人気記事!!
「心のゆとりが大切」インディペンデント・フィデュシャリー株式会社の考える「投資助言業の真髄」とは
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

学校法人や財団法人に特化した投資助言を行うインディペンデント・フィデュシャリー株式会社。公正かつ顧客に寄り添ったアドバイザリーサービスを提供できるよう、同社ではあらゆる面で「心のゆとり」が保てることを重視しています。

一体どういうことなのでしょうか。

そこで今回は代表取締役 梅本洋一氏とマネージングディレクター 粟津久乃氏に話を伺ってきました。

スポンサーリンク

インディペンデント・フィデュシャリーとは

当社の使命は「非営利法人の事業遂行のサポート」

当社は学校法人や公益法人、財団法人等の非営利法人に特化した投資助言会社です。基金の一部を事業資金に当てる非営利法人にアドバイザリーサービスを行っています。投資先のご提案のみならず、運用計画の策定・運用管理体制の構築などのコンサルティングをセットでご提供しています。

法人の資金運用は複数人が関わるため、意思決定や手続き等の取り決め・段取りなどを整えなければなりません。しかし、非営利法人では資金運用そのものや運用管理体制が未整備であったり、独自のやり方を構築していたりする場合が多く、改善の余地が大いにあります。

当社の使命は、そういった運用全般のコンサルティングをとおして、非営利法人が事業を遂行できるようサポートすること。非営利法人の大切な資金を経営使途に合わせて適切に運用管理できるよう、長期かつ段階的な計画を立てて体制を構築していきます。長いところではもう12年ほどお付き合いさせていただいています。

緊密なコミュニケーションでメニューをカスタマイズ

非営利法人は状況や問題点が異なるため、それぞれに合わせた内容でメニューをカスタマイズしていきます。

学校法人や財団法人のように規模が大きい組織のサポートは、各法人の特性や全体像を理解することが必須です。それには緊密なコミュニケーションが不可欠。当社ではコミュニケーションに重きを置き、ゴール設定やポイントとなる作業は必ずご担当者様や代表者様とコミュニケーションをとりながら決めていきます。

金融機関に頼らない立ち位置、そのメリットは?

真の「寄り添ったサービス」が可能

当社は金融機関から完全に独立しています。証券会社やIFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)等の販売代理ではないので、常にフラットな視点でご提案でき、お客様にありのままをお伝えできます。

販売代理店は手数料収益のため、どうしても手数料の高いものや主力商品を販売せざるを得ません。本当にその方に適する商品よりも、収益性が高いものを優先してしまいます。

資金運用管理をする上で大切なのは公平性です。当社の収益はお客様から直接いただく顧問料ですので、金融商品に左右されずにご提案でき、公平性を保てます。お客様目線で合うもの・本当に求めるものをご提案できるのが、当社の強みです。お客様が自ら投資したいと思う金融商品に対しても否定しません。金融商品に頼らない体制だからこそ、お客様に寄り添ったサービスが提供でき、お客様と強固な信頼関係を築けるのです。

市況に左右されないビジネスモデルを確立

新型コロナウイルス感染症により市況が暴落し、投資顧問会社の大半は強烈なインパクトを受けていると思いますが、当社はさして影響ありません。金融商品に左右されない収益構造に加えて、長い目で資金運用計画を立てているため、今回のような暴落も想定内の範囲です。市況のアップダウンを加味し、お客様にも事前にお伝えてしているので、ご理解いただいています。現状、特に問題が起こることもなく、以前と変わらずにお客様のことだけに専念しています。

質の高いサービスは「心のゆとり」から生まれる

バイアスがかかる環境で価値あるご提案は不可能

当社がこういったスタンスであるのは、常に心に余裕を持ちたいからです。手数料がダイレクトに反映する収益構造は、常にバイアスがかかって目先の利益にばかり目がいってしまいます。そういった状態であることを隠しても、お客様になんとなく焦りが伝わって引いてしまいますし、自分の精神衛生上にも良くない。バイアスがかかると、お客様にとって本当に価値あるご提案はできません。

そういったことから、日々何かに追われることなく、ゆとりを持ってお客様のことに専念したいと思い、現在のビジネスモデルに至りました。実際、自分のペースで働けるのでストレスフリーです。

粟津もメガバンク、IFAを経て当社へ入社してきました。2社では「本当にお客様のためになるご提案」をするのは難しいと思い、真の貢献が可能となる環境を求めた結果、たどり着いたのが当社。ノルマや制約は一切なく、お客様のためだけに取り組めて楽しいようです。

自分の知見をフルに活かして、お客様に貢献したい人に当社は適していると思います。

野心はいらない、必要なのは誠心誠意

当社に野心はいりません。常にお客様目線になって考え、喜んでいただけるよう尽くすのが我々の仕事。誠心誠意、目の前のお客様に貢献することが投資助言業のあるべき姿です。

当社は長期にわたりじっくりとお付き合いしていくので、むやみにお客様を増やすこともしません。また、どんどん新規開拓をしようとするスタッフも求めていません。学校法人や財団法人、公益法人の資産運用管理は決して簡単なものではありませんが、規模が大きいからこそやりがいもあり、本当にお客様に喜んでいただける投資助言をすることができます。

お客様に徹底したコンサルティングをとおして投資助言の醍醐味を味わいたい人に、ぜひ当社の一員になっていただきたいですね。

■インディペンデント・フィデュシャリー株式会社
投資助言・代理業
関東財務局長(金商)2965
102-0093 東京都千代田区平河町2-3-10 ライオンズ平河町101
TEL. 03-3234-1232 
FAX. 03-3234-4993
http://www.i-fiduciary.co.jp
FaceBook: https://www.facebook.com/i.fiduciary.ltd
著書「新しい公益法人・一般法人の資産運用」(公益法人協会)
即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事