人気記事!!
【5分で読める本要約】黒田 悠介|ライフピボット
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

今回紹介する本は黒田裕介さんの"ライフピボット"になります。

題名にもあるピボットとは本来回転軸という意味ですが、最近シリコンバレーなどでは方向転換・路線変更といった意味合いで盛んに使われている言葉です。

本書の中でのライフピボットとは過去の経験による蓄積を足場にして着実に新しいキャリアへと一歩を踏み出せる考え方のコンセプトとして提唱されています。

著者である黒田さんは数年来キャリアについて対話することを趣味としてきたそうです。

そこで気付いたのは同じ境遇にも関わらず全く違うキャリア観の人がいるということです。

一体キャリアを転換できる人とできない人にはどんな差があるのでしょうか。

もしこのキャリアの転換に法則があるのならそれを整理して誰でも実践できるようになれば皆さんのお役に立ち、またこの変化の激しい人生100年時代を生きるあらゆる人が自分自身の手でキャリアをデザインする指針になるのではないかと思い本書を執筆されたそうです。

スポンサーリンク

現代社会にライフピボットの考え方が必要になった理由

現代社会においてなぜライフポットの考え方が必要なのか。

私たちは昭和、平成、令和と期間を経てバブル期以前と以後ではその人生のあり方が変わったということに気が付かなくてはなりません。

バブル以降の経済成長の停滞と人口減少によってそれまでの経済成長だけに重きを置いていた社会では機能しなくなってしまったのです。

物質だけの豊かさだけではなく精神的な豊かさも重視する価値観へとシフトしました。

精神的な豊かさは人によって異なりますから、私達の人生は多様な選択肢から自分に合ったものを選べるようになってきたのです。

かつての教育、仕事を老後という人生の三大構成も変化し一人一人異なる形で社会に関わっていくようになってきました。

そして転職や独立起業などの形でライフスタイルが転換するようになってきました。これは他人事ではありません。誰もが転換し続けなければなりません。

ではなぜ転換し続けなければならないのか。その理由は3つあります。

人生の長期化

人生100年時代という言葉がありますが、これはもう医療、栄養、環境などの進歩により確実に寿命が延びていくということを表しています。

そして、これは日本において少子高齢化を加速させてしまう可能性があるのです。少子高齢化が問題なのは支える世代が少なく支えられる世代が多いことにあります。

このアンバランスを解消するために定年が延長されます。

今後は定年ということすら無くなっていくでしょう。この長い人生を生きていくためにはお金が必要です。

老後のためにお金を貯めておくという考え方もありますが、それよりも若いうちから柔軟にキャリアを転換し続け老後も柔軟に新しい可能性を切り開けるようになっておく方がいいのです。

それが人生の充実にも繋がり健康寿命も延び、老後のお金の心配も減ることになるでしょう。

ライフスタイルの短期化

キャリアプランという言葉がありました。これは入社したら1つの会社にずっと勤め続けることを前提としています。

変化の少ない時代では長期的な計画をし行動をとり続けることもできたでしょう。

しかし、今現在世の中は長期的な計画を描ける状況にはありません。個人のキャリアも企業の将来像も見通すのが難しくなってきています。企業は短命化し仕事はプロジェクトベースになり状況は常に変化しています。

企業そのものが倒産してしまったり買収されてしまったり、たとえ会社が潰れなくてもリストラや労働環境の変化は避けることができない世の中になってきています。

人生には予想もしないことが起きるものです。

2020年の東京オリンピックが開催延期になったり、トイレットペーパーが店頭からなくなったり、マスクの値段が乱高下するなどの予想を誰がしていたでしょうか。

COVID-19の影響でキャリアプランの変更を余儀なくされた方も多いでしょう。

現在の変動・不確実・複雑・曖昧ないわゆる、VUCA時代では企業の短命化は個人にも大きな変化をもたらしライフスタイルは短期化することになります。

企業だけでなくあなた自身もどんどん変わっていくことになるわけです。

そして、この時代においては自分自身の変化やライフスタイルの変化も予想が難しいです。

世界の変化と加速

様々なテクノロジーが5000万人のユーザーを獲得するまでにかかった時間という記事で紹介されていたデータを見てみましょう。

私たちの生活を支えたイノベーションがどれだけの速さで浸透していったのかが分かります。

例えば、飛行機は68年、自動車は62年、62年や68年かけて5000万人のユーザーを獲得したということです。

電話は50年、電気は46年、68年かけて5000万人のユーザーを獲得したということです電話は50年、クレジットカードは28年、テレビは22年、ATMは18年、コンピューターは14年、携帯電話は12年、インターネットは7年、iPodは4年、YouTubeも4年、Facebook3年、Twitter2年、としてポケモンGOは19日、携帯電話やインターネットがあったからポケモンGOは急速に広がったように、以前のイノベーションが次のイノベーションを支えるということもあり、そうしたイノベーションの連鎖がさらに変化を加速させている一因にもなっています。

また、グローバル化することで世界のあらゆる部分が連動して起こるようにもなり世界のどこかで起きた変化が全く違う場所に影響を与えるということも珍しいことではなくなりました。

COVID-19が世界中に広がったこともグローバル化による繋がりが強くなたことを意味しています。

今後このスピードが衰えることはどうやらなさそうです。また、こうした変化による地球環境への負担も問題となっているのでその反省点から様々な業界がスローダウンかを模索していますが、どちらにせよ大きな変化になるわけです。

まとめ

■現代社会にライフピボットの考え方が必要になった理由

  1. 人制の長期化ポイント
  2. ライフスタイルの短期化ポイント
  3. 世界変化の加速

 

このような時代に人生を1つ2つのライフスタイルで生き抜くことは難しいと言えます。

何度も何度もライフスタイルを転換することが当たり前のことになっていきます。どんな変化にも対応できる準備を進めておくほうが良いのです。

具体的にライフピボットを実践する流れ

本書の中ではライフピボットに必要な事柄がたくさん書かれていますが、その中から特にお伝えしたい6つのアクションについて解説していきます。

このアクションは…

  1. ライフピボットに必要な価値を提供できるスキルセット
  2. 広く多様な人的ネットワーク
  3. 経験によるリアルな自己理解

という3つの蓄積を貯める方法になります。

スキルセット人的ネットワーク自己理解この3つを常に意識するということを忘れないようにしてください。

この3つのアクションを地道に実行すればライフピボットを自在に繰り返し自分で人生やキャリアの舵取りができるようになるはずです。

アクションの種類を大別すると

  • 新しい人に出会う
  • 新しい場に出向く
  • 新しい機会を生む

ということになります。

具体的に紹介していきましょう。

1つ目:アクションマッチングサービスを利用する

マッチングサービスと聞くと出会い系の恋愛のイメージが強いかもしれませんが、これはいわゆる出会い系とは異なりビジネスやキャリアにつながる出会いを求めてビジネス系マッチングサービスを利用するということです。

特にCOVID-19の蔓延以降リアルで人と面会する機会が減ってしまったこともありニーズが高まっています。

一般的にマッチングサービスは2社間でお互いが「会いたい」と意思表明した場合に限りメッセージのやり取りができるようになっています。

そして、その後実際に会ったりビデオチャットで通話したりします。男女の出会い系サービス同様、プロフィールに魅力を感じるポイントがあれば会いたいと思ってもらえるでしょう。

ですのでここで重要なのはプロフィール文に何を書くかということになります。

著者は、ビジネス系マッチングサービスで約500人と会ってきたそうです。

そして、マッチング確率が高いプロフィール文制作の原則が

  1. 長過ぎないこと
  2. 冒頭の文章だけで一度完結させること
  3. 過去よりも現在
  4. 仕事以外の事も書く

なのです。

マッチングで新しい人に会う理由は、人的ネットワークを増やすため。普段接点のない人だからこそ客観的なコメントを送れることも多く自己理解を深めることができるのです。

更には自分のメリットだけではなく、相手のメリットも考えるとその後の信用にも繋がります。

2つ目:発信続ける

それは発信続けるということです。最近では個人も様々な形で発信できるようになりました。

YouTubeやTwitter、Instagramなど様々なSNSサービスのお陰で個人が発信しやすい時代になったのです。

しかし、何もインフルエンサーになれと言っているわけではありません。

なぜ発信が必要なのか。神様もしくは信頼してくれる人を増やすために発信するのです。

覚えておいてほしいことは信用は価値提供によって溜まっていき信頼は共感によって築かれます。

この信用が価値提供と結びついている。

信頼が共感と結びついている、ということを覚えておきましょう。だからこそ発信は価値のある情報、つまり役に立つことを発信することで信用してもらうため、そして自分の想いや価値観やりたいことなどを一貫して発信し共感され信頼を得るために何度も何度も繰り返していくのです。

発信で役に立つとはどういうことなのでしょうか。

例えば、インターネット上にない情報を発信する新しい切り口での情報の整理と発信などはとても有効です。

また、海外では話題でも日本ではあまり知られていないモノやコトを日本語で発信するこれも非常に役に立ちます。

どうしてそういった情報にあなたの想いや価値観をのせて何度も何度も発信する。発信を繰り返すということが大切です。

これは同じ言葉を短調に繰り返すということではなく、その根本に一貫する想いや価値観が感じられる発信をするということです。

一貫性があることで共感されやすく、また覚えてもらいやすくもなります。

発進のコツは2つのタイプの発信をバランスよく混ぜること役に立つ情報ばかりではネタが尽きてしまいますし、逆に繰り返すばかりでは主張が強くなりすぎてしまいます。

そして、できれば顔を出し実名で発信する方がいいです。

匿名では発信による信用・信頼があなた自身にひも付きませんので人的ネットワークとしての機能も下がり、実命の方が発信により厚みが出て一層強化してもらいやすくなるんです。

そして、この発信を継続するということも非常に重要です。

継続することで人の目にも多く吐き人的ネットワークがどんどんどんどん広がっていきます。

すぐに実践できますのでぜひ試してみてください。

3つ目:イベントに登壇する・イベントを主催する

これハードル高いように思えますが、実はイベントというのは参加するだけでは多くのものを得ることはできません。

そのため漠然とイベントに参加するという考え方を切り替えてください。イベントは聴衆として参加するものではなく相談する、むしろ主催するものだと考えるのです。

相談することのメリットは参加者に自分の考えや経験をじっくりと話せるということです。

これは色々な場面で使えるプレゼンテーションのスキルセットを溜める経験にもなりますし、登壇という特別な場で伝える内容を準備する際に自分自身について考え言語化や表現をすることになるので自己理解にも効果があります。

さらに当団で知ってくれた参加者と名刺交換をしたり、SNSのアカウントで繋がったりすることで人的ネットワークのもとになるつながりが生まれます。

また、イベントに登壇することは別のイベントに登壇するきっかけにもなります。

次に主催することのメリットについてお話ししていきます。

イベントを主催することのメリットはどうだすることのメリットに加え自分の会いたい人を登壇者に呼ぶことができるということが加わります。

さらに人を集まる場を作るというスキルセットが身につきます。そして、イベントの登壇や主催には学びが深まるというメリットもあります。

自分がイベントの主催なんて考えられない、人が集まらない、と思う方が多いと思いますが、誰でも最初はそうなのです。

最初から人を大勢集める必要はありません。小規模なものからでいいので是非やってみてください。

4つ目はコミュニティに参加する・コミュニティを主催する

新しいコミュニティに入ることは様々な面で私たちの可能性を広げてくれます。

特に会社と家庭を往復しているだけのような人は、第三の場所としてそれ以外の場に所属することで得られる恩恵というのは非常に大きいです。

では、見たことのない自分の新しい側面を見つけたり会ったことのない新しい人とのつながりが生まれます。

コミュニティではそこに属する人がギバーになりやすいということもメリットのひとつです。

ギバーとは自分が受け取る以上に与えようとする人のことであり、見返りを求めずに相手の相談に乗ったり活動を手伝ったり人を紹介して応援してくれたりします。

これは例外を除いてコミュニティでは長期的な人間関係を築いていくことが多いからなのです。

皆さんも無償で人を助けたり手伝ったりした経験があると思いますが、そういったことを行う相手は大体が長期的な人間関係があったり深い関係であるという場合が多いです。

ということは長期的な関係になりそうな人との付き合いは相手と良好な関係を築いておきたいと思うものなのです。

そして、ここに人的ネットワークが生まれると有益な情報や機会が得られやすくなり、ライフピボットにつながる偶然も生まれやすくなります。

また、イベントの時と同様参加するよりも主催を運営する方がより得られるものが多いのは言うまでもありません。

5つ目:ギグワークをする

本書の中でいうギグワークとはオンラインで受発注される単発の仕事をさせています。

隙間時間にできるタスクを狙うのがギグワーカーです。このギグワークをすることで普通のスキルを試したり自分のスキルのニーズの有無を実験することができます。

ギグワークでは短時間で自分を試すことができるというメリットがあり、また事前に人的ネットワークがあまりない場合にも活用しやすいという点が大きなメリットとなります。

また、更に将来に向けて講習の相場、発注者とのコミュニケーションのコツなどを知ることもできます。

6つ目:ギブワークをする

これは著者が作った造語ですが、相手にギブをする。つまり、タダ働きをするということです。

金銭の報酬がゼロだったとしてもそれ以外に受け取れる報酬がありギブワークには存在します。

金銭以外の報酬とはスキルセット人的ネットワーク自己理解と幸福に必要なポジティブな感情、達成、没頭、意味のことです。

私たちはただ働きからこうした様々な報酬を得ることができます。お金の代わりに経験が手に入るのでタダ働きは経験を買うという感覚でもあります。

ギブワークはお金の話をせずに価値提供ができるので戦略的に自分のことを知ってもらうことにも活用できます。

ギブワークという贈与によって自分のスキルを世に出す機会が得られますし、その力で人的ネットワークが広がっていきます。

まとめ

■ライフピボットを実現する蓄積を貯めるための6つのアクション

  1. マッチングサービスを利用する
  2. 発進し続ける
  3. イベントに登壇する・イベントを主催する
  4. コミュニティに参加する・主催する
  5. ギグワークをする
  6. ギブワークをする

ライフピボットで繰り返した先にある未来の働き方

ここまでの話でライフピボットとは私たちの人生において欠かせない考え方になるということを記載しました。

人生は長期化する一方でライフスタイルは短期貸しており、私たちは生涯でいくつもの生き方や働き方を経験することになります。

経験を通じて価値を提供できるスキルセットを広くたような人的ネットワーク経験によるリアルな自己理解というこの3つの蓄積を食べながら常に来福用途に備えている状態がありそうです。

ライフピボットを繰り返すことで自分だけの軌跡が描かれていきます。

それは誰のものでもない唯一無二のものです。ここではライフピボットことを繰り返すことで開かれる働き方の未来像を4つ説明したいと思います。

オクトパス型

1つ目スキルセットを活かしたオクトパス型。

オクトパスキャリアとは経験で蓄積したたくさんのスキルセットを活用し様々な仕事を同時に出かけるキャリアのことです。

副業の進化形とも言えるでしょう。二足のわらじどころの話ではなく八足のわらじ、もしくはそれ以上です。

例えばアプリ制作会社をやりながら飲食店をやりつつ、書道家や歌手としても活動しNPOの運営にも携わるということもできるでしょう。

オクトパス型キャリアの人にとって全ての仕事はプロジェクトと言えます。

一定期間の実践を経てまた次の仕事を手掛けていきます。この繰り返しによってさらにスキルセットを蓄積していくことができます。

そんなキャリアでは1つのスキルを磨くことができずに中途半端になってしまうのでは、と思うかもしれませんがそのようなことはありません。

むしろ短期間でもどっぷりはまってみることで誰よりも早くスキルを習得することができます。

これはホリエモンさんの多動力にも通じる考え方です。

重要なのは自分がやれるかどうか。それはやってみないと分からないので色々試す好奇心や冒険心がある人に向いていると言えるでしょう。

コツは手堅い仕事とチャレンジングな仕事をブレンドすることです。

2割くらいは手堅く稼げる仕事にしておき、残り8割をチャレンジに使うのです。

こうすることで生活のためのお金は確保しつつ、さまざまな挑戦ができます。

オーガナイズ型

2つ目は人的ネットワークを活かしたオーガナイズ型。

オーガナイズ型キャリアは経験で蓄積したたくさんの人的ネットワークを活用して人をつないでいくキャリアです。

様々な垣根を超えて人をつなぐことで新しい仕事やプロジェクトを生み出します。

例えば、同じ業種や職種の人を集めてイベントやコミュニティを立ち上げたり、異なる業種の人をつなげてコラボレーションを促したりといったこともできるでしょう。

人材紹介や営業代行のような事前の契約で人をつなぐこと自体を仕事にすることもできますし、人を繋いだことで生まれるプロジェクトに自ら参画することで仕事にすることもできます。

そこで生み出した繋がりが有益なものであればあるほどその繋いだ人たちと自分の関係も信頼や信頼関係も深まっていきます。

こうして人的ネットワークを活かして人をつなぎ、その過程でさらに人的ネットワークを広げることができるのがオーガナイズ型キャリアの特徴です。

人間の脳のサイズから推定すると安定した社会関係を維持できる人数は150人程度だそうです。

しかし、持続的ではなくても記憶に残っている相手であれば関係性を再構築することは可能です。

今は、SNSで繋がっておき必要に応じて自分はこれをやりたいと表明し募集することだってできます。

これもまた活用可能な人的ネットワークと言えるでしょう。オーガナイザー型キャリアで重要なのは定期的につながりのある人とコミュニケーションをとりニーズにあった人をコミュニティ化したりしてそこに価値を生み出していくということです。

とうとう人をつなぐことは一時的ですが、コミュニティを作っていくことは持続的な取り組みです。

人的ネットワークを活かすにはこの両方のバランスをとることが重要になります。

短期的に人と人をつなぐことで長期的にはコミュニティを作って報酬を得る。人と関わることに喜びを感じる人は是非目指してみてはいかがでしょうか。

オプティマイズ型

3つ目は自己理解を生かしたオプティマイズ型です。

オプティマイズ型キャリアは経験で蓄積した深い自己理解を活用して自分に最適な働き方をするキャリアです。

前の2つが発散的に動いていくイメージならオプティマイズ型は逆に収束的な動きをします。

不要なことを捨て去り自分の幸福のために必要な最低限の要素を残すのです。

必要最小限の持ち物で生活するミニマリストというライフスタイルがありますが、それのキャリア版だとイメージてください。

自分の欲しいものが分かっていれば最低限必要な稼ぎもわかりますし、一定以上働く必要はないでしょう。

自分が働きたい分だけ働いて、それ以外の時間は余暇として充実した時間を過ごせます。

自分の幸福に必要なもののために時間を使うのです。ただし、必要最低限の事をするにしてもその後のライフピボットに供える気構えは忘れてはいけません。

オプティマイズ型キャリアはライフピボットを繰り返した先にある未来の働き方として紹介するにはあまりにも地味ですが、こうした地味な働き方も自己理解があってのことなのです。

地味でも本人はそれで至って満足です。

多くの人にとって理想の働き方というのはこうしたシンプルなものなのかもしれません。オプティマイズ型キャリアは自己理解を活用し最適な時間の使い方をすることができます。

内向的、内政的な人は目指してえみてはいかがでしょうか。

オリジナル型

最後に4つ目、3つの蓄積を統合したオリジナル形になります。

オリジナル型のキャリアは他の人には真似できない自分だけのキャリアになります。

真似できないのは当たり前で、その人のピボットの奇跡がその人のオリジナリティを生み出しています。

そのバリエーションは多種多様。そしてそのためにはライフピボットの蓄積が必要です。

オリジナル型キャリアの人たちはいきなりユニークな肩書きで活動し始めたりしますが、それはいきなりし始めたのではなくそれ以前の蓄積があったからこそ偶然をつかみその肩書きにピボットできたのです。

これらをまとめてライフピボットを繰り返したその先の4つの「O(オー)」呼びます。

4つのOは

  • オクトパス型
  • オーガナイズ型
  • オプティマイズ型
  • オリジナル型

というOで始まる未来の4つの働き方のことです。

まとめ

■ライフピボットを繰り返した先にある未来の働き方

  1. スキルセットを活かしたオクトパス型
  2. 人的ネットワークを活かしたオーガナイズ型
  3. 自己理解を生かしたオプティマイズ型
  4. 3つの蓄積を統合したオリジナル型

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事