人気記事!!
副業|モーニングコール代行のお仕事の流れから報酬額、メリット・デメリットを紹介していきます
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

朝の時間を活用できる副業として、モーニングコール代行の仕事があります。

ホテルのサービスとしてまず思い浮かびそうなモーニングコールですが、実は毎日の出勤時に寝坊してしまうという人や、今日は出張でどうしても遅刻できない会議がある、そういう人からの需要も大きいです。

このモーニングコールを仕事として行い収入を得るのが、モーニングコール代行です。

  • 朝、短時間で稼げる
  • 自宅で携帯一つで仕事が出来る

上記の2点がモーニングコール代行の魅力としてよく語られるもので、朝の時間を使って稼げるならやってみたい。そういう人も多い事でしょう。

しかし、モーニングコール代行を始めるにあたって、いくつかの疑問は出てこないでしょうか?

  • モーニングコールは何時にかける?1分1秒でも遅れたらダメなの?それって厳しくない?
  • モーニングコールってそもそも何を話せばいいの?何か会話をしなきゃいけない?
  • モーニングコールの電話料金は自腹?経費?
  • モーニングコール用の携帯電話は貸与される?通知設定は?

この記事では上記の疑問を解決し、安心してモーニングコール代行を始める為に、下記の点について解説していきます。

■この記事で解説する事

  • モーニングコール代行の詳しい仕事内容・疑問点の解決
  • モーニングコール代行の給料・勤務時間
  • モーニングコール代行のメリット・デメリット
  • モーニングコール代行に必要なスキル
  • モーニングコール代行の仕事の探し方

この記事を読めば、モーニングコール代行で朝の1時間を使って月収を2万円伸ばす事が可能になります。

目次

スポンサーリンク

モーニングコール代行の詳しい仕事内容!

モーニングコール代行は、朝一人でなかなか起きれない人に電話をかけ、朝の目覚めをサポートする事で報酬を得る仕事です。

  • 就職・転勤で一人暮らしを始めたけれど、朝一人で起きれるか不安
  • 大学の講義があるのに、しょっちゅう寝過ごしてしまう
  • 会議の為に出張してきたけれど、ホテルで一人で起きる自信が無い

上記のような悩みを抱える人は多く、朝電話で、人の声で起こしてほしい。こういう需要は大きなものがあります。

モーニングコール代行で稼ぎたいという人なら朝に強い人が多く、上記の悩みは共感しづらいかもしれません。

しかし、朝が弱い人にとっては、寝坊は深刻な悩みです。

会社に遅刻を繰り返していれば、評価は当然下がります。それに、社会人になって寝坊で上司に叱られるなど、絶対に嫌なものです。

大学の講義に欠席を繰り返していれば単位が取れず、留年になって高い受講料を1年分余計に支払わなければいけません。

朝どうしても起きれない人にとって、モーニングコール代行のサービスは、非常に助かるものなのです。

モーニングコール代行は女性の活躍が大きい!

モーニングコール代行は女性の活躍が大きい職場です。

朝が苦手な人は、目覚まし時計や携帯のアラームをつけていても、なかなか起床が出来ない人です。

目覚ましが鳴っても、無意識にタイマーを消してしまう。

こういった人でも、電話が鳴っているのはそう簡単に無視はできません。

自分のスマホに電話がかかってきているのに、それを確認もせずに無視するというのは、難しいですよね。

目覚まし時計の音や機械音では目が覚めなくても、人の声なら目が覚める。こういった人も多いです。

それに、朝目覚めるなら目覚まし時計や携帯のアラームのうるさい音ではなく、女性の柔らかい声で起こしてほしい、こういう要望は大きいです。

上記の理由から、モーニングコール代行は女性の力が求めらる仕事となっています。

モーニングコール代行サービスによっては、スタッフは全員女性というケースもあります。

モーニングコール代行の仕事の流れ!

モーニングコール代行の仕事の流れは、下記のようになります。

  • 仕事を受ける為にモーニングコール代行サービスに登録
  • 朝何時間働くか、一日何件のモーニングコールをこなすかなどの勤務内容を決定
  • 前日までに依頼者の氏名・電話番号・起床時間などの必要な情報をメールで受け取る
  • 朝、指定の時間に依頼者の電話にモーニングコールをかける
  • 上記を決められた件数繰り返す

モーニングコール代行で働くには、モーニングコール代行サービスに登録するのが一般的です。

求人雑誌やインターネット上の求人サイトでモーニングコール代行の仕事を探しても、募集はなかなか見つかまりません。

モーニングコール代行サービスに登録したら、いつ、何時間働くか、何件のモーニングコールを行うかを決定します。

モーニングコールをかける件数は人にもよりますが、大体10件程度を担当する事が多いです。

勤務内容が決まったら、モーニングコールをする依頼者の情報を前日までにメールで受け取ります。

朝になったら規定の時間に依頼者にモーニングコールをする、後はこの繰り返しです。

依頼者に気に入ってもらえれば継続依頼として指名してもらえる場合もあり、仕事の安定化につながります。

モーニングコールの内容は朝の挨拶+αが基本!

モーニングコール代行の電話は朝の挨拶をし、起床時間が来た事を告げるのが基本です。

モーニングコール代行を行うサービス会社によっては、その日の天気や軽い励ましの言葉をかけるなど多少の違いがありますが、基本的にモーニングコールは1分程度で終了となります。

モーニングコール代行の電話は、長々と続ける必要はありません。

一軒当たりの電話時間は短いので、モーニングコール代行では1時間10件程度のモーニングコールをこなすのが一般的です。

1件1分で済むのならもっと件数をこなせそうですが、次に解説する猶予時間があるので、モーニングコールをかけるのは大体5分から10分に1件というのが基本になります。

モーニングコールをかける時間は10分程度の猶予アリ!

モーニングコールの電話は時間に正確なのが肝心です。

しかし、人それぞれに事情はありますし、イレギュラーな事態も想定されているので、モーニングコールをかける時間には10分程度の幅が認められています。

朝7:00にモーニングコールをする場合、朝6:50から7:10までの間にモーニングコールをする、というのがルールになっていて、朝7:00ジャストに電話をかけなければいない、という訳ではありません。

この時間の幅はモーニングコールサービスによっても異なり、朝7:00のモーニングコールなら6:55から7:05の間、というケースもあります。

猶予時間に違いはありますが、1件のモーニングコールをかけるのに多少の幅は認められているので、1分1秒でも遅れてはいけない、というようなプレッシャーは、モーニングコール代行にはありません。

もしも依頼者がモーニングコールに出なかった場合は?

モーニングコール代行では、依頼者が電話に出ない場合は規定のコール数までは電話に出るまで待つ、という方式が一般的です。

一例をあげると、10回呼び出し音を鳴らし、それでも依頼者が電話に出なければ、一旦電話を切ります。電話を切ったら再度電話をかけなおし、2回目も呼び出しを10回かけ、それでも出ない場合は電話を切り、その依頼はそれで終了となります。

依頼者の都合で電話に出なかった場合はモーニングコールの失敗の責任は問われず、規定の報酬がしっかり支払われるのが基本です。

モーニングコール代行では、依頼者が必ず起きるまで電話をかける必要はありません。

朝の弱い人の相手をするとなると大変そうですが、依頼者を無理やり起こすわけではなく、絶対に起こすまで電話をかけ続ける必要もないので、この点は気が楽です。

モーニングコールをかける電話は貸与されるか自分の電話から非通知で行う!

モーニングコールに使う携帯電話は、貸与される場合と自分の電話を使う場合の2パターンがあります。

自分の電話を使う場合、通話料が自分持ちになる可能性もあるので、この点は事前に確認が必要です。

自分の携帯電話からかける場合、番号は非通知設定でかけるので依頼者に電話番号が伝わる心配はありません。

自分の電話でモーニングコールをかける場合も、プライバシーは保護されます。

一方で依頼者の携帯番号についても守秘義務があるので、モーニングコール代行で働く場合は、守秘義務契約を結ぶ必要があります。

モーニングコール代行は稼げる?

モーニングコール代行の報酬には歩合制と時給性があります。

  • 歩合制の場合、1件50円から150円程度が相場
  • 時給性の場合、900円から1,100円が相場

1日にモーニングコールをかける件数は10件程度が多く、1時間で1,000円の収入になるというのが、おおよその目安です。

モーニングコールの需要は会社・学校のある平日がメインなので、月に22日程度・1日1時間の仕事で、月収は22,000円になります。

モーニングコールの勤務時間は朝4:00から10:00までの間に1時間から2時間程度!

モーニングコールの仕事は朝4:00から10:00までが仕事時間になり、この間で自分の都合の良い時間を指定して、働く事が可能です。

勤務時間は最低1時間程度となっていて、もっと稼ぎたい場合は2時間・3時間と働く事も可能になっています。

モーニングコール代行では基本的に働けば働くほど収入アップになるので、より稼ぎたいのなら長時間働くのがお勧めです。

1日2時間モーニングコールで働けば、日当で4,000円。月22日の稼働で、44,000円の収入になります。

モーニングコール代行は皆勤賞で収入アップが見込める!

モーニングコール代行サービスによっては皆勤賞が設定されていて、無遅刻・無欠勤で勤務していると時給アップなどのボーナスが付きます。

皆勤賞ボーナスがある場合、通常の時給が1,100円なら、遅刻・欠勤無しで時給は1,200円にアップです。

自宅で仕事をするモーニングコール代行で遅刻というのはおかしく感じられますが、指定の時間内に遅れずにモーニングコールをかけていれば、遅刻とはみなされません。

無欠勤も同様で、勤務日にしっかりモーニングコールをかけていれば、問題なしです。

モーニングコール代行は時間厳守なので、皆勤賞でボーナスありという報酬体系になっている場合が多いです。

無遅刻・無欠勤という当たり前の事を続けているだけで評価され、報酬が良くなるというは、モーニングコール代行の魅力的な点になります。

モーニングコール代行のメリット・デメリット!

モーニングコール代行のメリット・デメリットは下記のようになっています。

■モーニングコール代行のメリット

  • 朝の時間を使って副業が出来る
  • 自宅で仕事が可能

モーニングコール代行のデメリット

  • モーニングコールの電話を引き延ばされる場合がある
  • 時間厳守の為に厳しい自己規律が必要

モーニングコール代行のメリット1:朝の時間を使って副業が出来る!

モーニングコール代行の仕事時間は4:00から10:00までが基本で、需要が集中するのは6:00から7:00です。

必然的に、モーニングコール代行の勤務時間は朝になります。

副業というと、どうしても本業後の時間、休日にやる副業が多くなります。

ですが、モーニングコール代行では朝働く事になるので。本業後の時間を確保しつつ、収入アップを目指す事が可能です。

大変ではありますが、朝にモーニングコール代行。夕方にかけて本業。夜にモーニングコール代行以外の副業、というトリプルワークも不可能ではありません。

モーニングコール代行は勤務時間が1時間程度で疲労も少ないので、他に余力を回しやすいのが大きなメリットです。

もちろん、朝はモーニングコールで副業。夕方まで本業でしっかり稼ぎ、夜は稼いだお金で趣味を楽しむというのも可能です。

モーニングコール代行のメリット2:自宅で仕事が可能!

モーニングコール代行は、勤務先へ出勤する必要がありません。

モーニングコールは自宅からかければいいので、通勤の負担がなく、交通費も通勤時間も発生しないのです。

短時間の仕事では、移動に時間や交通費が発生するのは大きなデメリットです。

1時間働くのに通勤に30分かかっていると、通勤時間が非常にもったいなく感じられます。

しかし、自宅で仕事が出来るモーニングコール代行には、この種のもったいなさがありません。

ただし、自宅からモーニングコールをかける際は電話に雑音が入らないように注意が必要になります。

これはモーニングコール代行サービスにもよりますが、電話に余計な音が入るのは禁止されている場合が多いです。

家族と同居している人、ペットを飼っている人がモーニングコール代行をするのなら、静かな環境で電話が出来るように準備しておく必要があります。

モーニングコール代行のデメリット1:モーニングコールを引き延ばされる場合がある!

モーニングコール代行の電話内容は、基本的に朝の挨拶や起床時間が来た事を知らせる程度です。

しかし、依頼者の中には会話を引き延ばそうとする人がいます。また、中には女性相手に個人情報を聞き出そうとする人がいてもおかしくありません。

特に歩合制のモーニングコール代行の場合、件数をこなす事が収入に直結するので、電話を引き延ばされるのは非常に困った事です。

もし無駄に電話を引き延ばされそうになったらどう対処するかというと、電話を切ってしまいます。

モーニングコール代行のマニュアルでも無駄な電話の引き延ばしがあった場合は、電話を切って良いと定められているので、それに沿って対応しましょう。

モーニングコールの目的は朝の目覚めを手伝う事なので、会話するのは業務の対象外なのです。

モーニングコール代行のデメリット2:時間厳守の為に厳しい自己規律が必要!

モーニングコール代行は朝決まった時間に電話をかける必要があり、寝坊が許されない仕事です。

また、声の調子に気を使う必要もあり、体調管理も必要です。

誰も見ていない環境で時間厳守の仕事をしっかりこなすには、厳しい自己規律が必要になります。

モーニングコール代行は在宅仕事ですが、自分のペースで気楽に進められる副業という訳ではないので、この点は注意が必要です。

モーニングコール代行に必要なスキルは?

モーニングコール代行に必要なスキルとしては、やはり朝に強いという点が第一に求められます。

■モーニングコール代行に必要なスキル

  • 朝に強い
  • コミュニケーション能力
  • 自己規律

他人に電話をかけるという点から、コミュニケーション能力。時間を守るという点から、自己規律も必要になります。

モーニングコール代行に必要なスキル1:朝に強い

毎朝決まった時間に苦も無く起きれる人なら、モーニングコール代行の仕事は楽にこなせる事でしょう。

早起きが習慣化していれば、モーニングコールの為に早く起きなければ、というプレッシャーを感じる事なく就寝出来ます。

朝強い人なら、モーニングコール代行の為に生活習慣を変える必要がなく、余計なストレスを抱えずに済みます。

モーニングコール代行に必要なスキル2:コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も、モーニングコール代行の仕事では大切です。

モーニングコールでは、長話をする必要はありません。基本的に決まった事をを話すだけでも、仕事は務まります。

ですが、朝気分の良くなるような明るい挨拶。軽い励ましの言葉をかけるのは、依頼者の心地良い目覚めにつながります。

モーニングコールでほんの少し気づかいの言葉を入れるだけで、依頼者の心象ほ良くなるのです。

朝心地よい目覚めのモーニングコールを提供してくれる人なら、指名による継続依頼の可能性が高くなります。

依頼者の評価が高ければ仕事の安定化、給料アップの可能性も上がるので、コミュニケーション能力もやはりモーニングコールに大切なスキルです。

モーニングコール代行に必要なスキル3:自己規律

最後に、風邪をひいて喉をいためないように体調管理に気を遣うなどの自己規律も、モーニングコール代行では大切になります。

朝寝坊するのは論外ですし、体調を崩して声が出なくなれば、モーニングコールをかける事が出来ません。

咳をしながらモーニングコールをかけるわけにもいかないので、体調を崩せば仕事を休む必要があります。

モーニングコール代行は皆勤賞が設定されている場合が多いので、収入アップの為にも。休まず働ける体調管理が重要です。

モーニングコール代行の探し方!

デメリットの中では触れませんでしたが、モーニングコール代行は仕事の募集がなかなか見つからないという欠点があります。

モーニングコール代行の仕事は、タウンワークやフロムエーなどといった求人サイトで探しても、滅多にヒットしないのです。

ではどこでモーニングコール代行の仕事を探すかというと、モーニングコール代行サービスの募集に直接応募というのが、解決法になります。

残念ながら、モーニングコール代行サービスも常時仕事の募集が行われているわけではないのですが、現時点(2019年10月23日)だとエリアフレンズ・ファミリーロマンスで求人が行われています。

お勧めのモーニングコール代行サービス1:エリアフレンズ

エリアフレンズは創業が1998年で、20年の歴史を誇るモーニングコール代行サービスです。

エリアフレンズ
時給 1,100円~
勤務時間

5:00から9:00の間で最低1時間勤務から

月曜から金曜まで毎日働ける事が条件

応募条件
  • 18歳~45歳位までの女性
  • パソコン(Windows)を所有していて、自分専用のメールアドレスがある事
  • パソコンでのメールの送受信・文章入力が問題なくできる事
  • パソコンのセキュリティ対策をきちんと行っている事
  • パソコンにExcelがインストールされている、または採用後に購入が可能
  • パソコンの画面を見ながら、携帯電話がかけられる環境にある事
  • モーニングコール中に家族の話し声・子供の泣き声・ペットの鳴き声・テレビの音声・大きな雑音などが入ることがなく、静かな環境で仕事に従事することが可能な事

エリアフレンズのモーニングコールスタッフは全員女性で、18歳から45歳までの人が応募可能です。残念ながら男性の募集はありません。

エリアフレンズの給料は時給制で、1,100円からとなっています。エリアフレンズには皆勤賞があり、皆勤手当て込みだと時給が1,200円にアップします。

勤務時間は最短1時間からなので、朝の短い時間だけ働くことがエリアフレンズでは可能です。

ただし、エリアフレンズでは月曜から金曜までは毎日働ける事が条件です。

自分の都合の良い平日月曜だけ、というような働き方は出来ません。

また、応募にエクセルがインストールされたウィンドウズパソコンが必要で、最低限のパソコンスキルも必要になります。

エリアフレンズは採用にあたり電話での研修を実施しており、モーニングコール用の携帯電話も支給されるの、初めてモーニングコール代行の仕事をする人も安心して仕事を始める事が出来るでしょう。

お勧めのモーニングコール代行サービス2:ファミリーロマンス

ファミリーロマンスは結婚式代理出席、家族代行、レンタル執事などの代行業を業務とする会社で、この記事で紹介してきたモーニングコール代行とは少し毛色が異なるモーニングコールサービスを提供する会社です。

ファミリーロマンスのモーニングコールは、「レンタルおはコール」というサービスで、依頼者がモーニングコールする人の年齢・性別・容姿などを指定可能となっています。

また、モーニングコール中のしゃべり方の指定や、彼氏や彼女など役になりきっての電話などがオプションにあるなど、かなり面白いサービスとなっています。

その分通常のモーニングコールと異なり会話時間が最低でも120秒と長く、仕事をする側としては少し大変ですが、代行業に興味があるなら、ファミリーロマンスに登録してみると良いでしょう。

ただし、ファミリーロマンスではモーニングコール代行のみでの登録が可能なわけではないので、その点は注意が必要です。

まとめ:モーニングコール代行は朝の1時間で収入を2万円アップ出来る副業!

モーニングコール代行は、朝一人で起きる事が出来ずに困ってい人にモーニングコールをかけ、電話で起床の手伝いを行う仕事です。

モーニングコール代行は朝の1時間で1,000円前後の収入になり、月に20日働けば、2万円の収入アップが可能になります。

モーニングコールの内容は朝の挨拶程度なので、特に難しいことは求められず、自宅で仕事が可能なのも大きなメリットです。

朝の時間を副業に使えるので、モーニングコール代行では本業後にも自分の時間が確保出来ます。

本業後に別の副業をしたい人、すでに別の副業をしている人。トリプルワークを考えている人にも、モーニングコール代行はお勧めです。

朝に強い人、朝の時間を使って副業がしたい人は、モーニングコール代行をやってみると良いでしょう。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事