人気記事!!
パチンコ・パチスロは稼げない!!副業としてお勧めできない5つの理由
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

よく広告で見られるパチンコで勝てる・稼げるというと、普段なら嘘っぽく感じられるでしょう。

ですが、たまにいったパチンコで大勝ちすると、その帰り道、「パチンコで勝てるかも」「プロになるのは無理でも、副業で月3万円勝つぐらいならできるのでは」と、そう思ってしまわないでしょうか?

パチンコ・パチスロを副業に出来れば、人付き合いもなく稼げるし、楽しくお金を稼げそうですよね。

現実にパチンコ・パチスロで生計を建てるパチプロという人は、存在します。

実際、この記事を書いている私も、パチスロで生計を建てていた経験があり、記録が残っている間の収支はプラスです。

パチンコ・パチスロは正しい知識があれば勝てるゲームです。

しかし、結論から言うと、パチンコ・パチスロを副業にするのはやめた方が良い、というのが私の意見になります。

理由はシンプルで、副業にするならパチンコ・パチスロよりはるかによい副業があるからです。

この記事では、私の経験をもとにパチスロを副業にしない方がいい理由を解説していきます。

とはいっても、遊技としてのパチンコ・パチスロを否定する気はありません。

私は2年前にパチスロをやめてしまいましたが、パチンコ・パチスロが好きかと言われれば、今でもパチスロの事が好きと答えます。

ですが、副業として考えるなら、他の方が良いという意見です。

■この記事で解説する事

  • パチンコ・パチスロを副業にしないほうがいい理由
  • パチンコ・パチスロ以外にお勧めの副業

この記事を読めば、パチンコ・パチスロが副業に向かない理由。周りの人から協力してもらいながら出来る副業が分かります。

スポンサーリンク

パチンコ・パチスロが副業には向かないと思う5つの理由!

私がパチンコ・パチスロが副業に向かないと考える理由は5つあります。

  • リスク
  • 時間
  • 楽しくない
  • 環境
  • 周囲の理解を得られない

正直言って、どれもありきたりな理由です。ですが、どれも真実ではあるので、順を追って解説していきます。

リスク:パチンコ・パチスロは期待値を稼いでも(短期的には)勝てない!

パチンコ・パチスロは期待値を稼いでいけば勝てる。これは少しでもパチンコ・パチスロに興味のある人なら、一度は耳にしたことがあるフレーズでしょう。

パチンコ・パチスロは期待値を稼いでいけば勝てる、これは間違いではありません。

私も期待値を追い続け、収支は2011年から2017年の通算で大きくプラスになるという結果を残すことが出来ました。

ですが、期待値を取ればパチスロで必ず勝てるという訳ではありません。

短期的にみれば、期待値を稼いでも大きな下振れを受ける事はままあります。

例えばですが、実際に私が経験したものとして、ゴッド凱旋の天井狙いで不発が続き、6台で87,000円(期待値は約20,000円のプラス)のマイナスというものがあります。

パチスロを打っていればこれぐらいの下振れは珍しくもないのですが、実際にこういう目に合うとなかなかつらいものがあります。

他には、ビッグ中のハズレを引いたハナビ(設定5濃厚)で、44,000円のマイナスというのもありました。

安定しているといわれるAタイプでも、ビッグの引きに見放されるとこうなります。

上記のような例は珍しくもないので、期待値を稼いでも結果はマイナス。短期的に大きく資金を減らすというのは、パチスロではよくある事です。

経験上、期待値を取っていっても一時的に20万円程度のマイナスになるのは7年間で4、5回ありました。

当然上振れして大きく勝てる事もあるのですが、下振れも多いのです。

安定して稼げない。資金的にバストの可能性があるという点は、パチンコ・パチスロを副業に勧めづらい理由になります。

副業を始める理由は、お金を稼ぎたいからというのが大きいでしょう。

最初から最低でも30万の資金を簡単に用意できる。20万円のマイナスになってもめげずに期待値を追っていける。そういう人なら問題にならないでしょうが、多くの人は下振れするとそこであきらめてしまうのではないでしょうか。

時間:パチンコ・パチスロは稼働時間を多く取れる程有利!

パチンコ・パチスロは時間のある人ほど有利になるゲームです。

パチスロで勝つには高設定を打つ。ひたすらゾーン・天井狙いで期待値を稼ぐというのが基本になります。

高設定を打つには、朝からホールに並んで設定の入りそうな台を確保するのが何より重要です。

その為にはホールの癖のチェック、前日の下見などもあり、時間が必要になります。

なにより、設定の入りそうな日にホールに行けるかが大事です。

本業のある人にこれが可能かというと、難しいでしょう。

私もホールでの並びの最中に、列に並んでいる人が仕事で○○さんはこれなかった、という話を耳にしたことが何回もあります。

ゾーン・天井狙いも同様で、基本的にホールを回れる件数を増やすほど、打つ機会を増やせます。

客層の緩いホールを狙う。データ表示器の分かりにくいホールをあえて狙うなどの対策は可能ですが、基本的にホールを周る時間が多いほど有利なのは間違いありません。

ホールに行ける時間が限られると、その分勝負は不利になります。

パチンコ・パチスロで勝つならホールの相手だけでなく、他の客との競争も必用なのです。

加えて、時間は試行回数を増やすという点でも重要になります。

期待値を取っても勝てない、こう嘆くと勝っている人間から帰ってくるのは、試行が足りない、という返事です。私でも同じことを言います。

ですが、問題なのは試行を取るというのが、本業のある人に可能なのか?という点です。

副業でパチスロを打つ場合、月に打てるのは何時間でしょうか?

平日仕事帰りに3時間、休日に1日打てて13時間。週に30時間ぐらいが目安でしょうか。

正直なところ、これぐらいの時間だと結果はかなりブレやすくなります。

週に30時間、1日13時間稼働というのを見て多すぎる、馬鹿げていると思えるかもしれませんが、勝ちたいならこれぐらいは必用です。

副業で週に30時間というのはどう考えても長すぎるでしょう。

楽しくない:勝つためには我慢が多い

パチンコ・パチスロを副業にしたいと思う人なら、たぶんパチンコ・パチスロを面白いと感じているかと思います。

パチスロを副業に出来れば好きなパチスロを楽しみながらお金を稼げて最高だ、こう考えているかもしれません。

ですが、勝つためにパチスロを打つ場合、ストレスも大きいです。

勝つためには、勝てる台を選んで打つ必要があります。好きな台だからで打っていては、パチスロでは勝てません。

この台は演出過多で苦手だな、と思っていても期待値が取れるなら打ちますし、好きなハナビが空いていても設定が入りそうにないホールなら、打ってはいけません。

また、ホールに期待値の取れる台がなければ、何も打たずにホールを出るというのも日常茶飯事です。

朝並んでホールに入っても、狙い台が先客に取られていたら、開店直後にホールを出るというのもよくあります。

楽しみたいからでパチスロを打ちたいのなら、副業にするのはやめたほうが良いでしょう。

それと、勝つためにパチスロを打っていると、だんだんパチスロを面白いとは感じなくなってきます。

現に、私はパチスロを嫌いになったわけでもないのに、やめてから一度もホールに足を運んでいません。

環境:業界全体で勝ちづらくなっている

そもそもの問題として、昨今のパチンコ・パチスロは勝ちづらくなってきているという問題があります。

私の良くいっていたホールに、特定日に全台設定6の島を作る、というホールがあったのですが、狙っている人が多く、基本的に台に座れるかは朝の抽選勝負でした。

現在はインターネット時代で情報が広まりやすく、出玉でアピールするホールは情報がすぐに拡散し、競争率が上がってしまうのです。

そうなると朝の抽選に人が集まり、結果的に自分が良い番号を引ける可能性は下がり、高設定を打つのが難しくなります。

また、ゾーン・天井狙いをする人も増え、良い台が空かない空いてもすぐ埋まる。こういう傾向が多くなります。中にはホールで待機し、ハマり台が空くのを待っている人までいます。

勝ちを意識する人が増えいて、この傾向は今後も続くでしょう。パチンコ・パチスロで勝つには、単純に競争率が高くなってしまっているのです。

認められない:頑張っても誰もほめてくれない

パチンコ・パチスロを副業にしない方がいい理由として一番大きいのは、周りの人から歓迎されないという点です。

正直なところ、リスクも、時間も、環境も、自分の努力次第でどうにでもなる問題です。

リスクは短期の収支に振り回されず、十分な軍資金を準備できれば問題になりません。

時間も、自分が行ける範囲で有利に立ち回れるホールを徹底的に探し、長期的な目線で収支を考えれば妥当な稼働時間で収支を上げる事は可能でしょう。

環境も厳しくなったとはいえ、パチスロに設定がある限り、勝つのが不可能とは思えません。

ですが、周りの人の意見を変えるというのは、どうにも難しいものです。

世の中にパチンコ・パチスロを悪いものと考える人は多いです。

趣味をパチンコというだけでも、否定的な反応を示す人は少なくありません。

個人的に印象に残っているのは、普段は人の悪口一つ言わない友人宅での出来事です。

スカパーの番組にアフロが特徴のライターさんが出演していて、いつものように悪ふざけをしていたのですが、それを見た友人が「誰、この人」と冷たい言葉を放ったことを今でも覚えています。

普段は聞かない調子での言葉だったこと。親しい友人でも、パチンコホールで打っている人を見ると、冷淡な反応を示すというのは、正直なところショックでした。

同じ場面でも、これがTVのお笑い番組で、スタジオでの出来事なら友人の反応は違ったのでしょう。

親しい人でも、パチンコ・パチスロをやっているというのは好意的に迎えられません。

ヤフー知恵袋などでも、夫または恋人がパチスロを副業として打っているのはおかしいといった相談があります。

残念ですが、これが現実です。

パチスロを副業にしても、喜んでくれる人は少ないのです。仮にあなたが家族の為に頑張ってパチンコ・パチスロで稼いでも、それを喜んでくれるとは限りません。

副業をするなら、周りの人に応援してもらえる方が望ましいでしょう。

ですので次からは、パチンコ・パチスロ好きの人にお勧めできる副業について解説していきます。

FX・株などの投資はお勧めできない

パチンコ・パチスロ好きにお勧めの副業として一番初めに出てきそうなのが、FX・株といった投機(投資)です。

ですが、結論からいうと投資の副業はあまりお勧めできません。

理由はシンプルで、成功するまでのハードルが非常に高いからです。

パチンコ・パチスロ好きがFXに興味を持つ場合、短期のトレードを繰り返すデイトレをまず考えるかと思います。

ですが、デイトレでお金を稼げるようになるのは、経験上難しいです。

私はパチスロで一番勝っていた時期にFXを知り、デイトレを3年ほどやってみたのですが、結果は惨敗でした。

とはいっても、大きく負けたという訳ではありません。パチスロで鍛えたリスクコントロールのおかげか、通算の負け額はマイナス10万円程度です。

大きく勝ったことも負けたこともなく、面白いエピソードもないのですが、3年ほど続けた感想として、FXで成功するのはパチスロで勝つのの何倍も難しいという事です。

そもそも、副業として投機を考えるのが間違いではないかと思っています。

本気で成功したい、空いた時間は全てをFXに注げる。何か月でも、何年でも、成功するまで戦える。こう思っているならFXを選択する価値はあるかもしれません。

まあ、そう思って私は成功できなかったのですが…。

投機を副業として考えても、収入の計算は立ちません。ですので、基本的に投機を副業にするのはお勧めしません。

アフィリエイト・ユーチューバーは夢はある

アフィリエイトは、ほったらかしで稼げるというのが評判の副業です。

アフィリエイトは、ローリスクで大きく稼げる可能性がある魅力的な副業です。

自分でサイトを作れば成果はすべて自分のものに出来るので、やりがいもあります。

ですが、アフィリエイトの欠点として、収益が出せるようになるまで非常に時間がかかるという点があります。

大体のイメージとして、始めて半年ぐらいは無収入でサイトを作りこんでいかないと、結果に結びつかないというのが先駆者の意見です。

半年、1年後に向けて長期目線で取り組める人にしか、アフィリエイトはお勧めできません。

今すぐにお金が欲しい、安定して稼ぎたいというのなら、他の副業を選んだほうが良いでしょう。

また、始めるならジャンル選びが大切です。

これも私の失敗談なのですが、一度サーバーを用意し、サイトを立ち上げたのですが、結局記事を一つ買いただけで更新をやめた経験があります。

そのサイトは仮想通貨をテーマにしていたのですが、作ったのが2018年3月で、どう考えても仮想通貨バブル後。先がないのではと考えてしまい、更新の意欲を失ってしまいました。

アフィリエイトを始めるのなら、ジャンル・将来性はよく考えて選んだほうが良いでしょう。

今なら、アフィリエイトよりもユーチューバーの方が可能性は高いかもしれません。

私のよく見ているブロガーさんも、2019年になってからユーチューブを始めるというのが多いです。

文字が苦手という人は多く、検索も内容次第では動画の方が訴求性があります。

少し前に梨の皮むきについて調べたのですが、当然ユーチューブの動画の方が分かりやすかったです。

アフィリエイト・ユーチューバーともに競争率は非常に高いのですが、始めるリスクは低いので短期の利益を求めないのなら、やってみる価値は高いでしょう。

ライター・ウェブデザインなどのフリーランス系はお勧め

パチンコ・パチスロを副業にしたいという人の場合、好きな時に働ける。好きな時に休める、という自由を魅力に感じる事でしょう。(実際はそうでもないのですが…)

フリーランス系はライター、データ入力、ウェブデザインなど様々な分野があります。

ウェブデザインなどになると専門知識が必要になり、はじめるのに勉強は必要です。ですが、副業を始めるならフリーランス系がお勧めです。

フリーランサーは評価・実力がない最初は苦労する事が多くなります。

仕事が取れない。取れても低い単価にしかならない。こういう傾向はどうしても強くなります。

ですが、その分野で実力をつけ、評価が上がっていけば報酬は伸びていきます

ライター、ウェブデザイナー、エンジニアとして収入が伸びていけば独立も可能ですし、自由な働き方も手に入ります。

自由な時間が増えれば、その分の資金・時間を投資・アフィリエイトなどに回す余裕も出てくるので、さらなるステップアップも狙えます。

副業として考えるなら、将来性も踏まえてフリーランサーがお勧めです。

アルバイトは収入は安定する

副業として一番オーソドックスなのが、宿直や仕分けなどのアルバイトです。

ですが、副業アルバイトはあまりお勧め出来ません。

理由は2つあります。一つ目は、結局のところアルバイトの収入には限界があり、問題の解決にならないという点です。

アルバイトの給料は安定してもらえるというメリットはあるのですが、頑張って働いたからといって、アルバイトの時給が2倍になるというのは現実的ではありません。

努力しても、アルバイトでは結局のところ、時間の切り売りに近くなります。

それに、投機・アフィリエイトやフリーランサーは収入が伸びれば収入の少ない本業をやめるといった選択が生まれるのですが、アルバイトでは本業越えの収入は難しく、根本的な問題解決につながりません。

アルバイトを副業にお勧めしない理由の2つ目は、本業に隠れて副業をするのが難しいからです。

これはコンビニで働いていたら社員が来店して副業がバレたというような話だけではなく、税金の問題が関係してします。

詳しい話は下記の記事を参考にしてほしいのですが、副業禁止の場合はアルバイトはバレる可能性が高いという点は注意が必要です。

サラリーマンの副業がバレない方法を解説!!会社にバレない副業22選!!

まとめ:副業をやるなら周りに喜んでもらえるものを

パチンコ・パチスロは副業としてはお勧めできません。

理由は、副業として考えるにはリスクがあり、時間の制約・環境から厳しい勝負になると予想されるからです。

なにより、パチンコ・パチスロを副業にしても、それを喜んでくれる人がいないのが大きいです。

本業に加えて副業を始めるというのは、ただでさ負担が大きくなります。

副業を考えるなら、周囲から支援を受けることが出来るパチンコ・パチスロ以外の副業を検討したほうが良いのではないでしょうか。

お勧めの副業は、フリーランス系が一番です。自分の得意な分野で勝負をかけられる事。成功すれば自由な働き方が手に入るのが、理由です。

副業を考えるなら、一度フリーランス系から検討してみてはいかがでしょうか。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事