人気記事!!
【5分で読める本要約】サチン・チョードリー|これからの時代のお金に強い人、弱い人
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

お金も持ちになった人、ビジネスに成功した人、幸せそうな人に共通することそれはパッション。つまり情熱をもって生きているということです。

毎日を一瞬一瞬を大切にしてこうしたい、こうするぞ、これをやってみよう、面白がってやろうという情熱を持って取り組むのです。

するといろのなことが楽しくなり、いろのなことがうまくいくようになり、周りに人が集まりお金が集まるようになります。

なんとなく「お金が貯まればいいな」とか、「可能ならば、できることなら」と思っている人と「本気でお金持ちになりたい、本気で資産を作りたい」と思っている人を実現性が高いのは言うまでもなく後者です。

では仕事に対して、お金に対して人生に対して情熱を持てるようになるためにはどうすればいいのでしょうか。

日本で大成功されたインドの方であり、多くの成功者や大富豪を知り多くのお金に強くなれた人、育成されてきた著者のチョードリーさんの教えをこれから紹介します。

今回は起業コンサルタント、アドバイザーであり経営者のサチン・チョードリーさんの"これからの時代のお金に強い人弱い人"を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

お金持ちは情熱をもって生きている

パッションを持てる人とそうでない人の違い、それはその意識と行動にあります。

「お金持ちになれたらなぁ」となんとなく期待している人はお金が増えることを考えます。

お金持ちになりたいと本気になれる人はお金を増やすことを考えます。

つまり、お金に強くなれる人は自ら動こうとします。いつまでもお金に弱い人は「もしかしてうまくいったらいいな」とその考え方自体が運任せ、何時でも人頼み、神頼みなのです。

その考えは自分の未来を他人に売り渡しているようなものです。情熱的になることはまず難しいでしょう。情熱を持って生きることができるかどうかは自分の選択次第なのです。

自分でハンドルを握り人生という電車の運転手として生きていくのか、それとも人生の運転を他人に任せ電車の乗客として生きていくのか。どちらを選ぶでしょうか。

運転手として生きると決めたら行き先も心地よいスピードもどこに停車していくか何分に泊まるのか誰を乗せるのか全て自分で選択することができる決めることができます。

自分の足で生きている人は自分で考えて行動し選択し前に進のでいくので自分に自信が持てるようになります。自分を信じることができるようになります。

お金持ちになるかならないかも自分で決めることができます。一方で乗客になってしまったら行き先もわからないまま誰かに連れて行かれてしまうだけです。

自分のために走行のペースを調節してもらえません。知らない乗客だって嫌いな乗客だってたくさんのってきてしまう。

自分で考えて自分で選ばず、いつも何となく行動している自分が他人任せで生きていることにも気づいているため地に足をつけようがないのです。

なんとなくうまくいって生活できているので多少自信はあるかもしれませんが、どこかで自分を信じていないのではないでしょうか。

それでは良い結果を生み出すことは難しいでしょう。

そして、他人に任せて失敗をした時、あなたには「こんなはずじゃなかったな」とか「もっとこうなることを期待していた」という後悔が残ってしまいます。

すぐにはできないかもしれないし、不安も残るかもしれませんが、ほんの少しでも生きていく姿勢を変えてみましょう。

人任せにするのはもう終わりだ人任せにするのではなく、自分でやっていくのだ、全て自分で決断していくのだ、と気づくだけで人生は変わっていきます。

誰かに任せたり、なんとなく生きるよりも自分で選び自分で決めて生きていく方がはるかに毎日が充実するはずです。

まずはこのようなマインドを持っていきましょう。

まとめ
  1. お金に強くなれる人は自ら動こうとする。一方でいつまでもお金に弱い人は「もしかしてうまくいったらいいな」と運や神に頼り、人任せにしている。
  2. 情熱を持って生きることができるかどうかは自分の選択次第である。地に足をつけ自分の足で生きていくか、他人が操縦する人生の乗客として生きていくかは自分で決めることができる。毎日をより充実させたい人には勇気を出して前者になることをお勧めする。

お金に強くなれた人々の共通点、学び編

スポーツであれ仕事であれ結果を出す人と出せない人がいます。当然お金に関してもお金に強くなれた人と弱いままの人がいます。

つまり、別にお金に限った話ではなくてどのな物事にしてもうまくいく人には決まった共通点があります。

それは素直に学んでいるということ。そしてそれをコツコツと継続しているということ。お金に強くなれた人々はおかのに対して素直に学び続けることができた人々なのです。

最初から詳しい知識があるわけではありません。やったことがないことをいきなり上手くできるわけもありません。

誰でも最初は学ぶことから入って練習や経験をコツコツと積み重ねスキルを徐々に上げていくのです。

天才と呼ばれる人たちであっても最初は学びから入るのです。しかし、お金については学ぶ、練習する、経験を積むといった発想を持たない人が多いと思いませのか。

何も学ばなくてもプロのようにうまくできると思い込のでいるのです。それでは躓いてしまったり失敗してしまうのも無理はないでしょう。

多くのお金持ちの人達はとてもよく勉強しています。例えば、お金について、金融商品について、マーケットについてお金に関する様々なことに精通していて日々学びを継続しております。

彼らに共通している強い認識はお金を得るにはお金の勉強をしなければならないということ。

そして、その勉強のためにはお金が必要であるということです。お金に強い人たちはそれを理解しているのでお金の勉強のために惜しみなく勉強代を払います。

一方でお金に弱いままの人たちはお金の勉強をするためにお金を払うという事もそもそもお金の勉強をするということ自体も考えていない人がほとんどでしょう。

セミナーや塾などにお金を払えるほど余裕がないという人もいるかもしれません。しかし、お金をたくさんかけなくたっていい勉強法があるのです。

例えば本を読むそれだって立派な勉強です。電子書籍や中古本ならば比較的安く手に入れることができますし、図書館を活用すれば無料で済みます。

その中の一冊があなたの人生が変わるきっかけになる可能性だってあるのです。

なんとなく暇だからといって飲みに行くお金であって、本は何冊だって買えるのです。忙しい人でも本なら通勤中の電車、休憩時間、寝る前など、10分でも15分でも読むことが可能なはずです。

わずかな時間でも習慣化できれば勉強を継続できているのです。勉強を継続し学んだことを実践していく中で思うようにうまくいかなかったとか、結果が出なかったと言った辛い経験をすることもあります。

その経験をどう捉えるかでもお金に強い人弱い人で下がっている傾向にあります。お金に強い人は起きていることを素直に認めて素直に学ぶのです。

決して誰かのせい何かのせいにしません。その結果を受け入れ、また学ぼうとします。

例え、うまくいってもたまたま今回は運が良かっただけであると謙虚な姿勢で受け止め、これまで通りコツコツと淡々とまた学びを続けるのです。

うまくいっている人達は基本的に謙虚であることが習慣になっているのでそれだけ学びの姿勢が強いのです。

お金持ちになりたいのならば絶対にやった方が良い学びがあります。

それはお金持ちに学ぶということです。うまくいく人はこのように考えます。この人がこうできるのなら自分も同じようにやればきっとうまくいくはずだ、だから頑張ろうとは自分の周りにいる優秀な人間からでもいいですし、本から学のでも良いでしょう。

ライバル心や競争心というよりもお金持ちからワクワクする刺激を受けて自分もあんな風になれたらいいなと自分ももっと挑戦して人生を変えたいなーと考えるのです。

お金に弱いままの人はプライドかあるいは嫉妬心の邪魔があってのことなのかそれを素直に実行することができません、お金持ちになるための絶好の学びの機会を活かせないのです。

本心ではやらなきゃいけないというのは分かっているし、実行した方が良いと分かっていながらもどうしても嫉妬してやる気がなくなってしまう。

お金持ちの話なのて聞きたくないよとそんな人もたくさんいるかもしれません。

しかし、それは嫉妬を自分がアクションを起こしたくない言い訳にしているという風にも考えられます。

そして、何もしないわけですから当然何の変化も得ることができません。お金持ちに対して嫉妬してしまい彼らから冷静に学ぶことができない人はその心を好奇心に書いて彼らを見つめ直してみることをお勧めいたします。

リッチな暮らしとはどういうものだろうか、どんなスケジュールで彼らは毎日を過ごし、どんな家に住み、どんなものを食べているのか知ってみたいといった具合に素直に好奇心をもって彼らを眺めてみるのです。

そこから、そのような生活をするにはどうすればいいのだろうとイメージを膨らませて全て自分ごとに落とし込のでみてください。

嫉妬するのじゃなくてただ彼らのうまくいっている部分を盗めばいいのです。

そのようにしてもっとこうなりたい、このままで人生を終わらせたくないという飢餓感を自分の中に植え付けることができれば良い。その飢餓感がお金持ちになるためのモチベーションをあなたの心に巻き起こし、あなたの学ぶ姿勢を変えていくことでしょう。

まとめ
  1. お金に強い人はお金の学びにお金を使い、素直に学び続ける。うまくいかない時は素直に受け入れ、うまくいったらたまたまラッキーだったと考え強い学びの姿勢を崩さない。一方お金に弱い人はお金の学びにお金を使わず、そもそもお金について学ぼうとしない。
  2. お金持ちになりたいならばお金持ちに学ぶべきである。
  3. お金持ちに対して嫉妬してしまい彼らから冷静に学ぶことができない人はその心を好奇心に変えて彼らを見つめてみることから始めよう。

お金に強くなれた人々の共通点、行動と習慣編

著者がお金に強くなれた人々を見ていると行動や習慣に共通点があるといいます。

それは主に次の2つです。

  1. お金をとても大切に扱うことが習慣になっている。
  2. 運が味方につくような行動をしている。

彼らはお金そのものだけではなく、財布の形や扱いも大事にしています。

まず、財布はお札を折り曲げたくないという気持ちから長財布を使っている人が多い。

お札をお財布にしまう時もガサガサと荒くしまったりお札を折り曲げたり、クシャっとさせないようにとても丁寧に入れます。

財布をパンパンに膨らませたりせず放り出したり投げたりという扱いも絶対にしまん。

財布をカバンにしまう際ももちろん丁寧に行います。私たちの生活は、結局何を言ったところでお金に支えてもらっていることは間違いありません。

お金やお金のお家になる財布を雑に扱うことはやめましょう。

お金なしでは私たちは生きていけないのですからお金を神様のように大切にして毎日しっかりと感謝の気持ちを持つことが重要です。

なぜならあなたがそうしないのであればお金は優しく大切に扱ってくれる人の方へと逃げていってしまうからです。

インドでは足を置く場所には財布を置くなとよく言われるそうです。本も同様で財布や本が入った鞄も近づけないのです。

道路に落としたりしたら謝ったりするそうです。自分のお金や知識を得ているものに感謝し、大切にするということ。これはお金持ちになるまでのステップとして身につけておいた方がいい習慣です。

さてこのように共通点の一つ目としてお金をとても大切に扱うことが習慣になっている。

これに加えてもう一つ共通点があります。お金持ちになるもう一つの要素として運がよいというものがあります。

普段から運を味方につけるような行動を心掛けるべきなのです。

運を引き寄せる具体的な行動はいったいどのようなものなのか。まず挙げられるのは家が綺麗に片付いているとことです。

例えば、家の玄関が汚いとお金はそこを通りたいと思うでしょうか。これは自宅だけではなく職場も同じです。

入り口はいつでも神様が安心して入ってこられるように綺麗な道にしておくべきなのです。玄関だけでなくもちろの家の中もトイレも、くまなく綺麗にしておきましょう。

こう言うと、こんなことがお金と関係あるのか、と思った人もいるかもしれませのが、ではお金持ちの家を想像してみてください。

汚くて散らかっている家が思い浮かぶでしょうか。おそらく違うでしょう。家をきれいにすることによってこれからお金持ちが住む家になる準備をするのです。

また、清潔にしている身なりをちゃんとするということも意識しましょう。お金の気持ちになってどのような人に自分すなわち、お金を使って欲しいかどのような人のお財布や家に行きたいかを考えてみるとあなたが取るべき行動がわかってきます。

まだ、運を引き寄せるために著者が大切にしていることがあります。

それはお金持ちになった人、成功した人の運をもらうということです。そのためにできることが彼らの行動や思考を真似して実践してみるということ。

そういった人たちと常に行動を共にし、学べると良いと思いますが、そのなお金持ち知り合いにいないよという人でも大丈夫です。

本があるのです。本をたくさの読み成功者が習慣にしている行動や思考法をしっかりと理解して大切な知恵としましょう。

それらを実践しているうちにあなたにも成功者に近づくツキが舞い降りてくることでしょう。

本を乱暴に扱わないという先ほどの話にも納得がいきます。運が味方についている成功者が実践していることの一つに感謝をするということが挙げられます。

お世話になった人に育てて支えてくれた親に自分まで命を繋げてくれた子先祖様にそして神様にも感謝します。それよりお金持ちや成功者の多くは神社に参拝することを大切にしております。

初詣の時だけではなく、1年中頻繁に神社を訪れているそうです。著者も初詣の他に少なくとも3ヶ月に1回は決まった神社に訪れているそうです。

ちなみにお金に強くなれた人は、神社へお願い事をしに行くということをしません。

自身の健康や躍進、自分の周りで起こっている様々な良いこと、毎日を無事暮らせていることなどに対して神様にお礼に行くのです。

神社に行くことが習慣になると素晴らしいことがたくさん起こるそうです。

心が浄化され清々しい気持ちになるとともに、正しいことをしよう、いい加減なことはしてはいけないと謙虚な姿勢になれます。

そして、常に感謝の気持ちを持っていることになります。そのな風になれるからこそ神社の神様がお金持ちや成功者を頻繁に呼び寄せているのかもしれません。

これまで初詣の時くらいしか神社の参拝に興味がなかった人も神社を参拝する目的がお願い事を伝えに行くことだった方も今度は神様にお礼を伝えに行ってみてはいかがでしょうか。

著者が運営する投資アカデミーににてm著者が1000人以上にあって発覚した運の良し悪しを決めるわずかな差があるそうです。

お金に強くなれた多くの人は自分は運がいいと言っているのに対して、お金に弱いままの人は自分に運がないと言うのです。

実は運がいいという人は自分は運がいいと思い込のでいるのです。そして、運がないという人は実際には決して踏のでもないのに自分には運がないと思い込のでいるのです。

つまり、その人の持つ意識次第でも運の良し悪しというのは決まります。運がいいのか悪いのかは自分で決めていたのです。

今度は運の立場になって考えてみましょう。

運が近づきたいと思う人は自分は運がいいと思う人なのか自分は運が悪いと思っている人なのか。前者は運を味方につけやすく後者には運はもちろんお金も近づきたくないでしょう。

自分は運がいいと考える人は色々な物事をよりよく捉えることができますから何かが起きたときでもポジティブでいられます。

この僅かな意識の差が運を味方につけられるかどうかを分けてしまうのです。

自分はついているとか、自分はラッキーだと普段から口に出していう癖をつけましょうと教えられたことがある人もいるかもしれません。

私はお金に強い方がそのように言っているのを聞いたことがあるのですが、やはりその意識は大事なのだと改めて思いました、

あなたは今の仕事をどのように思っているでしょうか。ズバリ今の仕事が好きですか。

これはデータに表れていますが、日本人は仕事に満足しているという人が少ないそうです。さらに有給休暇も取れていないし、生産性も低い幸せそうだという印象ではありません。

お金に強くなれた人はそれとは対照的で自分の仕事を好きだと感じ、満足しております。

それは自分が好きなことを仕事にできているからであるとか、誰もが憧れたり羨むような仕事だからということではありません。

職業は関係なく意識が違うというだけなのです。これより意識の差は知らず知らずのうちに日常的なあらゆるものに影響を及ぼしていくのです。

また、お金持ちは働かずにバカンスを楽しんだりして優雅な毎日を送っているというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際はそのなことはありません。

実は多くの成功者や大富豪はバリバリ働いています。

休日が決まっておらず平均的な会社員よりも忙しいという人も結構いるでしょう。

しかし、それを苦に思わないのです。なぜなら彼らの多くはスポーツでもするかのごとく、楽しく仕事に取り組のでいるからです。

一生働かなくても暮らしていけるだけのお金は十分にあるのにみんな仕事を辞めないのです。それは仕事が面白いものだからなのです。もっと言うとお金のために働いていないという印象だそうです。

辛いけれどお金のために嫌々働いているというお金持ちはおそらくいないのではないでしょうか。

仕事を楽しんでいるから仕事が成功する、仕事が成功するからお金が入ってくる、お金が入ってくるとお金持ちになれる。

極めてシンプルな考え方ですが、これが間違っていると思う人はいないでしょう。仕事はうまく行った方がいいのですから、好きになって楽しく取り組むほうがいいのです。

もちろん、辛く感じないように手を抜いてほどほどにやれとを言っているわけではありません。お金持ちは色々な面で努力することを欠かしません。努力なしではお金持ちにはなれないのです。

だからこそ努力をしている彼らは自分がお金持ちになれるのは当然だと思っています。

仕事を好きになり、努力は怠らない。そして、自分は運がいいと思い込むこと、そういった意識が運を味方につけることに繋がっていくのです。

まとめ
  1. お金に強い人はお金をとても大切に扱うことが習慣になっている。そして、運が味方につくような行動をしている。お金や財布を丁寧に取り扱い、自宅や職場はいつでも神様が入って来れるように常に綺麗にしておくこと。
  2. 運を味方につけることも大切。常に感謝の気持ちを持ち、初詣以外でも神社に参拝し神様にお礼を伝えよう。また、自分は運がいいと自分で思い込むことで、あらゆる物事をプラスに捉えることができるようになり運を引き寄せることにつながる。
  3. お金に強い人はついた仕事を好きになろうとする。楽しみのために働きお金持ちになれるのは当然だと思っている。一方でお金に弱い人は好きなことを仕事にしようとする。お金のために働きお金持ちになりたいと思っている。

なぜお金持ちはテレビをほとんど見ないのか

あなたは職場から帰宅してすぐにテレビをつけていないでしょうか。例えば、上司に叱られた日、クライアントに怒られた日、そんなちょっと落ち込むようなことがあった日は特にバラエティ番組などを見て楽しい気持ちになって現実逃避をしていないでしょうか。

テレビは一方的に笑わせてくれて共感させてくれて慰めてくれて感動させてくれる。そんな居心地がいいテレビこそが現実から逃げ出したい時に頼れる存在であるという人はたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、世界のお金持ちはテレビをほとんど見ないという現実があります。世界的投資家のジムロジャーズさんの家にはテレビがありません。

著者の投資アカデミーでお金に強くなれた方々もテレビはできるだけ見ないという人が多いそうです。

彼らがテレビを見ない理由はシンプルで無駄な時間を過ごしてしまうからです。一方でお金に弱いままの人はテレビを見ることをやめられません。

テレビの依存性を簡単に断つのは確かに難しいかと思います。しかし、このような事実があります。

裕福でない人の習慣で最も多くの時間を占めているのはテレビだそうです。

これは世界中の色々な調査によって分かっていることで既に多くの人がテレビはだらだらと見続ける人をお金に弱いままにしてしまう最も危険な習慣ではないかと指摘しているのです。

テレビはチャンネルをどんどんと変えては楽しい番組を探し、そのまま長時間見続けることができてしまいます。

その行為はあなたから多くの時間を奪っているのです。

そして一方的に流れてくる情報に対してこちらが何かしらのアクションを起こしたりもしてません。

自分で何もすることがなく、いつも受け身で色んな映像が流れるのをぼんやりと見ている、そうなるとやらないといけないことが面倒になり、現実を見るのが嫌になっていきます。

そうして何もしなくなっていき、どんどんと楽なほうに流されていってしまうのです。バラエティーを見て笑っていればあなたの悩みは解決するでしょうか。

私も大変だけど世の中にも大変な人がたくさのいるのだなと共感したところで何かいいことがあるのでしょうか。

そして、何も生み出さないまま限りある貴重な時間は奪われていくばかりなのです。

お金に弱いままの人達がダラダラとテレビを見て過ごしている間にお金に強くなれた人たちは有意義な時間を過ごしています。

読書をしたりとか家族と談笑したり体を動かしたりお金持ちになるための勉強をしたりテレビを見る時間があればそれを人生をより豊かにするための時間に充てることができます。

そして、世界のお金持ちはそれを実行しているのです。しかし、著者は何も全てのテレビ番組が無駄だと言っているわけではありません。

テレビを全く見るなとも言っていません。好きなタレントさんなどを見て癒されたいと言った楽しみもあるでしょう。

大切なのはテレビの持つ強さに気づいて自分でしっかりと時間管理をすることです。時間を定める見る番組を決める。

そして、それが終わったらチャンネルを変えるのじゃなくて勇気をもってテレビを消すことです。また、テレビ番組を選ぶときはその情報が自分の人生に役立つものなのか、むしろマイナスを与えていないかと考えてみて欲しいのです。

著者もテレビを見ることはあるそうですが、ある情報が始まったらすぐにテレビを消すようにしているそうです。

それは、ネガティブなニュース、人の不幸に関わるようなニュースです。例えば芸能人がプライベートで何々を下から叩くといった話や知って詳しくなったところで意味のない世の中のトラブルなぜか事細かに何度も報道される事件や事故の情報などです。

自分の人生に役立てないもの、少し目に入るだけで気持ちがネガティブになってしまうようなものには最初から近づかないことが極めて重要です。

そのようなことが自分の人生に頻繁に起きることはありえませんし、そのような情報を知ったところで気分が引きずられる以外に一体何を得られるというのでしょうか。

テレビは視聴率を取るためにネガティブな情報を多めに発信します。ネガティブな情報に私たちの脳がより強く引きつけられるということを知っているからです。

しかし、自分の人生に役立つないどころか、ネガティブな気持ちで仕事に取り組む羽目になってしまい結果的にネガティブな情報はお金も運も遠ざけてしまうのではないでしょうか。

そのような、悪しき習慣は持たない方がよい。

もちろん、テレビの中でもいい番組もあるでしょうし、ビジネス系・学習系の優れた番組もあります。世界遺産や様々な国の文化や取材そこの生態系を取り上げるなど自分がまるで海外旅行をしているようにワクワクしたり美しい自然や生き物に心癒されるような番組もあります。

繰り返しますが時間を決めるか、番組を選ので主張すれば良い。家族と一緒に住のでいて自分の意志でテレビの制限がしづらい人は家族にもそれを提案してみてはいかがでしょうか。

そして、テレビ以外でも現在ではスマホに熱中している人が多いと思います。おそらくスマホもテレビと同じような効果をもたらしてしまいます。

時間を無駄にしてしまいます。自分の大切なことに集中する力を奪ってしまいます。ですからスマホをいじる時間をあらかじめ決めておいたりとスマホにも何らかの制限を加えることを個人的にはお勧めいたします。

まとめ
  1. お金持ちは無駄な時間を過ごさないようにできるだけテレビを見ない。テレビはだらだらと見続ける人をお金に弱いままにしてしまう最も危険な習慣ではないかと指摘されている。
  2. テレビを見たい時は時間を決めてみるか、番組を選んでみよう。特にあなたをネガティブな気持ちにさせる情報はシャットアウトしよう。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事