人気記事!!
がっちりマンデー|関東一の私鉄「東急」!!関東で年間売り上げトップを誇る秘訣とは?
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

今週のがっちりマンデーでは、関東一イケてると言われている「東急」の社長・野本さんが登場。

「東急」路線の前兆はなんと「104km」。

ほかの路線と比べると短い距離を走る東急だが、1日の利用客は300万人を超える。

関東の私鉄の中では年間売り上げトップの1兆1,000億円と絶好調の“がっちり”の秘密に迫る。

スポンサーリンク

関東で1番儲かっている私鉄「東急」とは?

今週のがっちりマンデーに登場する「東急」とは「東急株式会社」のこと。

東急株式会社は1922年9月2日に設立し、従業員数4,535人(2018年3月末)が働く企業だ。

実は、「東急株式会社」は同社の創立記念日であった2019年9月に「東京急行電鉄株式会社」より社名を変更を行っている。

これまで「東京急行電鉄株式会社」は東急不動産などの動かす“不動産事業”・伊豆急行などの“交通事業”・東急ホテルズの“ホテル・リゾート事業”・東急百貨店や東急ストアの“生活サービス事業”と、4つの事業を軸に活動していた。

しかし、新たな取り組みとして今年10月1日からは、鉄道事業を100%子会社である「東急電鉄株式会社」に継承。

新しくなった「東急株式会社」は鉄道事業から離れて不動産事業をメインに取り掛かることとなった。

「住みたい街(駅)」アンケートに常に上位にランクインする東急沿線

東急沿線を走る街は、住みたい街として人気が高い。

毎年行われている「suumo住みたい街(駅)ランキング(関東版」では、毎年上位にランクインする。

【※suumo住みたい街ランキングとは、関東圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に住む20歳~49歳の7000人を対象に実施したアンケートである。】

調査の結果、2019年の住みたい街ランキングでは、東急沿線の駅は9位に「武蔵小杉」、12位に「中目黒」、17位に「二子玉川」、20位に「自由が丘」がランクインしていた。

2019年の「住みたい沿線ランキング(関東版)」では、東急東横線は第3位にランクインし、2018年の同ランキングでは、東急東横線は第2位だった。

東急沿線が「住みたい街(駅)」として人気を誇る理由は「おしゃれ」というイメージだそう。

東急沿線がおしゃれだと言われる理由は何だろうか。

東急の沿線にある街が「おしゃれ」と言われる理由は?沿線はドコ?

引用元:(https://www.tokyu.co.jp/index.html)

東急の沿線にある街が「おしゃれ」と言われる理由は何だろうか。

そもそも、東急沿線は東横線・目黒線・田園都市線・世田谷線・こどもの国線の8線が通っている。

東横線は渋谷から横浜までの21の駅を有する路線で「渋谷」「代官山」「自由が丘」などのおしゃれな街を通る。

目黒線は「目黒」や「武蔵小山」などの活気あふれる街を通っており、田園都市線は「渋谷」や「二子玉川」などを運行している。

東急沿線は、若者を代表する街「渋谷」やセレブな街「代官山」を通っているため、おしゃれだという認識があるそう。

年間売り上げ1兆1,000億円の「東急」のヒミツは?

「東急」路線の前兆は104kmとほかの路線と比べると全長は短いものの、売上は関東1を誇る。

その理由は「大量乗り入れ」に隠されていた。

実は、東急は2013年3月に大幅な“路線改造”を行い、「TOBU」「西武電鉄」「東京メトロ」「みなとみらい線」の現在4路線が乗り入れ可能となっている。

都内では、郊外から通勤してくるひとも多いので、他の沿線から東急沿線を使う人も多い。

東急はそのネットワークを駆使し、他社の力を借りて、通勤輸送の円滑化に力を入れている

この乗り入れを行うことで、東急は年間売上高を”がっちり”儲けているのだ。

沿線ごとに車掌が交代?全てのダイヤを管理する運転司令塔が凄い

東急では、東急のほとんどの全路線と「TOBU」「西武電鉄」「東京メトロ」「みなとみらい線」の4路線の乗り入れ分の合計1日約4000本ものダイヤを全て運転司令塔で管理している。

例えば東京メトロ(711)で電車の遅れが発生すれば、東急沿線(59)にもその情報は司令により共有され、変更ダイヤを伝達して調整される。

これにより、遅延によるダイヤの乱れを最小限に緩和させているのだ。

東京メトロを走る路線から東急沿線を走る路線に変更される時、車掌室では何やら運転手の入れ替えが。

東急では、走る路線ごとに運転手も交代している。

乗り込んだ運転手が簡単に運転ができるように各4路線ごとに運転のシステムが切り替えるようになっている。

おしゃれな街づくりに取り組む東急

東急が取り組んでいるのは、鉄道事業だけではない。

新たな事業として力を入れているのはおしゃれな街づくり。

東急が手がける地上230mの展望施設「SHIBUYA SKY」が11月1日(金)10:00から開業となる。

 

新しい取り組みを行う、今後の東急に期待だ。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事