック状態なので日本のカード会社では審査に通らない」という場合は申し込みをしてみるのも良い手です。

どうしてもクレジットカードが通らない時はどうするか

クレジットカードを作る目的が、「支払を先延ばしにしたい」ということであった場合、クレジットカード審査に通らないと今すぐにお金が必要になってしまいます。

そのような事態になった場合、緊急的にお金を用意することは出来るのでしょうか。

どんなに困ってもやってはいけないのは「闇金から借り入れること」です。

闇金は法律に則った貸金業者ではありませんから、法外な金利の設定や取り立て方法などを行っている場合がほとんどです。

間違いなく生活破綻に追い込まれることになりますので、利用することは避けましょう。

もし、すぐにお金が必要だという場合は、クレジットカードを作る以外にも以下の方法を試してみる事をお勧めします。

すぐにお金を作る方法

  • 不用品を売却する
  • 日雇い・日払いのバイトをする
  • 知人や親戚から借りる

 

すぐにお金を作る方法その①:不用品を売却する

まず、シンプルな方法として自宅の中にある不用品を買い取り専門店などに売却することで現金を作る方法があります。

この方法は今日すぐにお金が欲しいのであれば持ち込むだけなので、一番早く現金を作ることが出来ます。

しかし、その場で現金に出来るメリットがある反面、ブランド品や高いプレミアの付いている商品以外は買取価格は低くなりがちです。

そのような場合は近年、ネットオークションも盛んに行われており、マニアなどに高値で取引されている商品もありますので、並行してこちらを利用する方法も検討しても良いかもしれません。

すぐにお金を作る方法その②:日雇い・日払いのバイトをする

必要な額が1~2万円程度の少額である場合は、日雇いのアルバイトをすることもお勧めです。

日雇いの場合は雇用契約書を交わすことも少ない為、副業などで行っても現職の会社などにばれにくいこともメリットです

また、バイト探し用のサイトはインターネット上にたくさんありますので、その中から条件を入力して検索することで見つけることが出来ます。

1日働いて8,000円~15,000円程度の収入を得ることが出来るバイトが多くありますので、急いでいる場合や時間が余っている場合にお勧めの方法となります。 

すぐにお金を作る方法その③:知人や親戚から借りる

少しまとまった金額が必要である場合は、知人や親戚から借り入れることも検討しなくてはならないかもしれません。

しかし、互いの「信頼」をもとに借り入れることになりますので、親戚や友人と言えどもきちんと返せる見込みがないのに借りてしまうと将来困ったことになるのは想像に難くないと思います。

返済できないとなると信頼関係に傷をつけることは間違いなく、今後の付き合い方にも影響が大きいでしょう。

また、返済の方法もきちんと取り決めておかないと後々のトラブルとなりますので、この方法を安易に採用することはお勧めできません。

それを踏まえた上で借りることを決断する場合は、誰からどの程度借りて、どのように返済するかを明確にしておきましょう。

もし、ブラックでクレジットではなく正規の消費者金融から借りたい方は下記をご覧下さい。

超ブラックでも申し込むタイミングでクレジットカードは発行できる

クレジットカードを発行するにはブラックであったとしても、延滞や債務整理で完済されている場合は審査を受け付けてもらえることが分かりました。

一方で、延滞状態であったり債務整理後の支払い中である場合にクレジットカード発行を行うことはまず不可能であることが分かりました。

なお、ブラックでも発行できるクレジットカードの特徴としては以下の3点を上げることが出来ます。

ブラックでも発行できるクレジットカードの特徴

  1. 顧客の囲い込みを目的に発行されるカードである
  2. まず、収入の有無が重視されている
  3. 審査方法がカードローンの審査方法に似ている

上記の特徴を持つクレジットカードはブラック状態であっても発行できる可能性があるので、審査申込をしても良いかもしれません。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事