人気記事!!
【5分で読める本要約】ロバート・G・アレン|日本人のためのお金の増やし方大全
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

  • あなたはお金の不安を消したいと願っておりますか?
  • お金持ちになりたいと心のどこかで思っていませんか?

 

今回はそんなあなたにぴったりの一冊を今日は紹介していきたいと思います。今回はロバート・G・アレンさんの"日本人のためのお金の増やし方大全"。

お金の不安が消える複数収入源の構築法という本を要約していきたいと思います。

著書のロバート・G・アレンさんは海外で高い評価を受けており、彼は過去40年間ベストセラーとなった著書や国際的なセミナーを通して大勢の人達に経済的な自由を獲得する方法を教えてきました。

今回はそれを日本人がより理解しやすく実践的に活用できるようにと日本人のために書かれた一冊でございます。

まず、この本をめくると各界著名人から届いた本書への称賛の声が並んでいるんですね。例えば、金持ち父さん貧乏父さんのロバートキヨサキ氏や、7つの習慣のスティーブン・R・コヴィー博士など、誰もが知っている世界の名著の著者がこの本を絶賛しているんです。

筆者はまず私たちに次のように言います。お金についての知識や経済的に成功するにはどうすればいいかという生きる上で最も重要なスキルについて私たちは正式な教育を受けていないんだと。

そして、何でこんな一番最も大切なお金について学んでいないのかと。お金は人生において最も重要なテーマの一つでございます。

人生における最も大きな喜び、そして最も大きな落胆のほとんどがお金にまつわることなんです。心に安らぎを得られるか、あるいは常に不安を抱えているかは経済状態をしっかりとコントロールできるか、ということで全てが決まってしまうんです。

想像してください。今あなたが抱えている悩みはお金があれば解決するものがほとんどではなでしょうか。

例えば、仕事に行きたくないよという悩み。それはお金があれば行かなくてもいいでしょう。人間関係に悩んでいるという悩み。それもお金があれば嫌な人間なんて一生関わらなくても良い。将来が不安であるという悩み。それもお金があれば大抵解決するでしょう。

どうでしょうか。このように考えれば私たちが抱える不安や悩みといったものはお金がないことから生じているということが分かるでしょう。世の中には金持ちと貧乏人がいますよね。

ところが金持ちは貧乏人と比べて何も100倍多く働いているわけでもなく、100倍頭がいいわけでもありません。彼らも貧乏人と同じ人間です。

では、なぜ彼らはお金持ちでいられるのか、それは単に彼らがゲームのやり方を心得ているだけだからです。特にめちゃくちゃ頭がいいわけではないんです。

資本主義はいうならばマネーゲームです。

そのゲームのルールさえ知っていれば勝つことができますが、知らなければ敗者となってしまうんです。マネーゲームに勝つために必要なのはマネーゲームのやり方を知ることです。

スポンサーリンク

お金に対する考え方を根本的に変えよう

まず私たちがお金持ちになるために最も重要なことは、お金に対する考え方を根本的に変えることでございます。皆さんは今お金をどのように認識しておりますか。

目の前にある100円玉には100円の価値しかないと思っていませんか。1ドルの紙幣は1ドルの価値しかない、とそう思っていませんか。

成功する人はお金を単なる紙切れや、そこに書かれた数字の価値しかない、なんて思っていません。それを種とみなすんです。やがて、金の成る木へと成長して自らの夢を残らず実現させるための実をつける。

そんな種とみなすんです。全ての1ドル紙幣はその一枚一枚がお金のなる木の種でございます。小さなどんぐりの中に巨大なカシの木に成長するパワーが備わっているように、一枚の1ドル紙幣には巨大なお金のなる木へと成長する力が込められているんです。

どんぐりを潰してしまえば中にあるカシの木の種も死んでしまうのと同じように、あなたが1ドルを無駄遣いするたび将来大きな果実をもたらしてくれるお金のなる木の種を潰していることになるんです。

だからこそ、一つ一つのお金のなる木の種を大切に守るということがとても重要になってくるんです。要するに目の前の100円は今使ってしまえば100円の価値しかないが、それは将来100円以上の価値になるということでございます。

1日100円でもいい、1,000円でもいい、このように小さい額でもいいからコツコツと毎日投資し続けると複利と利率の力によってお金はどんどん増えていくんです。

例えば、1日100円を66年間複利で貯金した場合、利率が5%なら総額はなんと1,930万円。利率が10%なら2億7000万円になるんです。

たった1日100円でもそれを66年間続け、5%か10%の利率で回し続ければこれだけの額になるんです。これが複利と利率のパワーでございます。

66年も待てないよう、という人は1日1,000円貯金してください。できる人は1日2,000円、3,000円と貯金額を増やしてください。

そうすれば、もっともっと早く将来大きな富を手にすることがあってきます。アインシュタインは複利のことを宇宙最強の力であると呼んでいるんです。

それほど強力な複利と利率のパワーを活用しない手はないんです。そのパワーを使うために必要なのは根本的に100円に対する態度を変えることでございます。例え、どんなに少なくとも月3,000円は私たちは貯金できるはずです。

やがてこれを月1万円、2万円、3万円、あるいはそれ以上に増やしたくなるでしょう。多ければ多いほどお金のなる木の成長も早くなり、あなたの経済的独立は早く達成できます。

ここで強調しておきたいのは100円を使うたびにそれは将来の1万円を潰しているということを認識せよ、ということであります。

100円使うたびにあなたの経済的独立が遠のいていくんだ、ですから、今日から100円に対する態度を変えましょう。だって複利の力を生かせるかどうかで人生は決まってしまうのだから。それを活用できるかどうかは僕らが今貯蓄できるかどうか次第なんです。

複利という宇宙最強のパワーを使わないのはもったいなすぎると思いませんか?

そうは言っても長期にわたって毎日少しずつコツコツ蓄えていくという自制心をほとんどの人が維持することができません。

誰もが億万長者になれる可能性を持っているのにその可能性を潰してしまうんです。また、例によっていつまでもぐずぐず始めるのを先延ばしにするんです。そして、物事を先延ばしにすることのツケはめちゃくちゃ大きいということを知っておいてください。

1日先延ばしする事に1時間先延ばしする事に将来のお金を捨てていることになるんです。だから今すぐ始めましょう。

そして継続的に続けようと筆者は言います。一秒でも早くお金のなる木の育てを始めるんです。例えば世界一の投資家ウォーレンバフェットは100円でさえもお金を失うことを何より嫌うんです。

それはバフェットが失われた100円の未来の価値をよく知っているからでございます。彼にとって今日100円失うことは将来の10万円、100万円、1000万円を失うことを意味するんです。

この小さなお金に対する態度を変えるということがお金持ちになるために絶対に必要なんだと本書では繰り返し強調されております。

100円に対する態度を変えることで私たちのお金持ちへの道は初めて開かれるんです。私は今の100円は100円の価値ではない、将来の制限1万円ときには10万100万円の価値になるんだということを知れただけでも本書を読んだ価値があると思いました。

では、お金に対する意識を変えてもらい皆様がお金持ちになれる前提が整ったところで次にやるべきことを申し上げましょう。それはお金が入ってくる収入源を増やすこと。そして漏れ穴を防ぐことでございます。

よくわからないと思うのでここで水を貯めるための池を想像してみてください。

この池を水で溢れさせる方法は入ってくる水の量を増やし、かつ池の漏れ穴を防ぐことでございます。これと同じことがお金についても言えるんですね。あなたの富を貯める息を溢れさせるには収入の流れを確保し、かつその池の漏れ穴を防ぐことでございます。

ほとんどの人は主な収入源となる収入の流れを日本は持っております。それは自分たちの仕事でございます。その収入は私たちの人生の富を貯める池に流れ込みますが、その池には漏れ穴があって、お金はそこから流れ出て行きます。

ほとんどの人は稼いだお金を全て使ってしまうんです。だからあなたの富を貯める池をいっぱいにするにはその池に流入する収入の数を増やすこと。つまり、複数の収入の流れを作ることと同時に漏れ穴を防ぐことでございます。

まずは流入する収入の数を増やす前にあなたの池の漏れ穴を塞ぐ方法から見ていきましょう。

どんな漏れ穴が考えられるのでしょうか。代表的なものは家賃・車・保険・税金・娯楽費・借金などでございます。これらの穴を塞いで行かなければなりません。

具体的な言葉で申し上げてみましょう。金持ちになりたいなら

  • 車を持たないでください
  • 保険を見直してください
  • 税金をより少なく払う努力をしてください
  • ブランド品を買わず無印良品を買いましょう
  • 外食をやめて自炊しましょう
  • スポーツクラブに通うんじゃなくて近所の安い市民のジムに通いましょう
  • 家賃を低く抑えましょう
  • 通信費を抑えましょう

 

このようにしてあなたの富の池から流れ出る水を防がなければなりません。金持ちになりたいのならば今日から実行して欲しいんです。

筆者は次のように言います。貯蓄したり生活費を切り詰めたりする話は楽しいものではない。しかし、何らかしらのレベルで経済的な成功を収めたいと思うのならば、これらのスキルや習慣を生活の一部にしなければならない。

問答無用である算数が苦手だとか、大学を出ていないとか、家計簿の収支の管理は嫌いだとか、時間がないとか人生は短いんだから、楽しめるうちに楽しむべきだ、とかそんな台詞は一切聞きたくない。

要するにあなたが今どんな状況であれ金持ちになりたいのならばこの漏れ穴を一刻も早くふさがなければならない。

簡単な言葉で言うなら無駄遣いを止めて、お金を貯めなければならないということでございます。

もちろん無駄遣いを止めてお金を貯めるなんてあらゆるお金持ち本に書いてあることなんですが、この本の良いところはまず最初に私たちのお金に対する根本的な認識を変えてくれたことでございます。

100円に対する態度を改めようということを複利や利率のパワーを使って説明してくれました。だから、私たちのマインドは今目の前の100円を大事にするようにと変わってきているはずです。そんな私達なら無駄遣いを止めてお金をためるという意味が他の人よりも深く理解でき実行しようとするモチベーションが高まっているのではないでしょうか。

では、代表的な漏れ穴を塞いでいただいてお金を貯蓄するということを解説してきました。次にやるべきことは収入を増やすことでございます。具体的に言うなら複数の収入の道筋を作ることであります。

あなたの池に複数の入り口からお金を注入する方法を学ぶことでございます。そして、この収入の流れを作る上でめ大事なのが収入の流れには2種類あるということを理解することです。

収入の流れには、

  • それきり型
  • 一生型

 

の二つがあるんです。まずは、自分が今得ている収入がどちらの型なのかを知ることからすべてが始まります。

次の質問に答えていただくことであなたの今の収入がどちらの型なのかが分かります。

では質問します。

働いた一定の時間に対し何回報酬が支払われますか?1回だけという答えならあなたの収入はそれ切り型でございます。

例えば、給料はそれきり型の収入です。一つの努力に対し報酬が支払われるのは一回だけで職場に行かなければ給料ももらえません。

逆に一生型の収入は一度一生懸命働けば、何ヶ月も時には何年も安定した収入が入り続けます。一つの努力に対して何度も何度も支払いが受けられるんです。

代表的なのは本の印税でございます。確かに本を書いている間は一銭も入らないのでマクドナルドで働いているアルバイトの人の方がお金を稼いでいるでしょう。

しかし、一度本を書いてしまえば一生あなたに印税が入るんです。ですから私たちは、収入の新しい流れを作る時にこの一生型の収入の流れを作らなければならないんですね。

一生型の収入の代表的なものには次のようなものがあるんです。

  • 本の印税
  • DVDの印税
  • クリエイターの著作権使用料
  • フランチャイズの販売手数料
  • 保険代理人が売る一生型の契約
  • 証券業者が売る一生型の商品
  • 企業家が得るビジネス収入

筆者はこのより今からあなたが新しい収入の流れを作る時は絶対に一生形のものを選べと強調しております。

まとめ
  • 金持ちは目の前の100円を100円とは見ていない。やがて金のなる木に育つ種とみなしている。
  • 複利と利率のパワーによってコツコツ投資することを継続できれば私たちは誰もが金持ちになれる。だから、目の前の100円に対する態度を根本的に変えなさい。

  • 態度を変えた上で金持ちになるために絶対にするべきことが二つある。
    ①無駄遣いをやめて貯蓄すること
    ②複数の収入の流れを確保すること。

  • 収入の流れには"それきり型"と"一生型"がある。
    あなたが新しい収入の流れを作る時は絶対に一生型のものを選ばなければならない。つまり、休みの日にアルバイトをするようなそれ切り方の副業をしていては駄目だということでございます。

どんな収入の流れを作れば良いのか

まず紹介したい筆者が推しているものは株式投資でございます。

株式投資というと難しそうだ、という方も筆者はとてもシンプルな方法を提案してくれているので大丈夫でございます。確かに株式市場には何千を超える個別銘柄があり、株でお金を儲ける方法は気が遠くなるほどたくさんあります。

ファンダメンタル分析を用いるべきか、テクニカル分析を用いるべきか、知らなければいけないことは無限にあるでしょう。しかし、そんなことを知らなくても継続的に利益を上げるための重要な鍵となる知識はほんの少ししかないと筆者は言うんです。

具体的に私たちが知っておくべきポイントは次の3つだけでございます。

  1. どの株を買えば良いか
  2. いつそれを買えば良いか
  3. いつそれを売れば良いか

要するにどの株を買うか選別して、買うタイミングと売るタイミングを押さえておけばいいんです。

では、先に結論を申し上げておきましょう。知っておくべきこの3つのポイントに筆者は次のように答えております。

  1. どの株を買えば良いのか?
    →筆者はすべてであると答えている
  2. いつそれを買えば良いか?
    筆者は今すぐであると答えている
  3. いつそれを売ればよいのか?
    筆者は10年から25年後であると答えている

 

どの株を買えば良いかについて筆者は市場というのは絶対に読むことができないと断言しております。だから、株を買いたいなら全てまるごと買いなさいと僕らに言うんですね。

長期的に見れば市場全体は上がり続けていくはずでございます。だから、丸ごと買えというわけでございます。具体的にはS&P500のようなインデックスファンドを購入するんです。

投資の神様ウォーレンバフェットも株で儲けたいならインデックスファンドを変えと主張しているんです。自分が死んだらほとんどの資産をインデックスファンドに注ぎ込むようにと遺言を残しているほどだそうです。

そして、いつそれを買えば良いのかということについては買うのが早ければ早いほど投資期間が長くなるので今すぐ行ったほうが効果は高いんです。

筆者は毎月の貯金の50%をインデックスファンドに回しなさいと主張しております。これを毎日欠かさず一生続ければ勝手にお金持ちになれるでしょうと主張しているんです。

毎月一定額を長期にわたって買いなさいと言うんです。

これはドルコスト平均法と呼ばれる方法で、一気にドカンとインデックスアンドを買うよりもリスクが分散されていてより安全な投資法になります。

そして3つめのいつそれを売ればよいのかということについてですが筆者は10年後から25年後と言うんですね。

なぜなら長期にわたって投資するほどリスクは小さくなるからであります。株価のグラフを見ると上がったり下がったりしておりますが、長期的に見れば右肩上がりというのが今までの市場の傾向なんです。

例えば、1年後には下がっているかもしれないが10年後で見ると必ず上がっている。そんな感じでございます。だから、具体的には10年から25年ほどインデックスファンド買い続けていればほぼ確実に勝てるそうです。

ちなみに投資の神様ウォーレンバフェットは私が一番好きな投資期間は永遠ですと答えているそうです。

まとめ

今すぐ毎月の収入の50%をドルコスト平均法でインデックスファンドぶち込め。そして10年から25年後に売れ

筆者は市場というのは絶対に読むことはできないから株ついて一般人が勉強するというのは時間の無駄であり、この知識だけを抑えてただ投資すればいい、そうすれば勝てると言っているわけですね。

ただ注意してほしいのは筆者が入っているインデックスファンドというのは海外のもので日本のものではないということであります。

情報ビジネスによる

次に筆者がオススメする、絶対に作るべき収入は情報ビジネスによる収入でございます。筆者は世界最高のビジネスは情報を売ることであると断言しているんです。

情報を売ることのメリットを少し上げてみましょうか。

  • 世界中に際限なく市場が広がっている
  • 人々にリーチするのが簡単である
  • 作るのにお金がかからず簡単にテストできる
  • 利益率が高い
  • 社会的需要が高い
  • 情報ビジネスで成功すればステータスが高くなる

 

例えば、「私は作家です」といったふうにステータスが上がるんです。

特に大きいのは作るのにお金がかからないということでございましょう。ブログを書くのもYouTubeを撮るのもKindleの本を出版するのも有料ノートを売るのも全て情報を売っているわけなんですが、これには元手がかかりませんよね。

さらに情報というのは在庫もありませんからリスクも少ないんです。そうは言っても情報を売るのなんて難しそうだと思う人がいると思います。筆者はそんなん私達に向けて情報を売りたいのならば、次の3つの重要なスキルを身につけようと言います。

  1. ターゲットを見つける
  2. エサを与える
  3. 生涯続かせる

それぞれ具体的に説明してみましょう。1つ目のターゲットを見つける、とは言い換えると植えた魚の群れを意見するということでございます。

具体的には何千年も変わらない人間の欲求をターゲットにするのが良いです。それは例えば、お金・健康・人間関係・セックスなどがございます。

2つ目のエサを与えるについては非常に魅力的なエサを作るということでございます。

例えば、人々の悩みや問題を解決する情報を売る、例えば個人で稼ぐ方法といったお金という人間の欲求をターゲットにした問題解決の情報などが考えられるでしょう。

そして3つめの生涯続かせるについてはこれは長期にわたる顧客を確保することだと言い換えられます。

一度あなたの情報を買った人は、あなたの次の情報にもお金を払う可能性が圧倒的に高いので顧客を満足させる情報を売り続けて長期的な関係を築くということでございます。

あなたが情報を売りたいと思ったらこの3つのスキルを磨くことが重要になります。まず、どんな情報を欲している人たちがいるのかというターゲットを見つけてください。

飢えた魚の群れを見つけてください。それが見つかったら自分の実力を最大限に発揮して魅力的なエサを作って下さい。そして、一度エサを作って終わりではなく、しっかりと情報を出し続けることによって顧客との関係を生涯続けてください。

情報を得るとはオリジナルのデジタルコンテンツを作ってそれを売るということでございます。

現在は様々なプラットフォームが出てきてくれたおかげで普通の一般人が情報を売ることがますます容易になっています。

一般人が書いた有料ノートがバカ売れして、月収500万円なんて話は結構聞きます。

別にその人は文章を書くのが好きというわけではなくて、ちゃんとターゲットを見つけてそのターゲットに向けて有料ノートを作ることでお金を稼いでいました。

確かに情報を売るのは最初は難しいとは思います。しかし、デジタルコンテンツを作るのにはお金がかかりませんから別にそれが売れなかったとしてもこっちとしては何の損失もありません。

もしあなたがあるターゲットに向けてデジタルコンテンツを作ってそれが売れなかったとしても、また別のターゲットを想定してその層に向けて情報コンテンツを作る、これを何度も続けていればいつか当たる可能性は高まるでしょう。

繰り返しますが現代は自分で作った元手のかからないデジタルコンテンツを一個人が得ることができる恵まれた時代でございます。

昔ならば一個人が情報を売ろうと思ったら、出版社を通して本を出版するとか、テレビに出演するぐらいしか方法はなかったんです。

しかし、今はやろうと思えば今すぐあなたはデジタルコンテンツを作成し情報を売ることができます。この動画を見たことをきっかけにロバート・G・アレンが世界最高のビジネスであると断言する情報ビジネスに少しチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事