人気記事!!
多重債務など多額の借金から復活!!生活サポート基金でお金を借りる為の諸条件(金利・審査)を紹介
By: Dick Thomas Johnson
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

こんなことで悩んでいませんか?

  • 借金の返済で困っている
  • 家賃や税金、学費の支払いに悩んでいる
  • 給料が減って、生活が苦しい
  • 数社から借金があり、お金が借りられない

そんなときは生活サポート基金で相談してみましょう。

生活サポート基金は、経済的に困っている人に対して相談にのってくれ、融資をしてくれる会社です。

■同時に読んでおくと良い記事

今すぐお金を借りるなら消費者金融がいい理由!!金利や審査通過率・融資額をSMBCモビット・アコム・レイクALSA比較‼

最新版】お勧めの銀行カードローンを金利・融資額・融資のスピードなどお金を借りる目的別に徹底解説!!

スポンサーリンク

生活サポート基金とは

生活サポート基金とは、一般社団法人の会社で経済的に困った人に対して生活再生、安定化をサポートしてくれます。

生活サポート基金は、国や自治体が運営する団体ではありません。

あくまでも賃金業法に基づいて設立された賃金業者であることは覚えておきましょう。

「株式会社」ではなく『社団法人』としているのは、営利目的に設立している団体ではないためです。

したがって、法律的には他のカードローンと内容は変わらないため、きちんと内容について理解してから相談、融資を受けましょう。

生活サポート基金が利用できる都道府県

生活サポート基金は、全国どこでも利用できるわけではありません。

利用できる都道府県としては、東京都・神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県になります。

なぜかというと、生活サポート基金は生活クラブ生協(東京支部)とパルシステム生活協同組合連合会という首都圏を中心としている組合が立ち上げた団体だからです。

ただし、首都圏以外でも同じような機関はありますので、首都圏以外の方は生活サポート基金のホームページで確認してみてください。

生活サポート基金の主な活動

生活サポート基金の主な活動としては以下のようになってます。

主な活動

  1. 生活再生のための相談
  2. 生活再生ローンの案内
  3. 市民向けセミナー事業
  4. 融資をおこなうための原資確保

では、それぞれどのような活動をしているのか具体的に解説していきます。

1.生活再生のための相談

生活サポート基金では、

  • 多額の借金を背負っている人
  • 家賃、子供の学費の支払いに困っている人
  • 収入が少なくて生活が不安定
  • どこからも融資を受けられなくて困っている人

などに対して無料で相談を受けています。

相談者の悩みや現状に合わせて、個人個人に最適な生活再生方法を一緒に考えてくれます。

また融資相談だけでなく、生活上の課題や問題に対しての相談にも応じてくれ、解決策についても具体的に一緒に考えてくれます。

生活上の課題・問題と解決策例については以下のようになっています。

生活上の課題・問題解決策例
債務整理
  • 借金の整理とその方法
  • 債務整理の低金利融資一本化
  • ヤミ金・保証債務
家計管理
  • 家計表の作成
  • 生計バランスの検討
公的支援の紹介
  • 学費
  • 社会福祉協議会
  • 各種手当
  • 雇用施策
不動産関連
  • 不動産の評価
  • 不動産の斡旋業者の紹介
  • 不動産の差し押さえ及び競売
住居移転関連
  • アパートなどの斡旋紹介業者紹介
  • 転居にかかる費用の捻出
  • 引っ越しと残物処理
  • ホームレス施設の紹介
依存症問題ギャンブル、酒、買い物、薬物、借金などの依存症
家族関連
  • 家庭内暴力(DV)(経済的・精神的無視)
  • 家計負担の非協力
  • 子どもの虐待、不登校、ニート
  • 夫婦、親子、兄弟関係
職場に関すること
  • 人間関係
  • 勤務時間
  • セクハラ
  • 給与の差し押さえ
  • 個人情報の漏洩
契約に関すること
  • 契約の取り消し
  • 悪質商法
  • 業者の選別
  • 損害賠償
  • カードトラブル
生活保護申請
  • 生活保護申請の方法
  • 生活保護の支給金額
相続、財産管理
  • 成年後見制度の利用
  • 相続とその手続き
弁護士会、司法書士会などの紹介
  • 弁護士、司法書士の紹介
  • 法テラスの民事法律扶助制度の紹介
  • 弁護士、法律相談センターの紹介

生活サポート基金では、上記のようなことを主に相談に乗ってくれます。

ほとんどの生活上での金銭的な課題や問題について、相談に乗ってくれることが分かります。

2.生活再生ローンの案内

生活サポート基金では、お金に困っている人を対象に低金利で貸し付けをおこなっています。

あくまでも個人の生活再生に対しての融資です。

生活再生ローンで一時的に融資を受けて困窮している生活の再生に向けて動いていくといいでしょう

事業を立ち上げたい人への貸付は、対象外となるため注意が必要です。

 

生活再生ローンの貸し付けの内容や対象者、条件などは後ほど詳細を解説していきます。

3.市民向けセミナー事業

生活サポート基金では、長年の経験をもとに市民向けの家計セミナーをおこなっています。

家計管理の方法などを教えてもらえるため、気になる方は生活サポート基金の担当者に連絡してみるのも良いでしょう。

また、市民向けだけでなく自治体の職員や相談員向けの研修やセミナーの講師派遣もおこなっています。

ただし、講師派遣には講師料と交通費がかかります。

※自治体の職員・相談員向けの研修の講師派遣について

生活サポート基金では相談と融資の経験を活かして自治体の相談員向けの家計研修の講師派遣をしています。

詳細は、生活サポート基金のホームページを見てください。

4.融資をおこなうための資源確保

生活サポート基金は出資してくれる会員によって支えられています。

生活サポート基金の活動や信念に賛同している人たちが年会費を払い、そのお金が相談者のための融資に使われています。

 

したがって、融資を受ける際にはこのような出資をしてくれる人や相談にのってアドバイスをくれる人など、多くの人の支えがあるということを理解しておきましょう。

生活サポート基金の会員とは

生活サポート基金の取り組みを会員として支えてください。

●会員の種類
・正会員  当法人の目的に賛同して入会した個人又は団体    年会費1口10万円
・賛助会員 当法人の事業を賛助するために入会した個人又は団体 年会費1口1万円

●入会の方法
別紙の入会申込書に必要事項を記入し、生活サポート基金にご提出ください。
申込書受付後、会費振込先等をご案内いたしますので年会費のご入金をお願いします。

●会員になると
正会員および賛助会員には、生活サポート基金NEWS等のお知らせをお届けします。
また生活サポート基金や関係組織の各種企画を直接ご案内いたします。
正会員には、生活サポート基金の社員総会もご案内します(参加は傍聴)。

会員については生活サポート基金のホームページで上記のように記載されています。

上記の正会員・賛助会員の会費が融資に使われているということを肝に銘じで融資を受けましょう。

 

生活サポート基金は上記4つの活動によって、借金で苦しんでいたり、低収入で生活が困窮している人を生活が安定していくようにサポートしてくれます。

生活再生ローンの貸付けができる対象者

生活再生ローンの貸付けができる対象者は以下のようになっています。

  • 生活再生ローンの利用によって、困窮した日常生活を再建でき、かつ将来にわたって返済可能な家計の見通しが確認できる
  • 助け合いの精神に支えられた貸付けであることを理解し、生活の再生に向かう意思がある
  • 現在無職の方は対象外ですが、収入のあるご家族の方などへの貸付けを検討することもある
  • 貸金業法の適用の範囲内

生活サポート基金が生活再建のために支援してくれる団体です。

したがって、お金を借りるには様々な条件を満たしていなければいけませんが、対象者としては困窮した生活を再生したいという方になります。

生活再生ローンの融資条件

生活再生ローンの融資条件については以下のようになっています。

融資条件

条件項目詳細
返済期間および返済回数1ヶ月~120ヶ月、1回~120回
融資利率年12.5%以内(遅延損害金利率年利14.6%)
担保原則として連帯保証人1名以上を要する。必要に応じて動産・不動産
返済方式元利均等、元利一括
貸付限度額顧客の要望金額に合わせて

※不動産担保ローンもありますが、この場合は不動産売却が前提となるため不動産は残したいという方は別の融資方法を考えていく必要があります。

※連帯保証人について:生活再生ローンのご利用にあたっては、返済が長期間にわたるため連帯保証人が必要となります。

また家族に知られたくないという方は、連帯保証人を知人にしておけば個人情報は必ず守ってくれるため、家族に知られることはありません。

生活再生ローンの金利について

生活再生ローンの金利は、年12.5%(遅延損害金利率年利14.6%)となっています。

他の消費者金融のカードローンでは金利は年18.0%、銀行系のカードローンでも年14.6%程度のところが多く見られます。

それに比べると、生活再生ローンの年12.5%という金利はありがたいものになります。

生活再生ローンの利用までの流れ

生活再生ローンは次のような流れで融資を受けることができます。

利用の流れ

  1. 面談の予約をとる
  2. 面談
  3. ローンの申込書の受付
  4. 貸し付けの審査
  5. 契約内容の確認
  6. 融資開始
  7. 返済
  8. 家計の見直しなどの継続的な支援

借入までの流れは上記のようになります。

生活サポート基金では、顧客の家計相談をもとに計画的な返済ができるような貸し付けをしています。

借入をする際は家計の状況を踏まえた計画的な借り入れをしましょう。

また、生活再生ローンの返済シュミレーションとしては以下のようになります。

返済シュミレーションの返済例

借入額返済期間毎月返済額
50万円3年16,726円
100万円4年26,579円
200万円6年39,622円
300万円10年43,912円

 

上記が返済シュミレーションの例になります。

当然ながら返済期間を短くすれば毎月の返済額は高くなり、返済期間を延ばせば毎月の返済額は安くなります。

返済期間、返済額も無理なく返済できるように、きちんと相談の際に確認をしておきましょう。

生活再生ローン申し込み時の必要書類

生活再生ローンの申し込み時に必要な書類は以下のようなものになります。

必要書類

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 連帯保証人の証明書類
  • 源泉徴収票などの収入証明書

生活サポート基金は、貸金業法に基づいた団体なため他のカードローン同様に上記書類をもとに審査したうえで、問題なければお金を借りることができます。

生活再生ローンの審査について

生活再生ローンは生活向上の意思があり返済を続けていけるということが大前提としてあります。

その大前提があったうえで、審査の基準は以下のようになります。

都内に1年以上在住しているか(都内在住の場合)

勤続年数が6ヶ月以上であるか

世帯年収が600万以下であるか(全体的な家計の収支で融資を判断するため)

審査基準については人によって変わってくることもあるため、相談の際にきちんと確認して申し込みをしましょう。

生活サポート基金の審査は厳しい

生活サポート基金の審査は厳しいと言われています。

一般の消費者金融の契約率は約68%ですが、生活サポート基金の契約率は約20%と言われています。

審査が厳しいと言われている理由にはひとつとして相談者との面談が長時間だったり、連帯保証人が必要だったりすることです。

また、契約後も毎月家計簿の提出が必要だったりと契約後も家計の収支について、監視されていきます。

生活の再建を目的とており、融資に関しては会員の出資によるもののため審査が厳しくて契約後の家計簿の提出は当然と言えば当然です。

しかし、他の消費者金融では借りられなかったお金を借りることができるため、最後の頼れるところなのでダメもとで相談してみても良いでしょう。

生活再生ローンと他のローンの違い

生活再生ローンの目的はあくまで生活の再生を促すためにお金を貸すというものです。

そのため、他のローンでは審査の際に年収などの確認で終わりですが、生活再生ローンではそれだけではありません。

生活再生ローンで融資を受けた後も貸付により生活環境が改善されていっているのか、返済がきちんと行われているのかといったサポートが契約後、返済期間中もつづけて行われます。

この部分が、他のローンとの大きな違いになります。

生活再生ローンに向いてる人

何度もお伝えしていますが、生活サポート基金は借金や低収入で生活に困窮している人を支援する団体です。

そんな生活サポート基金の生活再生ローンを利用するのに向いている人は以下のようになります。

  • 消費者金融のおまとめ
  • 住宅ローンなどもある方
  • 債務整理後のローンの利用

特に複数の消費者金融から借りている多重債務になっている方の借り入れは、返済先が一つになることで月々の返済額も減り負担が軽減されます。

また債務整理後は一定期間、融資を受けることができなくなるため、そんな時にお金を借りたいという時にはこの生活再生ローンが頼りになります。

生活再生ローンの口コミ

生活再生ローンには生活再建のための相談に乗ってくれるといったメリットがある一方、必ず連帯保証人が必要などのデメリットもあります。

では、実際のところお金を借りてみたときにはどうなのでしょうか。

実際に利用した人の口コミについて紹介していきます。

生活再生ローンの口コミ①

私は二人のこどもがおり、共働き家庭です。

長男が大学受験の時に、私が病を煩い、半年間の入院生活を強いられました。任意の医療保険に加入しておらず、給料も満額入らず、一番お金がかかる時期に大変な状況となりました。

妻も働いていますが、パートのため、貯蓄を切り崩しながら生活費も賄っていました。

長男は、薬剤師を目指し、6年間の私立理系大学へ入学しましたが、一年目の費用が本当に苦悩しました。
そこで初めて知ったのが生活サポートです。

ファイナンシャルプランナーのかたに相談し、この存在を知りました。入学金など前期の納入金額はなんとかこれのお陰で間に合いました。私も退院し、今まで以上に働き、今は長男も長女も無事大学に通うことができています。

生活再生ローンの口コミ②

私は数年ほど前に、会社をくびになりました。

そのため、アルバイト生活をしていましたが、日々の生活を送るのに精一杯でした。そこで、事業をしたいと考え始めました。

金融機関やローン会社でお金を借りようとしましたが、なかなか審査に通りませんでした。

その事を友人に相談したところ、生活サポート基金を紹介されたので、生活サポート基金に相談に行きました。生活サポート基金の担当者の方は、私の話をとてもよく聞いてくれ、さまざまなアドバイスをして頂きました。

生活サポート基金で無事にローンの審査を通過して、お金を融資して頂くことができました。現在は、自営業の経営も上手くいっており、生活を立て直すことができています。

生活サポート基金で融資を受けることができて、人生を変えることができました。とても満足しています。

生活再生ローンの口コミ③

私は大学を卒業してからすぐに地元の総合病院で薬剤師として働き始めました。

しかし、もともと飲食業に興味があり、自分でお店を持ちたいと考えていたため、副業として飲食業を始める事を考え始めました。

そして、地元の銀行に行って、融資を受けようとしましたが、融資を断られました。別の銀行でも融資の相談をしましたが、断られました。

そこで、自営業をしている友人に相談したところ、生活サポート基金を勧められたので、相談に行きました。

生活サポート基金の担当者の方は、私の話をよく聞いてくれたので、安心して話をすることができました。生活サポート基金に何度か相談に行き、3ヶ月程経った頃に融資を受けることができました。

現在では、副業の飲食業はとてもうまくいっており、融資してくれた生活サポート基金の人にはとても感謝しています。これからも機会があれば利用したいです。

口コミからも分かるように生活再生ローンを使うことで、生活を立て直すことはできることでしょう。

ただし必ず連帯保証人が必要となるので、連帯保証人になってくれる人がいるかどうか、誰になってもらうかというところの問題です。

そこの問題が解決できれば、借金で苦しい方や低収入で生活が苦しいなど生活を立て直したいという人にとって、生活再生ローンはおすすめのものになります。

生活再生ローンのメリット・デメリット

生活再生ローンについてのメリットとデメリットについて詳しくみていきます。

まずはメリットからです。

メリット

  • 総量規制を超えなければ収入証明書が不要
  • 不動産を担保に借り入れができる
  • 借り入れ後の支援を受けることができる
  • 審査に落ちても相談やサポートをしてもらえることもある

審査に落ちても生活再建の相談やサポートをしてもらえると心強いですね。

条件に合っていないかもしれないという方も、一度生活サポート基金に相談しに行くのもいいでしょう。

では、次にデメリットです。

    デメリット

    • 不動産を担保にお金を借りることができるが、不動産を手放すことが前提
    • 借入をするときに連帯保証人が必ず必要
    • 審査が厳しい
    • 借入をした後、家計簿の提出を求められるなど生活再建に向けて家計を監視される

    デメリットに関しては上記のようになっています。

    生活サポート基金では、不動産を担保に借り入れができますが不動産を手放すことが前提です。

    生活サポート基金のホームページにも明記されています。

    したがって、不動産を手放したくない場合は他の借り入れ方法を考えた方が良いでしょう。

    また、生活サポート基金は生活再建のための機関です。

    したがって、家計簿などで家計を監視されるのは当然なのかもしれませんが、家計簿をつけて日々の家計を見せていかなければなりません。

    時には厳しい指導もあることでしょう。

    家庭の家計について他の人に見られることに抵抗のある方も別の借入先で融資を受けることをおすすめします。

    まとめ

    生活サポート基金は、借金や低収入での生活を困窮した方を助けてくれる機関です。

    生活サポート基金という名前から勘違いしてしまいそうですが、国や自治体が運営しているものではなく貸金業法に基づいた貸金業者です。

    位置づけとしては、他のカードローンと変わりありません。

    しかし、他のカードローンでは落ちてしまった人でも条件を満たしていれば借り入れをすることができます。

     

    また、一番の大きな特徴は経済的な問題の相談に乗ってくれながらお金を貸してくれるということです。

    他の消費者金融や銀行系のローンでもお金は貸してくれますが、根本的な問題の相談まで応じてはくれません。

    多重債務や低収入で生活が苦しいという方で、今の生活を立て直したいと本気で考えている人は、一度生活サポート基金で相談してみることをおすすめします。

    最後に生活サポート基金のポイントをまとめます。

    ポイント

    • 生活サポート基金は、国や自治体の団体ではなく貸金業法に基づいた団体(生活サポート基金は生活クラブ生協(東京支部)とパルシステム生活協同組合連合会という首都圏を中心としている組合が立ち上げた団体のため)
    • 多重債務や低収入などで生活が苦しい人に対して、相談や融資などでサポートしてくれる団体
    • 金利が年12.5%と他のカードローンに比べて低い
    • 必ず連帯保証人が必要
    • 不動産担保のローンは不動産を手放すことが前提のため注意が必要
    • 契約、融資後も生活再建のために相談に乗ってくれてサポートしてくれる

    上記のポイントを踏まえたうえで、生活サポート基金で融資を受ける際には、再度相談の際に融資の条件などについてきちんと確認してからお金を借りるようにしましょう

    ■同時に読んでおくと良い記事

    今すぐお金を借りるなら消費者金融がいい理由!!金利や審査通過率・融資額をSMBCモビット・アコム・レイクALSA比較!!

    【最新版】お勧めの銀行カードローンを金利・融資額・融資のスピードなどお金を借りる目的別に徹底解説!!

    即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

    マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
    ・低金利である
    ・即日・当日借入が可能
    ・他社で借りていても借りれる
    ・スマホから借りれる
    上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

    おすすめの記事