人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

信用情報が真っ白な状態の人を「スーパーホワイト」と呼びます。

 つまり、クレジットカードやローンを一度も利用した事がない人のことですね。 巷では「スーパーホワイトだと審査落ちになる」といような噂が実しやかに流れています。

 その為・・・

「カードローンに申し込みしたいけどスーパーホワイトだから審査落ちになるかも・・・」

と不安な人は多いようです。

 そこで、

  • 本当にスーパーホワイトだと審査落ちになってしまうのか?
  • もし本当だとしたらそれはなぜなのか?
  • スーパーホワイトから脱出する方法はあるのか?

といったスーパーホワイトに関しての疑問を分りやすく解説してみました。

目次

スポンサーリンク

 はじめに信用情報について知っておこう!

スーパーホワイトについて解説する前にまずは、「信用情報」について知っておきましょう。

 理由は冒頭でもお伝えしたとおり、スーパーホワイトとは信用情報に何も情報がない状態であるからです。

この為、信用情報について知っておく事でスーパーホワイトに対する理解が深まります。

 信用情報とは

信用情報とは「個人信用情報機関」にある、あなたが利用したクレジットカードやローンなどの利用記録の事です。

 「クレジットヒストリー(クレヒス)」とも呼ばれますね。

 日本には以下の3つの信用情報機関があり、クレジット会社やローン会社、カードローン会社等はそのいずれかあるいは複数に加盟しています。

そして加盟先の個人信用情報機関に顧客の利用情報を提供しているのです。

 これが信用情報となります。

 なぜ信用情報なんてものがあるの?

なぜ信用情報なんてものがあるかと言いますと、金融機関等が顧客の返済能力に見合った融資ができるようにサポートする為です。

 

メモポイント!!

金融機関等がお金を貸す際は、利用者の返済能力に見合った金額にしなくてはいけません。そうしないと延滞や返済不能の原因になったり、多重債務者や破産者を増やしてしまったりと貸し手と借り手の双方に望ましくない結果になります。

 

こうした事態を防ぐ為に、信用情報機関は加盟先の金融機関等に信用情報の提供を行なっているのです。

 信用情報として記録される主な情報

信用情報として記録される主な情報は以下のようなものになります。

信用情報に記録される主な情報この4つ!
  • 申込情報
  • 契約情報
  • 支払情報
  • 本人を識別する為の情報(氏名・生年月日・住所等)

 要はどのような商品に申し込みしたのかや、その契約内容や支払状況などが記録されるという事ですね。

 この為、信用情報を確認すればその人が「どの程度の借入があるのか?」、「返済期日をしっかり守るお金に関する信用ができる人なのか?」といった事が判断できます。

 3つの信用情報機関は一部の情報を共有している

3つの信用情報機関は「一部の情報を共有している」という点も知っておきましょう。

 基本的に信用情報機関にある情報は、その信用情報機関に加盟している所しか確認できません。

 例えば、CICJICCに加盟している会社であれば、確認できる情報はCICJICCの物のみになるという事ですね。

 しかし、3つの信用情報機関は提携関係にあります。

 よって、一部の情報は共有しておりその情報は加盟先に関係なく確認する事が可能なのです。

 その情報とは「事故情報(金融事故)」になります。

 いわゆるブラックリストの事ですね。

 信用情報機関に事故情報として記録されるのは主に以下の4つです。

事故情報として扱われる主な情報
  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)

これらの事故情報がどこかひとつの信用情報機関にあれば、その情報は他の機関からも確認可能であり審査に影響すると覚えておきましょう。

 スーパーホワイトだと100%審査落ち!?

結論から言いますと、スーパーホワイトというだけで審査落ちになるケースは稀です。

スーパーホワイトはあくまで審査に不利となる要素のひとつです。カードローンの審査では様々な要素から合否を判断される為、スーパーホワイトかどうか否かだけで決まる訳ではありません。

審査に不利となる要素はスーパーホワイト以外にもあり、その中でもスーパーホワイトはまだ重要度が低い方です。

 この為、スーパーホワイトは直接的な審査落ちの原因というよりも間接的な要因にしか過ぎないんですね。

 

 チェックポイント!!

よって、「スーパーホワイト=即審査落ち」という訳ではないので安心してください。

 スーパーホワイトで審査落ちになる3つの理由

ここからはスーパーホワイトで審査落ちになる理由をお伝えしていきます。

 スーパーホワイトで審査落ちになる理由は以下の3つです。

スーパーホワイトで審査落ちになる理由はこの3つ!
  • 審査の判断材料が不足する為
  • なぜクレカやローンを利用しないのだろうかと不信に思われる事がある為
  • 過去に事故情報を起こした可能性を疑われる為

審査落ちの理由①:審査の判断材料が不足する為

審査の判断材料が不足してしまい審査落ちになるケースがあります。

 カードローンの審査は「スコアリング」によって機械的に行われるのが基本です。

スコアリングとは?
 スコアリングとは申込者の「個人情報」と「信用情報」から、返済能力をスコア化する審査方法です。

その為、スコアリングでは信用情報が審査の合否を決める重要な判断基準となります。

 しかしスーパーホワイトの場合、信用情報に何も情報がない事により正確なスコアを付けるのが難しいケースがあるのです。

 そうした事が原因で審査落ちになってしまう場合があるんですね。

 審査落ちの理由②:なぜクレカやローンを利用しないのか?と不信に思われる為

「なぜクレカやローンを利用しないのだろうか?」と不信に思われ審査落ちになるケースもあります。

 現在の日本では大半の人がクレカやローンを利用しています。

 その為、通常であればその利用記録が信用情報に残っています。

 とくに、30代以降で「一度もクレカやローンを利用したことがない」という人は少数派ではないでしょうか。

 

 チェックポイント!!

信用情報に何も情報がないと「どうしてなのか?何か問題があってクレカやローンの利用が出来ないのでは?」とカードローン会社に警戒されてしまう事があるのです。

 

そのような場合、カードローン会社はリスクを避ける為に審査に落とす事もあるのです。

 審査落ちの理由③:過去に事故情報を起こした可能性を疑われる為

過去に事故情報を起こした可能性を疑われてしまい審査落ちになるケースもあります。

 信用情報というのは永遠に記録される訳ではありません。

 情報ごとに記録期間が決まっており、その期間が過ぎればきれいさっぱりと消えて無くなります。

 この為、事故情報を起こすとスーパーホワイトになってしまうケースも多いのです。

 その理由は以下の2つです。

事故情報による2つのデメリット
  • 新たなクレカやローンの審査に通らなくなる
  • 現在利用中のクレカやカードローンの契約を更新してもらえないケースがある

事故情報を起こすとこのようなデメリットが発生し、場合によっては長期間クレカやローンを利用できなかったという事もあります。

 信用情報は一定期間が過ぎれば消えますので、長期間クレカやローンを利用できない場合はスーパーホワイトになってしまう事があるんですね。

 そうした事から、スーパーホワイトですと「過去に事故情報を起こしたのでは?」とカードローン会社に疑われてしまい審査落ちになるケースがあるのです。

 30代以上のスーパーホワイトは特に要注意!

30代以上のスーパーホワイトは特に要注意です。

 理由は先にもお伝えしたとおり、30代以降でクレカやローンを利用した事がないという人はかなり少ないからです。

 20代前半の若い人ならそうした人も沢山います。

 しかし、30代以降になるとそうした人は少数派であり、カードローン会社から警戒されてしまう可能性も高くなるのです。

 こうした事から、スーパーホワイトは年齢を重ねている人ほど審査に不利な要素となりやすいです。

 スーパーホワイトかどうかのチェック方法

「自分がスーパーホワイトかどうか知りたい!」このような時は、信用情報機関に「開示請求」をするのが一番です。

 各信用情報機関では開示請求をする事により、自分の信用情報を確認できます。

 そこでこの章では、そんな信用情報の開示請求について詳しくお伝えしていきます。

 開示請求の方法と料金

開示請求の方法と料金は以下のようになっています。

信用情報機関名 開示請求の方法と料金(税抜)
CIC
  • インターネット 1,000
  • 郵送 1,000
  • 窓口 500
JICC
  • スマートフォン 1,000
  • 郵送 1,000
  • 窓口 500
JBA
  • 郵送 500

 CICJICCであればインターネットからがもっとも手軽に手続できます。 すべての手続をネット上で完結でき、「開示報告書」はPDF形式で受取る事になります。もちろん手続したその日の内に開示請求書を受取れます。

 JBAの場合は郵送に限られてしまいますので、開示請求書を受取るのは1週間程度はかかるかと思います。

 開示請求の流れ

開示請求の流れはCICでインターネット(パソコン)から手続する場合ですと、以下のようになっています。

CICで信用情報を開示する3つのステップ!!

  1. クレジット会社等から「受付番号」を取得
  2. CICにてお客様情報の入力
  3. 開示報告書のダウンロード

 まずはクレジット会社等から「受付番号」を取得します。「0570-021-717」まで電話し、自動音声の案内に従い受付番号を取得しましょう。

 受付番号の取得が済みましたら、CICの公式サイトから「お客様情報の入力」をします。この作業は受付番号取得から1時間以内にしないといけませんので注意です。 

その後は開示報告書のダウンロードをするだけです。ちなみに開示報告書はCICの場合ですと以下のようなものになります。

出典:CIC信用情報開示報告書の見方

スーパーホワイトを解消する為の3つの対処方法

スーパーホワイトは審査に不利な要素となる可能性がある為、なるべくなら申込前に解消しておきたい所です。

 スーパーホワイトの解消方法は実にシンプルで「クレジットヒストリーを作る」だけです。

 では、どのようにしてクレジットヒストリーを作れば良いでしょうか?

 お勧めなのは以下の3つです。

スーパーホワイトから脱出するならコレっ!
  • 携帯電話の本体を分割購入する
  • ショッピングローンを組む
  • 審査難易度が低いクレジットカードに申し込む

スーパーホワイト解消方法①:携帯電話の本体を分割購入する

もっともお勧めなのは携帯電話の本体を分割購入する事です。

 携帯電話の本体の分割購入は「割賦契約(ローン)」である為、その契約情報や支払状況といった記録が信用情報に残ります。

 その為、携帯電話の本体を分割購入して支払をしっかり行なっていればそれは立派なクレヒスとなるんですね。

 携帯電話の本体の分割購入の審査はあってないようなものですので、スーパーホワイトでも問題なく通るので安心してください。

スーパーホワイト解消方法②: ショッピングローンを組む

ショッピングローンを組むという手もあります。

 ショッピングローンとは家電量販店などにある分割払いの事です。

 これらも審査はそれ程厳しくはない為、何か購入予定の物があれば利用してクレヒスを作るのもひとつの手です。

 スーパーホワイト解消方法③:審査難易度が低いクレジットカードに申し込む

審査難易度が低いクレジットカードに申し込むという手もあります。

 例えば、「楽天カード」や「イオンカード」のような審査の敷居が低いと言われいるようなクレカであれば、スーパーホワイトでも作るのは難しくないかと思います。

 そうしたクレカに申し込みしてクレヒスを作るという手も有効です。

合わせてこちらも読んでおいた方がいい!!

 クレジットヒストリーの確認方法

「クレジットヒストリーが作れたかはどう確認したら良いの?」という疑問がある人も多いでしょう。

 これは先にも解説したように信用情報機関に開示請求するのが一番です。

 そして開示報告書の「入金状況(支払状況)」の項目をチェックします。

出典:CIC信用情報開示報告書の見方

 上記の画像はCICの開示報告書の入金状況の箇所ですが、このように「$」と記載されていればそれは「期日通りに返済をした」という事になります。

 その為、この情報があればそれがクレヒスになります。

 このクレヒスは6ヶ月程度、最低でも3ヶ月は作ってから申し込みをするようにしたいですね。

 もちろん、一切返済遅れがないようにしなくはいけないのは言うまでもありません。

 審査落ちになる原因はスーパーホワイトだけじゃない!

審査落ちになる原因はスーパーホワイトだけじゃありません。

 先にもお伝えしたように、スーパーホワイトはそれほど重要度が高くなく、それ単体で審査落ちになるようなケースは稀です。

 あくまで審査に不利に働く可能性があるというだけにしか過ぎないのです。

 それよりももっと、審査落ちの直接的な原因となってしまう要素は他にもあるのです。

 それは以下の4つです。

スーパーホワイトよりも危ない審査落ちの原因4つ!
  • 申込条件を満たしていない
  • 安定した収入がない
  • 他社借入金額や件数が多過ぎる
  • 過去に事故情報を起こした

申込条件を満たしていない

申込条件を満たしていない場合は100%審査落ちになります。

 カードローンの申込条件は「20歳以上で安定収入のある方」とあるくらいのですので、細かな条件があるケースはそう多くありません。

 しかし、20歳未満はどのカードローンも利用できませんし、地方銀行等のカードローンには年収や勤続年数、地域制限などの条件があるケースもあります。

 この為、申込前にご自身が申込条件を満たしているかを確認しておく必要があります。

 安定した収入がない

安定した収入がない場合も審査落ちになりやすいです。

 安定した収入とは「毎月継続して得られる収入のこと」です。

 つまり、毎月1回は得られる収入源があるのかという事ですね。

 カードローンは毎月返済していく事を想定とした商品ですので、この安定収入が非常に重視されます。

 よって、収入が安定していないと判断されると審査落ちになる可能性が高まります。

 収入が安定していないと判断されやすいのは以下のような人です。

  • 無職
  • 水商売
  • 職を転々としている
  • ギャンブルや投資で生活している

このような人は収入に安定性がない為、返済途中で収入が途絶えてしまう可能性を警戒され審査落ちになる事があります。

 その為、アルバイトやパートでも良いので毎月安定して収入を得られるようになってから、審査に申し込むようにするのがお勧めです。

 他社借入金額や件数が多過ぎる

他社借入金額や件数が多過ぎる場合も審査落ちの原因になりやすいです。

 この2つが多い人ほど毎月の返済負担も大きくなる為、返済できる余力も少なくなりがちです。

 よって、返済能力を低く見られてしまう傾向にあり審査に不利となりやすいです。

 また、消費者金融系カードローンには「総量規制」があります。

総量規制とは!?

総量規制とは、「貸金業者は融資申込者に対して、他の資金業者と合計して年収の1/3までしか融資してはいけない」という法律です。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

 

消費者金融系カードローンにはこの総量規制がある為、年収の1/3までが借入上限になります。例えば、年収500万円の人であれば1/3166万円までしか借入できないという事ですね。

 この為、他社借入がすでに166万円まである場合は100%審査落ちになります。

 同様の理由で、年収の1/3166万円に近い額(150万円以上)などのケースでも審査落ちになりやすいです。

 こうした事から、他社借入金額や件数はできる限り減らしてから申し込みするのがお勧めです。

 過去に事故情報を起こした

過去に事故情報を起こした場合、その情報が信用情報に記録されている間はほぼ審査に通りません。

事故情報を起こしたという事は、「過去になんらかの返済トラブルを起こした」という証明になってしまいます。

 このような人にお金を貸すのは非常にリスキーな為、カードローン会社は融資対象として見てくれないケースがほとんどなのです。

 よって、事故情報を起こしてしまった場合、信用情報機関に記録される5年~10年の間は審査に通るのは絶望的になります。

 対策としては事故情報が消えるまでひたすら待つしかありません。

 申し込みブラックについても知っておこう!

審査落ちの原因になる項目の中には「申し込みブラック」というものもあります。

 申し込みブラックとは、短期間の内に複数社に申し込みをした事が原因で審査に通らなくなってしまった状態を指します。

 なぜ申し込みブラックだと審査落ちになるのか?

なぜ申し込みブラックだと審査落ちするケースがあるかと言いますと、カードローン会社に「よっぽどお金に困っているのでは?」と警戒されてしまう事があるからです。

 短期間の内に複数社に申し込みをする人の中には以下のような人も多くなります。

  • 多重債務者である
  • 借金を借金で返済しようとしている

このような人にお金を貸してしまうと貸倒れになってしまったり、延滞されてしまったりといった危険が高まります。

 この為、カードローン会社は「お金を貸すのはリスクの高い」と警戒して審査に落とす事があるのです。

 何社以上だと申し込みブラックになるの?

何社以上だと申し込みブラックになるかは一概には言えません。

 カードローンの審査基準は各社によって異なりますし、そもそも申し込みブラックというは俗称です。

 よって、「○件から審査落ちにします」と公表している会社はないんですね。

 

 申し込みになるポイント!!

しかし、1ヶ月に3件以上申し込みすると危ないと言われています。その為、1ヶ月に申し込みするのは2件以下に抑え、なおかつ1社ずつ申し込みするようにしておくのが無難です。

 申し込みを検討するなら銀行よりも消費者金融系カードローン!

カードローンには主に銀行が提供するものと、消費者金融が提供するものの2種類があります。

スーパーホワイトの人が申し込みをするなら消費者金融の方がお勧めです。

 その一番の理由は消費者金融の方が審査のハードルが低いからです。

 消費者金融が銀行カードローンよりも審査が優しい理由

なぜ消費者金融が銀行カードローンよりも審査難易度が下がるかと言いますと、「上限金利」が高い為です。

 上限金利とはそのカードローンで適応になる一番高い金利です。

 例えば、金利3.0%~18.0%とあれば18.0%が上限金利となります。

 消費者金融の場合、上限金利の相場は以下のように年18.0%です。

カードローン名 上限金利
アイフル 18.0
アコム 18.0
プロミス 18.0
SMBCモビット 17.8
レイクALSA 18.0

 それに対して銀行カードローンの上限金利の相場は年14.5%付近になっています。

カードローン名 上限金利
三井住友銀行カードローン 14.5
三菱UFJ銀行カードローン 14.6
みずほ銀行カードローン 14.0
楽天銀行カードローン スーパーローン 14.5
住信SBIネット銀行 MRカードローン 14.79

 カードローンの審査難易度は上限金利が下がるほど上がる傾向にあります。

 その理由は、上限金利が下がるほどカードローン会社が抱えるリスクが大きくなる為です。 上限金利が低いという事はそれだけ低金利で借入できる可能性が高くなります。

 これは借り手側にとってはメリットですが、貸し手側にとってはデメリットなのです。

 「金利が低い=利息も下がる=利益が減る」という事になります。

 この為、お金を借りた人が返済不能になった場合のカードローン会社側のダメージが大きくなるんですね。

 よって、カードローン会社は審査基準を厳しくして融資する人を限定する傾向にあるのです。

 それに対して上限金利が高い場合は利息収入も大きく見込めます。お金を借りた人が返済できない場合でも被害を抑えることが可能です。

 そうした理由があり、審査のハードルを下げてより多くの人にお金を貸そうとする傾向が強いのです。

 チェックポイント!!

この為、上限金利が高い消費者金融の方が審査難易度が低い傾向にあるんですね。

 大手消費者金融は即日融資にも対応!

銀行カードローンよりも消費者金融をお勧めする理由は他にもあります。

 それは大手消費者金融なら「即日融資」に対応しているというメリットがあるからです。

 大手消費者金融の審査は非常にスピーディーであり、以下のように最短30分という業者がほとんどです。

カードローン名 審査時間
アイフル 最短30
アコム 最短30
プロミス 最短30
SMBCモビット 最短30
レイクALSA 最短当日

 それだけでなく、すべての業者が審査通過後にすぐ融資をしてくれるので申込当日の借入も可能なんですね。

 お金を借りたい時は「なるべく急ぎで!」というケースが多いかと思いますので、即日に借入できるのは非常に大きなメリットです。

 銀行カードローンは即日融資が100%不可能!

大手消費者金融とは異なり、銀行カードローンは即日融資が100%不可能です。

 以前は可能でしたが、20181月より完全にできなくなりました。

 その理由は審査に「警察庁データベースの照会」が加わった為です。

 警察庁データベースの照会とは、融資申込者が暴力団などの犯罪集団の関係者でないかを警察庁のデータに照会して確認するという作業です。

 銀行カードローンの審査は20181月よりこの確認作業が義務化されています。

 警察庁データベースの照会結果が判明するのは、最短でも照会日の翌日であり、長いと2週間程度かかるケースもあります。

 この為、銀行カードローンの審査はどんなに早くても申込日の翌日となるんですね。(仮審査のみでしたら当日中に終了する場合もあります)

 その為、即日融資は100%できないのです。

 大手消費者金融には「無利息サービス」もある!

大手消費者金融には「無利息サービス」もあるという点もメリットです。

 無利息サービスとはその名のとおり、サービス期間中は利息が一切発生しないというものです。

 例えば、30日間無利息なら30日間は金利0%となり利息も0円になるという事ですね。

 この無利息サービスを上手に活用すれば利息無料で借入ができます。

 とくに5万円位までの少額の借入なら、サービス期間中に完済する事も難しくはないかと思いますので非常に有効です。

 サービス期間中に完済できない場合でも約1ヶ月分の利息が無料になるケースがほとんどな為、かなりメリットが大きいです。

 そんな無利息サービスを展開している大手消費者金融は以下のとおりです。

カードローン名 無利息サービス
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間
プロミス 借入日の翌日から30日間
レイクALSA

契約日の翌日から60日間(20181130日まで)

契約日の翌日から180日間(5万円まで)

 借入前に毎月の返済額と利息を確認しておこう!

カードローンは毎月返済していくのが基本であり、その際は利息が発生します。

 その為、「毎月の返済額と利息はどのくらいになるのか?」という部分を借入前にしっかりと確認しておかなくてはいけません。

 そこでこの章では、「プロミスのシミュレーション」を利用して、毎月の返済額と利息を算出しておきましたので是非参考にしてください。

 10万円を金利18.0%で借入する場合の返済額と利息

10万円を金利18.0%で借入する場合の毎月の返済額と利息は以下のとおりです。

返済期間 毎月の返済額(目安) 利息額
1 9,167 10,011
2 4,992 19,808
3 3,615 30,130
4 2,937 40.973
5 2,539 52,326

 表をご覧のように返済期間が長くなる程、毎月の返済額は抑えられますが利息が大きくなります。

 その一方で返済期間が短い程、毎月の返済額は高くなりますが利息は軽減できます。

 こうした特性を理解しておき、自身に合った返済プランを事前に決めてから申し込みをするようにしましょう。

 例えば、

 利息を抑えたい!→毎月の返済額が大きな負担にならない範囲で返済期間を短縮する

毎月の返済額を少なくしたい!→利息が大きくなりすぎない範囲で返済期間を長めにする

 というように決めておくという事ですね。

 まとめ

信用情報がスーパーホワイトだと、審査にネガティブな要素となる可能性は否定できません。

 しかし、「スーパーホワイト=即審査落ち」となるケースはほぼないかと思います。

 スーパーホワイトはあくまで審査に不利となる要素のひとつでしかなく、直接的な審査落ちの原因はその他の要因であるケースがほとんどなんですね。

 また、スーパーホワイトから脱却するのは決して難しくありません。

 携帯電話の本体を分割購入や審査が厳しくないクレカに申し込みし、返済実績を作れば容易にスーパーホワイトから脱却できます。

 その為、「自分はスーパーホワイトだから審査に通らないかも・・・」と過度に心配する必要はありません。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事