人気記事!!
【5分で読める本要約】サチン・チョードリー|頭で考える前に『やってみた』人が、うまくいく
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

頭で考える前にやってみた人がうまくいく。多くの人は考えてしまうことによりやらない選択をしたりスタートが出遅れたりして後悔した経験があるからです。

それは冷静に考え、未来予想をするという真面目さのせいでもあります。本来真面目に一生懸命頑張ろうというのは報われるべき素晴らしい精神です。

しかし、良いアイデアが思い浮かんだり、やってみたいと思うことが見つかっても頭の中で一生懸命考えた結果失敗したくないという気持ちが芽生え動けなくなる。

そして、あなたのせっかくの才能やアイディア、知識スキルを宝の持ち腐れにしてしまうのはもったいないです。

一度きりの人生自分の力をもてあますことなく出し切りたいものです。

そうなるために最適な考えがジュガールでございます。

今回は起業コンサルタントアドバイザーであり経営者がパチンチョードリーさんの"頭で考える前に「やってみた」人がうまくいく"を解説していきます。

本書ではジュガール式ビジネスなどビジネスマン向けの内容も語られてますが、まずは全ての方々にジュガールというものを知っていただきたいのでビジネス向けの内容にはほとんど触れていません。

ビジネス向けの内容にも興味があるという人はぜひ本書を手にとって一度深く勉強してみてください。

スポンサーリンク

ジュガールとは何なのか

良いアイデアが浮かんんだりやってみたいことを思いついたら頭で考える前にアクションを起こす。

これは国内外問わず多くの成功者に共通する点であり、ジュガールに当てはまります。

彼らは実行した上での失敗よりも実行しない失敗を恐れます。逆を言えば実行しない失敗を回避することは成功の法則なのです。

海外に渡って暮らす中国人を華僑と呼ぶようにインド国外で活躍するインド人のことを印僑と呼びます。

ホーブスの世界長者番付には印僑が42人もランクインするほど、インドには非常に優秀な人物が多いのです。

そんな彼ら成功者の思考法や習慣が身に付く、数年前から世界中で注目されているメソッドがあります。

それが今回のテーマ、ジュガールです。

印僑の大富豪の考えは、このジュガール的思考に共通しているといいます。ジュガールとは簡単に言えばインドに伝わる生き方の知恵のようなものです。

シュガール的思考が使えるようになると常識や固定観念にとらわれることがなくなります。今の時代は従来的、常識的な発想だけでは生き残れなくなってきています。

これからはこの常識にとらわれないジュガール的思考が日本でもどんどん求められるようになります。

この本の著者、サチン・チョードリーさんは、インド生まれで人脈もお金もない中、来日をして片言の日本語で仕事を始め多くの苦労をしたというインド出身の方です。

そんな著者の人生もジュガールを実践したことによって大きく変わり日本でのビジネスを始め何度も成功を収めました。

ビジネスだけに限らず、例えば

  • お金が思うように貯まらない
  • 自分のやりたいことが見つからない
  • 家族や恋人友人との関係がいまいちうまくいかない
  • プライベートが充実していない

こういった壁もジュガールを実践すれば乗り越えることができます。

様々な悩みから解放され、あなたの夢や自由を手に入れるためにも著者が日本人のために書かれた本書を教科書にして是非一度ジュガールを知っていただきたいです。

ジュガールを理解するためには大まかに7つのエッセンスがあります。

  1. 少ない力で多くのものを得る
  2. 自分の枠を超えた発想で考え行動する
  3. 柔らかアタマで考えてピンチをチャンスにする
  4. シンプルに考える
  5. 決して諦めない
  6. 自分を押さえつけない
  7. 自分ならできるという感覚、自己効力感を大切に育てる

今回はこの中から個人的に特に重要だと思った。1番目の少ない力で多くのものを得る、3番目の柔らかな頭で考えてピンチをチャンスに変える、5番目の決して諦めない、この3つにフォーカスしてお話します。

まとめ
  1. ジュガールとは簡単に言えばインドに伝わる生き方の知恵のようなもの。印僑の大富豪の考えはこのジュガール的思考に共通している。
  2. ジュガール的思考が使えるようになると常識や固定観念にとらわれることがなくなるため、これから先の未来を生き抜くのに大いに役立つだろう。

ジュガールを理解するためのエッセンス

まずはガールを理解するためには常識を疑うことから始める必要があります。

早速ですがこれからお話することを想像してみてください。

少ない力で多くの利益を得る

もしあなたが大事な商談先に向かっている途中にガソリンがなくり車が止まることがあったとしましょう。近くにはガソリンスタンドも見当たらず給油は厳しい状況です。

こんな時あなたならどうするでしょうか。

多くの日本人は次の2パターンの回答をするでしょう。

  1. 商談相手に連絡をして面会日を変更してもらう。
  2. ロードサービスを呼んでスタンドまでレッカーしてもらう。

いたってどちらも正しいと思える判断でしょう。

ただどちらにしても急な商談キャンセルや商談の遅刻は回避できませんから商談がうまくいく確率は下がってしまいます。

本当にこれしか方法はないのでしょうか。

もっと簡単に時間をかけずに素早くトラブルを解決できる方法はないのでしょうか。ここでジュガール的思考が働く人は例えば次のような行動をとるでしょう。

通りがかった車を停めて少しだけガソリンを分けてもらう。もらうのは相談先までだけの少しのガソリンでよくもちろん応じてくれた人にはちゃんとお礼を言って代金を支払います。

こうすれば時間も手間もかけずに商談に間に合わせることが可能です。

「いやいやそんなことは見知らぬ人にできるわけないでしょ」と思う人いるかもしれませんが、それはあなたが分けてもらう側だから余計にそう思ってしまうのです。

日本人というのは極めて親切なのでガソリンを分けてくれる人は絶対に見つかるはずです。

なぜならこれは日本のインド大使館に勤めていた著者の友人の実話です。

ジュガールのエッセンス1番目、少ない力で多くの利益を得るです。

著者は買って異国の日本で飛び込み営業の仕事をしていましたが、初めはなかなか上手くいかず悩んでいたそうです。外国人ということもあったことでしょう。

しかし、ジュガールを用いてこのエッセンス1を実践したことであっと言う間に4ヶ月連続で全国一位をとり、独立するに至ったそうです。

たくさんの家を訪問して頑張って営業しているが断られてばかり。家のドアすら開けてももらえないことも多く、なかなか成績が上がらない。あなたが営業をしていてそのような立場だったらどうするでしょうか。

例えばもっと多くの家を回って営業を頑張るとか、商品についてのセールストークを磨く、日本人だとこのような回答が一般的でしょうか。

しかし、ジュガール的にこれは不正解だそうです。

著者がジュガール的思考で実際に行なった方法は親しくなったお客様にクライアントを紹介してもらったことです。

「なんだよ、そんなことか」と思われたかもしれませんが、これは多くの日本人ができていない単純なことでもあります。

無鉄砲に営業先を増やしたりとか型にはまったセールストークを磨く努力よりは簡単で合理的な方法だと思いませんか。

このように少ない力で多くの利益を得る方法を真剣にあなたが考えることができるようになれば短期間で成功することが可能になります。

日常生活の中でより少ない力でより多くの利益を得るにはどうすればいいのかなと常に考え続けましょう。

柔らかアタマで考えてピンチをチャンスに

それでは次にエッセンスの3つ目、柔らかアタマで考えてピンチをチャンスにするに解説を移っていきましょうか。

さてここでももう一度想像してみてください。

あなたが砂漠を横断する旅をしているとします。目的地はまだまだ遠いのに唯一持ってきた飲み物は水筒に半分残っている状況。

これに対してあなたはもう半分しかないと思いますか。それともまだ半分もあると思うでしょうか。

人によってとらえ方は違いますが、どうせならばまだ半分もあるとは捉え方が前向きになった方が良いのではないでしょうか。

このお水の例は、プラス思考の大切さ、ポジティブ思考の大切さを説明するときによく使われるものであります。

これはお金に変えることもできます。

例えば貯金が半分になってしまったら節約を始める人と、残りのお金を使って新たなチャレンジをしようと考える人に分かれるでしょう。

どちらの方が絶対的に正しいとは言えませんが、物事をプラス思考で捉えた方がチャンスや成長する可能性が増えるのは確かです。

一般的な成功論としてはプラス思考の方が支持されるかもしれません。

ではジュガールの場合はどちらを推奨するのか結論としては両方が正解だそうです。

ジュガールは物事に対して一方的な捉え方をよしとしません。

プラス思考が素晴らしいのは間違いありませんが、もしそれで半分残った貯金を元手に投資して失敗してしまったら困ります。

どんな時でもプラス思考を必ず優先するんじゃなく、もう半分しかないとまだ半分もあるの、両方をきちんと考えた上で最善の行動をとることそれがジュガール式です。

常に頭を柔らかくして常識や固定観念に縛られることなくフレキシブルな行動をすることこそがあなたを成功に導いてくれます。

頭を柔らかくしてフレキシブルに行動するにはどうすれば良いのか。

まずはプライドを捨てることが重要です。

特に日本人はプライドが高すぎます。例えば日本人は他人から間違いを指摘されると嫌そうにする人が多いです。

この反応は欧米人と極めて異なります。欧米人は間違いを指摘されたら笑って受け入れたり逆に指摘してくれた事に感謝する人が多いそうです。

こんな話をして「日本人はプライドが高いんだよね」と言うとおそらく「日本人って謙虚ですよ」と反論が返ってくるでしょう。

この反論自体がプライドの高さを示しているのではないでしょうか。しかし、世の中には自分が正しいと思うことばかりではなく、むしろ知らないことや間違ってしまったことの方が圧倒的に多いです。

頭を柔らかくしたいのであればまずはそれを受け入れなければいけません。

プライドは時には良い面もありますが、あなたの足を引っ張ってしまうことの方が多いです。

皆さんも自分の過去の経験からプライドが高かったせいで失敗してしまったという経験を思い出すことができるかと思います。

他人から意見や指摘などをもらうことは恥ずかしいことでもなんでもなく、むしろありがたいことだと思いませんか。

間違いを教えてくれる人がいなければあなたはずっと間違え続けてしまうんです。

その方がよっぽど恥ずかしいのではないでしょうか。そして自分一人で大きな成功などできず、成功するにはみんなの協力が必要だと自覚することがとても大切です。

是非つまらないプライドは捨てて間違いなことは間違いであるとしっかりと認めていきましょう。

決して諦めない

それでは次エッセンスの5つ目、決して諦めないのお話へと移っていきましょう。

先ほども記載した通り日本人はプライドが高いゆえにすぐにあきらめる傾向にあります。

もしインドあなたが旅行していてインドの売り子さんがあなたが日本人だと分かった瞬間に通常の何倍もの価格で売りつけてきたとしたらあなたはどう思うでしょうか。

高いと思いながらも相手の言い値で購入したり言葉が通じないからと購入をあきらめる人が多いのではないでしょうか。

インド人の感性だとこれはありえないそうです。インド人がインドで買い物をする時にも売り子さんに値段をふっかけられることがあるそうですが、その時は自分が納得する値段になるまで粘り強く交渉を続けます。

手に入れたいと思ったものは簡単には諦めないし、高いと思ったら必ず値引き交渉をする。

日本人とは反対で諦めが悪いのがインド人だそうです。

例えば、美味しいポップコーンのお店に行列ができていてそこに並んだものの自分の目の前で品切れとなってしまった。

そんな時はインド人ならばこんなに並んだのだから明日は、並ばなくていいように予約をさせて欲しいとか、1時間も待たされたんだから次回使えるクーポンが欲しいと言った交渉を始めます。

日本人だとそれができるでしょうか。そして著者にもこのようなエピソードがあります。

ホテルの喫茶店に行ったらちょうど豆を切らしていて紅茶しか出せないという状況だった時のこと。

多くの日本人ならば仕方がないから紅茶でいいか、となるでしょう。

しかし、諦めの悪い著者はコーヒーのパウチを持ってくるからお湯だけ用意して欲しいと頼んだそうです。

日本人が見ていたらそんな恥ずかしいことよくできるなと思ってしまうかもしれませんが、諦めの悪い行動は、高いプライドが許さないはず。

ですがそうして粘ったおかげで著者は飲みたくて仕方がなかったコーヒーにありつくことができたのです。

もちろん交渉を断られればむやみに交渉を引き延ばしたりはしません。

相手に失礼にならないようにそして時間の無駄にもならないようにわきまえた上で交渉します。

シュガールは諦めるという行為を認めないためインド人の辞書には何もせずに諦めるという言葉ではないそうです。

しかし、諦めが悪いことがなぜジュガールなのか。それは諦めてしまったらその時点で終わってしまうからです。

少ない力で最大限の結果を求め、物事を柔らかな頭で受け入れ簡単には諦めない。これらは全て常に最善の方法を模索しているジュガール的思考です。

シュガール的思考をする人はどんなに可能性が低くても見方や発想を変えて一発逆転の方法を考えます。そして、万が一その方法がうまくいかなかったとしてもくじけずその失敗を次に活かそうとします。

ここでも諦めません。こういったジュガールのマインドエッセンスが今急速に発展しているインドの原動力を作り上げているとも言えるでしょう。

照会したことはジュガールの元となる考えのほんの一部です。

特別に新しく感じたことはないかもしれませんが、多くの日本人がやったことがないことばかりだったのではないでしょうか。

もしくはやりたくても日本の常識のなかではプライドや羞恥心が勝ってしまい、そう簡単にできなかったことばかりだったと思います。

あなたがこの従来的、常識的な発想にとらわれないジュガール的思考が実行できる数少ない人間になれた暁には、数少ない人間にしか達成できない新しい世界を見ることができるはずです。

まとめ
  1. 以外にとても単純なことができていないために成績に伸び悩んだり得られる利益が少ないことに手間や時間をかける人が多い。ジュガールは不必要な手間は掛けず常識にとらわれない一番の近道を選び行動するため短期間で成功することができる。
  2. ジュガールは他人の意見にすぐに右へならえをすることはない。プラスマイナスだけではなく、様々な面を見て物事を考える。柔軟な思考ができるようになるためにはプライドって大きな成功は自分ひとりではできないということを自覚すること。
  3. どんなに可能性が低くても見方や発想を変えて一発逆転の方法を考えよう。うまくいかなくても諦めずに次に活かせば良い。何もせずに諦めるということをやめれば後悔しなくなり人生に余裕ができる。

シュガール式お金との付き合い方

ジュガール思考を持つ印僑がお金に対してどのような意識を持っているのかについてお話します。

インドで印僑の大富豪たちに触れ、そして日本で多くの日本人に接する中で著者は次のように感じたといいます。

日本人と印僑のお金持ちは、お金に対して全く正反対の意識を持っているんだと。

まずは日本人。お金がなかなか増えないと洩らす日本人には共通点があります。

それは彼らがお金の事を悪だと思っているということ。単にお金が嫌いということではなく、お金の話ばかりする人のことを強欲で意地汚いと思うとか、お金持ちは裏で悪いことをしているような気がする、と言ったふうに思っています。

つまり、お金をたくさん稼ぐこと、お金をたくさん持つことにネガティブなイメージを持っているのです。

お金に対してがめつくなるのは恥ずかしいとか、生活できるだけのお金を稼げば10分であるとか、そのように考える人も多いでしょう。

ノーベル平和賞を受賞した環境保護活動家のシニア人女性のワンガリマータイさんは来日の際に日本人の「もったいない」という言葉を知り、「必要以上に欲しがらず、今ある資源を有効に活用する」ということで「MOTTAINAI」を提唱し世界中の人に感銘を与えました。

必要な資源は最小限に抑えようという実に素晴らしいメッセージです。

ただ、これをお金に当てはめるべきではありません。お金は資源と同列で考えるべきではなく、むしろお金と似ているのは人間関係であります。

いくら仲の良い友達がいても困らないように置かれたっていくらあっても困ることはありません。

誰かを嫌いになれば大概相手からも嫌われます。これはお金にも同じことが言えてお金の事を悪だと思っているうちは、お金からも好かれず、お金が貯まる理由もないのです。

お金を好きになり、大切にするべきです。自分のお財布に入る時は「いらっしゃい」お金を使う時は感謝して送り出しましょう。

そういった話は多くの成功者から聞きます。お金を増やしたいと願うのならばお金に対する考え方をまず変えること。お金はネガティブなものではなく友達のように大事なものです。

日本ではお金がありすぎると、ろくな人間にならないと子供に教える人もいます。

その一方で印僑の子供達はお母さんからこのように聞かされます。

「あのお金持ちをごらんなさい、あの人は投資をして財を成したのよ、すごいわね」あるいは、「あの人は日本でビジネスして成功したのよ。あなたもあんな風になるのよ」

このように教えられるからこそ印僑の人たちは世界中で大活躍しお金をたくさん稼いでいるんでしょう。

もしあなたが本当にお金持ちになりたいと考えているのならばここまでお話ししたようにお金に対するイメージ、お金持ちに対するイメージを改めることが必要です。

そして、これからお話するお金との根本的な付き合い方も考え直さないといけないかもしれません。

お金の付き合い方は子供時代から始まり10代、20代、30代から40代そして50代以降と年代ごとに変わります。

ではこれからジュガール式、年代別お金との付き合い方を解説します。

子供時代

子供は自らの意思でお金の勉強ができないため親が子供に対してお金の教育を施すべきであると著者は言います。

親の言葉が持つ影響力というのは絶大で、子供のお金の価値観を作り上げその子供が大人になっても続いてしまいます。

もし親が「お金持ちなんてみんな悪人だよ」とか「お金を持つことは悪だ」という価値観で生きていたらその親に育てられた子供はお金持ちになることを心理的に避ける確率がグンと上がります。

反対にお金の大切だとか「お金をたくさん稼いだり使うことは悪いことじゃないんだよ」などと言って教わった子供は将来お金持ちになる確率が上がります

子供の頃に植え付けられた固定観念は将来を左右します。

著者が仕事で関わった成功者には子供も座る食卓で毎日家族で経済やお金に関する話題に触れたり議論するといった家庭に育ったお金持ちもいらっしゃったと言います。

そこまではしないとしても日頃から会話の中でさりげなく、お金=楽しいことをするのに必要なものという意識を刷り込んでいけば、子供の経済観念は自然と育っていきます。

これを聞いて自分はまさにお金持ちになることを避けてしまうネガティブな教育を受けてきたかもしれない、とそう思っている人いらっしゃるかと思います。

しかし、安心してください。今からでも十分刷り込みを変えることができます。お金に対する意識がポジティブになるまでどうか諦めないでください。

お金は友達のように大事なものであるということを思い出し、何度でも復習しましょう。

そして本当にお金が友達のように大切なものなんだと心から納得することができればおそらくお金もあなたのことを愛してくれるようになるでしょう。

それでは次10代のお金の付き合い方について解説していきます。

10代のお金の付き合い方

10代になるとクラスメイトだけでなく部活、アルバイト、学習塾など交友関係が一気に広がるため友達の選び方が極めて重要になります。

なぜならよく言われていることでもありますが、付き合う友達によってあなたのレベルが決まってしまうからです。

知り合う人の中にはあなたにとって有益な存在となってくれる素晴らしい人もいれば、知り合うべきではなかったと後悔するような人がいるというのは皆さんご存知だと思います。

その中で意識的に付き合う人を選ぶということが大切なのです。

将来、経済的にも精神的にもレベルの高い人になりたいのであれば10代のうちからお金の面に関してはもちろん、とにかく一緒にいて勉強になる人を友達に選ぶようにしましょう。

そうすればその人といるだけで全自動であらゆる事を学習することができるからです。その人と一緒にいれば勝手にあなたの頭は良くなっていくんです。

パナソニックの創業者松下幸之助さんはこのように語っております。

"友を見ればその人がわかる。人脈というのはいわば偏差値であって、レベルの高い人の周りには、それだけの人が集まる。そしてその欠点をカバーしてくれる仲間を持つ。

ぜひ意識的に人間関係を選択していただきたいと思います。

それでは次に20代のお金とのお付き合い方について話します。

20代のお金とのお付き合い方

さて20代になって就職をしたら今度は成功している先輩たちから学びましょう

営業成績がずば抜けている先輩からはうまく売るコツを。どんどん昇給している上司からは出世のコツを。ご飯に誘うなどしてうまくコミュニケーションをとり教えてもらうのです。

また、セミナーに行くことでそこに参加している経営者、つまりお金持ちとの縁があってきます。

経営者と知り合いになったことがきっかけで営業成績がみるみる上がって行った人は著書の周りにも大勢いるそうです。

すでに自分が30代を今超えていてこれまでそのようにしてこなかったよ、という人も今からでも始めましょう。これからの人生で一番若い今からスタートすれば問題はありません。それは30代から死ぬまで今が一番良いタイミングでございます。

時は前にしか進みませんので何かを変えたいならば今が最適なタイミング何です。

それでは次30代から40代のお金との付き合い方について解説を移っていきましょうか。

30代から40代のお金との付き合い方

30代から40代になると家を買う人が増えてくるかと思います。結婚をしている場合は、パートナーと相談しながら長期的な財務プランを立て将来設計をするかと思います。

30代のうちにフィナンシャル系のセミナーに参加し資産運用の知識を身につけておくというのもおすすめです。

後々にそれは役に立つ知識となってくれるでしょう。そして少額でもいいですから投資を始めるようにするといいでしょう。40代は子供がいる場合、教育資金が必要になる時期です。

自分達の老後のことも視野に入れつつ、子供に費やす教育ローンや奨学金制度学資保険など教育資金についての勉強をしましょう。

出費が多くなる時期ですが、著者はあえてここで投資をすることをお勧めされております。

それでは次50代のお金との付き合い方について解説していきます。

50代のお金との付き合い方

50代以降子供にだんだんお金がかからなくります。そして、自分と自分のパートナーの老後について熟考するべき時がやってきます。

若いうちに投資が成功させたら運用益が入ってきますし、これまで投資など一切してこなかったよ、という人でもこれからお金を作っていけばOKです。

お金を作り始めるのに遅すぎるということはありません。それでも若いうち俺何も積み立ててこなかった、何もしてこなかったな、とガッカリしてしまう方はケンタッキーフライドチキンの創業者カーネルサンダースを思い出しましょう。

彼は何と60代の時に起業して大成功を収めております。50代以降に投資家起業を始めて成功する人は多く存在しています。

何より大切なのは必ず行動に移すことです。これからの人生で一番若い今こそ行動を開始し人生を再構築していこうではありませんか。

今の年齢は関係ありません。あなたが一番若いのは今この瞬間なのです。

まとめ

お金に対する悪のイメージ、お金持ちに対して良くないイメージを持っているうちはお金から好かれずお金が貯まらない。

子供の頃に植え付けられた固定観念は将来を左右するためお金の大切さを教わった子供は将来お金持ちになる確率が上がる。

これらの事実を今知ったという大人は、お金との付き合い方を今から改めれば大丈夫。お金を作り始めるのに遅すぎるということはない。子供にはお金の大切さだけではなく、交友関係が広くなる年頃には付き合う友達や先輩を選ぶことも教えよう。

 

ジュガールを使えるようになれば人生はより良くなるに違いありません。

例え、いつ何が起こっても慌てることなく、柔らかな適応力でどんな環境でもどんな状況でもしたたかに生きていけるようになるはずです。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事