人気記事!!
【5分で読める本要約】渡邊一慶|定期預金しか知りませんが、私、本当にお金持ちになれるんですか?
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

 

お金の大切さを教えてもらって銀行にはそこそこ預金ができているのに微小な粒子がつくだけでお金が増えない総合することはないけど教えてもらって思い描いていた感じとは違う。

宝くじでも当たらない限りお金持ちになることは無理なのだろうか。

そんな風に思っている方へスイスという国をご存知でしょうか。

スイスは世界一物価が高い国にもかかわらず日本並みに低金利な国なのです。

しかし、日本人よりもお金持ちになる人が多いといいます。

一体なぜなのでしょうか。

それはスイスのお金持ちは非常に手堅く物価上昇に負けない程度のリターンを目指して資産保全を目的に投資を実行しているからなのですよ。

預金するだけではなくて資産運用をしています。

そもそもスイスのプライベートバンクにお金を預けられるほどのお金持ちだからそれができるのではないか。

そのように思うかもしれませんが、著者の渡辺さんはそうではないといいます。

お金を増やすために資産運用が必要で損失を出さないように気をつけるという点はお金持ちでもそうではない人でも違いはありません。

でも、損をする可能性がある…、投資は怖いイメージがある…と、一歩を踏み出すきりになれなかった人に朗報です。

スイスのお金持ちは現に資産を保全しつつお金を増やす方法を実行しています。このお金を守りつつ増やしてくれる方法はいたってシンプルなのです。

  • 預金
  • 投資
  • 保険

を3割ずつ保有するそれでOKなのです。それだけと驚かれた人いるかもしれません。

でも、それだけなのです。スイス式の投資は安定した利回りが確保できる債権や株の配当金、投資信託の分配金を重視しており、世界中のお金持ちが信頼している実績十分のお金の増やし方、そして守り方なのです。

同時にこれは超ド素人でも分かるお金持ちになる方法でもあります。

これほどにシンプルでわかりやすい、なおかつ安全に増やせるという方法は他にないでしょう。

今回は株式会社マネージュのCEOであり、ファイナンシャルプランナー・マネー教育アドバイザーの渡邊一慶先生の"定期預金しか知りませんが、私、本当にお金持ちになれるんですか?"を解説していきたいと思います。

本書は面倒くさがりでお金の知識もゼロだという、丑久保さんとスイスのUBS銀行で世界中のお金持ちからお金を預かり増やしてこられた著者の渡辺さんによる対談形式で進められています。

投資の知識なんて何もないという人でも丑久保さんの発言に共感しながら渡辺さんから資産を守りつつお金を増やす方法を素人でもわかりやすい説明で教わることができます。

スポンサーリンク

日本人がやるべき投資

お金持ちと言うとどんなイメージを持ちますか。あなたがお金持ちになったらどんな生活をしたいですか。

おそらくお金持ちは豪邸に住み、プールもあって、高級車も乗って、自家用機もあってと考える方が結構いらっしゃるでしょう。

 

そして、自分もお金持ちになったらそんな環境で暮らし、高級料理を食べて貴重なお酒を嗜んで、そんな優雅な暮らしを想像したことがあるかもしれません。

実はお金持ちの定義は国によって異なります。

なかでも今お話ししたような族に日本人がイメージするお金持ちはアメリカ型のお金持ちなのです。

しかし、アメリカと日本では社会構造が何もかも違いすぎるため日本人がアメリカ型のお金持ちを目指すのは実は非常に危険なのです。

どういうことかこれは後ほど詳しくお話しさせていただきます。

では日本人が目指しやすいのはどのようなお金持ちなのか。答えはスイス型、ヨーロッパ型であります。

ではヨーロッパで富裕層と呼ばれるのはどのような人たちなのか想像がつきますか?

それはお金に困らない人なのです。

大豪邸や自家用機、何台もの高級車はなくても、子どもの教育や住宅ローン、老後資金などに困らない人はお金持ちだとも言えます。

できればこれまでに投資をしたことがない一般人でもできる、将来お金に困らない方法が実はあります。

その方法をお話しする前に、まずは富裕層の人がお金とどう向き合ってどのようにして資産形成をしているのか。それには共通点があります。

定期預金の良いところは損をすることがないということだと考えていませんか。

確かに預金残高が減ることはありません。しかし、世の中のモノやサービスの値段は時代が進むと共に変化をしています。物価が上がれば上がるほど、お金と引き換えに手に入るものが少なくになります。

つまり物価が上がれば銀行に預けているお金の価値は減り、反対に物価が下がればお金の価値は増えます。

もし定期預金に年間1%ぐらいの金利がつけば物価の上昇に対応できるかもしれません。

しかし、今の大手銀行の定期預金の金利はたったの0.002%です。バブル期の8%と比較すると1/4000の金利しかつきません。

安泰した老年期を送るためには年金プラス貯金残高が2000万円ぐらい必要だとニュースなどで話題になっておりますが、残念ながら今は預金でお金が増える時代ではありません。

例えば、1,000万円の資産があるとして預金だけで2,000万円を準備しようとしたとします。

金利が8%の時代は9年あればそれが可能でした。しかし、金利が0.002%の今はあなたが生きている間に達成することはできません。

なんと36,000年がかかってしまいます。

預金と投資の違いを簡単に説明すると、今現在の金利水準が続いた場合、生きている間に資産が2倍になることがないのが預金、資産が2倍になる可能性があるのが投資です。

投資には色々な種類がありますが、自分に合う投資商品を選びそれにいくら投資するのかをうまく設定することが超重要です。

投資の世界では投資する金融商品の組み合わせのことをポートフォリオといいます。そして、どの商品にどれくらいの資金を投資するのか、資産分配を決めることをアセットアロケーションと言います。

投資で成功するかどうかはこのポートフォリオとアセットアロケーションしないと言っても過言ではありません。

では、なぜ複数の投資商品を保有するのでしょうか。

それはよく言われているようにリスクを分散させるためです。そして、投資の世界でリスクの意味は危険ではなくて振れ幅になります。

大きな利益を得ることもあれば反対に大損をする可能性もあります。

儲けが少なければ損失も最小限です。ハイリスク・ハイリターン、ローリスク。ローリターンという言い方をよくします。

このリスクという振れ幅をうまくコントロールするために分散投資をしてリスクを分散するわけなのです。

なぜ複数の投資商品を購入することによりリスクが分散されるのでしょうか。

それは誰だろうとどんなに金融のプロであってもどの資産が値上がりするのかを当てることはできないからです。

最初からどの商品が値上がりするか分かっていれば、それ一本に全財産を投資すれば良い。でも、誰にも分からない。だから分散投資をします。

世界で投資が盛んな国といえばどこでしょうと聞かれたらどの国を思い浮かべますか。

おそらく有名なアメリカの金融街であるウォール街などを想像する人が多いのではないでしょうか。

アメリカ型の投資を真似すると、回復不可能なほどの大失敗をしてしまう可能性があると著者は言います。

アメリカ人は積極的にリスクを取り過ぎる傾向にあります。アメリカンドリームを掴むといった風にアメリカは大成功して夢を叶える一攫千金的なイメージがあります。

大成功者の裏では大失敗をして全てを失う人たちもいる、勝敗の差がとても大きいです。

それは投資のスタイルでも同じです。

  • 1987年のブラックマンデー
  • 2001年のITバブル崩壊
  • 2007年のサブプライムローン問題
  • 2008年のリーマンショック

こういったこれらの過去の金融危機はアメリカ発なのです。

皆さんはレバレッジという少ない資金で大きな取引ができる方法を聞いたことあると思います。

簡単に言うと借金をして投資をしているような状態なのですが、その方法を使って箒をしようとした結果、バブルがはじけてしまった。

それが先ほど挙げたアメリカ発の金融危機なのです。

そんな大成功か失敗かという極端すぎるアメリカ型の投資、つまりハイリスクハイリターンの投資は多くの日本人には合わないでしょう。

ということでヨーロッパの富裕層が実行している守りの資産運用を学び自分の資産を守りつつお金を増やしていくという方向でヨーロッパ型のお金持ちお金に困らない人を目指してみませんか。

まとめ
  1. ヨーロッパで富裕層と呼ばれるのはお金に困らない人である。世界中のお金持ちが信頼している実績十分のお金の増やし方、かつ投資の素人でも安全に資産を増やしていくことができる方法がスイス式の投資である。
  2. 今は預金でお金が増える時代ではない。今現在の金利水準が続いた場合、生きている間に資産が2倍になることがないのが預金。資産が2倍になる可能性があるのが投資である。
  3. アメリカと日本では社会構造が何もかも違いすぎるため日本人がアメリカ型のお金持ちを目指すのは実は非常に危険である。一攫千金は狙えないがヨーロッパの富裕層が実行している守りの資産運用を学び実践すると、自分の資産を守りつつお金を増やしていくことができる。

スイス流の資産形成

アメリカ型の投資がほとんどの日本人には合わないと言ったように、国によって資産運用に対する考え方の違いに面白い特徴があります。

世界の主要国でもあるアメリカ、日本、そしてヨーロッパ諸国を比較してみます。

そろそろの家系がどのような形で金融資産を持っているのかを金かしてアメリカ、日本、ヨーロッパを地域別で比較した家計金融資産構成比というものがあります。

これは日本銀行が調査したものです。2020年8月のデータを見てみますと、まずアメリカは次のようになります。

アメリカの場合
  • 現金・預金:13.7%
  • 債券:6.0%
  • 投資信託:12.3%
  • 株式:32.5%
  • 保険・年金・手形保証:32.6%
  • その他:3.0%
仮に金融資産が1,000万円の場合…
現金・預金が137万円
株式:325万円
株式の比率が高い分、現金・預金の比率が低くなっているのが顕著に見て取れます。
日本の場合
  • 現金・預金:54.2%
  • 債券:1.4%
  • 投資信託:3.4%
  • 株式:9.6%
  • 保険・年金・手形保証:28.4%
  • その他:2.9%

日本人の場合、現金・預金が多い傾向にあります。

資産の半分以上を現金や預金で保有しているのでアメリカやヨーロッパと比べて流れが資産が増えないというわけなのです。

それでは最後にヨーロッパを見てみましょう。

ヨーロッパの場合
  • 現金・預金:34.9%
  • 債券:2.0%
  • 投資信託:8.7%
  • 株式:17.2%
  • 保険・年金・手形保証:35.1%
  • その他:2.2%

ヨーロッパは、しっかり分散されていてバランスが良いように見えます。

まとめるとアメリカは株式型、日本は預金型、ヨーロッパはバランス型の特徴があると言えます。

例え所有している額が同じであってもどの資産を購入するのか、資産分配をどうするかなどによって結果が大きく変わます。

この比較を見て気になる事のうちの1つがなぜ日本は現金・預金が多いのか。

アメリカ、日本、ユーロの金利を比較してみると2021年3月の時点では

  • アメリカが0.25%
  • 日本が-0.10%
  • ユーロが0.00%

となっております。どこも低金利ですから金利ではなさそうです。

しかし、先ほどの比較を思い出すと、金利が最も低い日本が最も預金率が高いことに気付きます。

わざわざ金利がつかない預金を好んで選択するというのは考え難いですから、これはマネー教育に差があるのでしょう。

欧米諸国では小学校からマネー教育があるのに日本は学校教育でお金に関する事業を行いません。

自ら学ぼうとしない限りは株や債券などのことを教えてもらわないまま学校を卒業するので、働くようになってお給料が入ったらとりあえず銀行に預金しておこうとなるのでしょう。

日本人もお金の知識を身につければ現金・預金への分配を減らして、その分を資産運用に回す人が増えるかもしれません。

今から資産運用の勉強を始めても遅いのではないかと思う人もいらっしゃるでしょう。

でも、あなたが今何歳であろうとも何かを学ぶのに遅すぎるということはありませんし、人からの強制ではなく自ら進んで学びたいと思ったことはいつから始めても身に付いていくものです。

ただ、せっかく学びたいと思ってもやってみたら難しかったと諦めてしまう人も多い。それはとてももったいないので誰でも簡単に実践できることを学びましょう。

投資で成功するためには難しいことをあえて行う必要はありません。よやることが難しくなくて良いなら誰でも成功できるのではないかと思うかもしれません。

それでも成功者とそうでない人に分かれてしまうポイントがあります。それは継続できるかできないかということに尽きます。

成功者とは当たり前のことを当たり前にやり続けることができた人であり、これは投資に限らずどの分野でも同じです。

何事も正しい方法を学び焦らずコツコツと継続することが大切なのです。

多くの日本人はアメリカ型ではなく、ヨーロッパ型の守備的な資産運用を学ぶと良いということでした。

その中でも資産運用で有名な国といえば、富裕層の資産管理を専門に行なっているプライベートバンクの発祥であるスイスということでスイス竜の資産形成の方法を見ていきましょう。

繰り返しますが資産運用で大切なことは資産をすべて無くしてしまうような大失敗をしないことです。

投資のことを全く知らない人が退職金を全て投資に回して大損をしたという話を聞くこともあります。

では次のことを覚えておきましょう。

大切な資産を守りながら増やしていくには

  • 預金
  • 投資
  • 保険

をそれぞれ3割ずつ保有します。

先ほどアメリカ、日本、ヨーロッパで比較した家計金融資産構成比を思い出していただきたいのですが、欧州の構成は

  • 預金が34.9%
  • 投資が27.9%
  • 保険が35.1%

と概ね3割ずつになっています。

まずは私たちも次のようなイメージで自分の全財産を預金と投資と保険に分けてざっくり3割になるように保有します。

1つ目の預金とは今必要なお金です。2つ目の投資とは将来必要なお金です。3つ目の保険とは万が一に必要なお金です。

資産運用で失敗しないためには投資の知識がない初心者のうちにリスクをどんどん取ろうとしないことです。

全財産の半分以上を投資するアメリカ型のように保有資産に対して有価証券の割合を高くしすぎないことです。

投資慣れしているアメリカ人ですら一気にお金を失くすことだってあります。

資産も預金と投資と保険の3つに分散するということを覚えたら次に進んでいきましょう。

ここからはどの有価証券に投資するのかを考えポートフォリオ、(投資する金融商品の組み合わせ)を作成していきます。

投資をする際は投資する商品のリスクとリターンの関係を考えながら、分散投資をする必要があります。

預金、債権、不動産(REIT)、株式をリスクはリターンの低い順に並べると預金、債権、不動産、株式となります。

REITは、不動産投資信託のことで投資から集めた資金で不動産に投資を行い、そこから得られる家賃収入や不動産の売買益を原資として投資家に還元する商品のことです。

投資で成功するためには7割守って3割攻めることが大切です。

ここでの守りは安定を意味し攻めは上昇を意味します。債権、不動産、株式の3つの有価証券の特徴は、債権は利息収入、不動産は家賃収入これら2つが守りです。

そして、株式は値上がり益を目的とした攻めになります。

配当と値上がりのバランスをとることでヨーロッパ型のような守備的な資産運用をすることができます。

投資期間は長めに考えて安定した配当をポートフォリオに組み入れることが大切です。安心して資産を保護しつつ増やしていくためには安定した配当を中心に守りを固めながらあわよくば値上がりにも期待します。

まとめ
  1. 成功者とは当たり前のことを当たり前にやり続けることができた人である。投資で成功するためにはむずかしいことをする必要はない。日本人に合う投資方法としてヨーロッパ型の守備的な資産運用を学び継続していくと良いだろう。
  2. 資産運用で失敗しないためには投資の知識がない初心者のうちにリスクをどんどん取ろうとしないこと。大切な資産を守りながら増やしていくためには自分の全財産を預金と投資と保険に分けてざっくり3割ずつになるように保有する。
  3. 投資に充てる資産は債権、不動産で7割守って、株式で3割攻めるバランスが大切。このように安定した配当をポートフォリオに組み入れて守りを固めながらあわよくば値上がりにも期待する。投資期間は長めに考えること。

国内と海外 期待リターンが高いのはどっち

どうすれば1つの商品に全ての予算を投資して大損しないように分散投資をすることが重要でした。

そして、値上がりと配当のバランスを考えながらどの商品にいくら投資するのかを決めていくのです。

例えば、国内債券20%、海外債券に20%、国内REIT20%、海外REITに20%、国内株式20%、海外株式に30%といった感じです。

投資する金融商品の組み合わせのことをポートフォリオどの商品にどれぐらいの資金を投資するのか資産分配を決めることをアセットアロケーションと言いました。

投資成果の9割はこのポートフォリオとアセットアロケーションで決まると言っても過言ではないほど、この2つは重要になります。

ということは、投資がうまくいかなかった経験のある人はこのポートフォリオとアセットアロケーションに問題があった可能性が非常に高いです。

経済の動きが完璧に読める人であれば分散投資よりも集中投資をした方が儲かるでしょう。

しかし、そこまでになることはかなり難しいです。そして、忘れてはいけないのは毎年値上がりし続ける資産は存在しないということです。

株式のパフォーマンスが良い年もあれば、不動産のパフォーマンスが良い年もあり、ゴールドや原油などのパフォーマンスが良い年だってあります。

多くの人は失敗しないために的確なポートフォリオとアセットアロケーションを組み、資産を守ることが必須条件なのです。

ただもし世界経済がこうむる可能性がある大恐慌やバブル、あるいは貿易摩擦や地域紛争といった死生学的リスクを借りになしとして世界が毎年ゆるやかな経済成長を続けるとしたら値上がりしやすい資産を見つけることは可能です。

前述でリスクが高いほどリターンが高い、リスクが低ければリターンが低いというお話を少ししました。

このように投資した場合に得られる収益予想として金融商品には期待リターンというものがあります。

どれほどリスクを取るかで投資をする金融商品ごとにおおよその期待リターンは決まっています。

期待リターンの高さは

  • 預金
  • 債権
  • 不動産
  • 株式

の順番です。

預金や債券は利息収入、不動産は家賃収入、株式は値上がり益、7割守り3割攻めの投資をしようということでした。

これらの商品は日本だけじゃなくて海外のものも購入できますから後は日本と海外どちらの期待リターンが高いのかを考えます。

日本と海外、どちらの期待リターンが高いのかを考えるにはGDP成長率をチェックします。

GDPとは分かりやすく言えば国内で1年間にどれだけ稼いだかということでGDP成長率とは前年と比べどれだけ経済が成長したのかを表しています。

よって、GDP成長率が高いということは経済が成長しているということを意味します。

GDPを増やすには一人当たりの稼ぐ力を増やすこと、あるいは一人当たりの稼ぐ力がどこの国も同じなのだとしたら、その国の人口がGDPをアップするための重要な鍵を握っています。

では世界のGDPトップ3でもあるアメリカ、中国、日本のGDP成長率を2000年と2020年で比較し20年でどれだけ経済が成長したのかを確認してみましょう。

2000年2020年
アメリカ10兆2523億ドル20兆8072億ドル
中国9兆9799億元102兆4910億元
日本526兆7060億円526兆3662億円

アメリカ中国日本のGDPはこのように推移してきています。

この数字を見ればわかりますが、同じ期間でアメリカは2倍以上、中国は何と10倍以上に伸びているのに対して日本だけが伸びていないどころか微妙に減少しています。

アメリカは穏やかに人口が増加しており、移民を積極的に受け入れる文化によって様々なビジネスが発展したことなど、そして中国は世界トップの人口であることが成長の理由として挙げられます。

日本のGDP成長率がマイナスになっているのは少子高齢化や移民政策に消極的なことなどが挙げられるでしょう。

ということでこのGDP成長率を比較することにより、緩やかな経済成長が続いた場合の期待リターンは債権よりも株式、日本よりも海外の方が高いということがわかります。

日本に居住している限り、ついつい日本経済にばかり目がいってしまいますが魅力的な投資の機会を逃さないためには常日頃から海外も視野に入れて考える習慣を身につけるべきなのです。

そこでおすすめの資料をご紹介いたします。

それは超長期マーケット予測というものです。超長期マーケット予測とは約60の資産について今後10年から15年の期待リターンを予測したものになります。

アメリカの金融グループで世界最大級の運用会社 JPモルガンアセットマネジメントが経済状況や様々なリスクなどを分析し、毎年発表しております。

つまり、金融のプロが期待リターンを予測してくれている資料になりますから参考にする価値は十分にあると言えるでしょう。

投資を始める前に自分でしっかりと勉強して知識を増やすということも重要ですが、全てを自分自身で調査したり分析しなければいけないというわけではありません。

今ではインターネットがあります。そこから得られる情報も取捨選択し参考にできるものは利用していく方が賢いでしょう。

もちろん超長期マーケット予測もすぐにネットで検索すれば出てくるのでぜひ確認しておきましょう。

まとめ
  1. 毎年値上がりし続ける資産は存在しない。そして投資をする金融商品ごとにおおよその期待リターンは決まっている。失敗しないためには的確なポートフォリオとアセットアロケーションを組み、資産を守ることが必須条件である。
  2. ここ20年ほどのGDP成長率を比較すると経済が成長していない日本に対して、アメリカや中国などの海外は経済が大幅に成長していることがわかる。つまり、期待リターンは日本よりも海外の方が高い。魅力的な投資の機会を逃さないためには日本経済だけではなく海外も視野に入れて考える習慣を身につけよう。
  3. 投資をする際の参考に金融のプロが期待リターンを予測してくれている超長期マーケット予測という資料やインターネットの有益な情報なども利用していこう。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事