人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

5月19日のガイアの夜明けでは、コロナ渦で活躍する物流事業に密着。

外出自粛が続き、世界中の人々のライフスタイルが大きく変化したことで、「宅配」の方法も変化しているという。

本記事では放送で紹介された内容をわかりやすく3分で読めるようネタバレとして紹介しています。

スポンサーリンク

黒い軽ワゴン車で荷物を流し集荷「PikGo(ピックゴー)」

近年、人手不足に悩まされている物流業界。

2008年度まで国内では約30億個の荷物が運ばれていたが、ネット注文が増えたことで2018年度には約43億個と10億個も増加。

一方で、配達員の数は2008年:約79万人、2018年:約86万人とあまり増えていな現状となっている。

ドライバーよりも荷物の増加数の方が多く、人手が足りない状態が続いている。

そんな物流業界のピンチを救おうと、車に「PikGo(ピックゴー)」と書かれたプリントされた黒い軽ワゴン車。

ピックゴーのドライバーがどのように荷物を集荷・配送するのかというと、その方法はタクシーと似ている。

配送の無い時はフリーで待機し、荷物の依頼があれば“最短15分”で駆けつけるという、”流しのドライバー”だ。

ドライバーは会社員ではなく、個人事業主。

個人事業主は配送マッチングアプリに登録し、各地方のドライバーのスマホ画面に全国から配送の依頼が入るという仕組みになっている。

配送マッチングアプリには、およそ1万5000人が登録しており、ドライバーはスマホに届いた仕事の中から「自分がやりたい仕事」を探してエントリーするのだ。

配送マッチングアプリから依頼した依頼人は、案件にエントリーしたドライバーの中から、どのドライバーに配達を依頼するか選択することができる。

配送料はドライバーが荷物を運んだ距離で決定し、配送が完了した後に依頼人がドライバーの仕事を5段階で評価する。

いわばその評価が“信頼度”となり、信頼を積み上げていくことで、エントリーした際に仕事が依頼されやすくなるのだ。

例えば、東京都三田市から20キロ先の練馬区まで1時間半以内に届けるという依頼で、振り込まれる金額は4895円となる。

物流を変えたい…ピックゴーを経営する「CBクラウド」

ピックゴーを経営するのは東京都秋葉原にある「CBクラウド」。

CBクラウドは社員数46人のベンチャー企業。

松本社長は、「努力しているドライバーさんが仕事を多く得られる環境を作りたい」と話す。

前職は国交省の航空管制官として勤務していたが、2013年に亡くなった義父の想いを継いで物流を変えるべく、会社を立ち上げた。

全国1万5000台が走るCBクラウドは車のリース代が月に約3万円からで、手数料やガソリン代は報酬に含まれ、自己負担となる。(※自分の車でも登録可能)

フリードライバー阿妻さん(29)の場合/週5日以上、朝7時〜夜9時

ピックゴーではどのくらい稼ぐことができるのだろうか。

朝7時から良く9時まで週5日以上で稼働しているという阿妻さんはこれまで元大手物流会社の委託ドライバーとして活躍していた。

阿妻さんによると「売り上げは倍近く変わった。(多い月で)110万円くらい」と話す。

委託ドライバーとして働いていた当時よりも給与が倍近く増えたのには理由がある。

ピックゴーは距離で料金が決まるため、なるべく遠くに配達する依頼にエントリーしたり、多い日には1日に4件の荷物を配達するという。

2児の母・的場さんの場合/週3回、夕方〜夜8時

2児の母である的場さんは、これまでパートとして収入を得ていた。

パートからピックゴーにシフトチェンジし、夕方から夜8時頃まで週3で働いている。

的場さんはピックゴーの良さについて「時間の自由が利くことが一番ですかね。(収入が)多い月は普通のパートの3倍くらい。楽しいです。」と話す。

実際にピックゴーで活躍している人は、これまでのよりも多くの収入を得られることで、やりがいを感じているのかもしれない。

タクシーがデリバリーを配送する「タク配」が誕生!!

新型コロナウイルスの影響を受けているのは、飲食店だけではない。

外出自粛を受け、タクシー業界も乗客数が減ったことで業績が悪化しているのだ。

そこで、普段はお客を運送するタクシーだが、飲食店のデリバリーを配送するというサービスをスタートした。

先陣を切ったのは東京や神奈川県を中心にタクシー事業を展開する「三和交通」。

配送料は料理代の20%。

国土交通省は、タクシーが「貨物運送」をすることを認める特定措置を2020年9月30日まで延長した。

これにより、全国1000社以上のタクシー会社が申請している。

人に会わずに荷物が受け取れる!!玄関の前に荷物を置く「置き配」

新型コロナウイルスの影響により自粛が続いている中、運送業者の荷物の配達方法も変化しているという。

なるべく人と会わずに生活したいと考える人の需要に合わせて玄関先に荷物を置く「置き配」のサービスを始める運送会社が増えているのだ。

人に会わずに荷物を受け取ることができる反面、荷物の盗難の事件が起きたりと不安の声も上がっている。

そんな不安を解消するため、置き配用バッグ「OKIPPA(オキッパ)」が生まれた。

オキッパは折り畳み式で、2Lのペットボトルが約18本入る大きさだ。

オキッパにはファスナーが付いており、南京錠をかけることができる。

荷物の受取人が不在の際にも、置き配をすることで配達が完了し、配達で問題視されている再配達の回数も減る。

オキッパを販売するのは東京都渋谷区にある「イーパー」。

元大手商社勤務していた内山社長は、荷物を日中に受け取ることができたかった経験から企業した。

2018年の起業当時は、「置き配」が浸透しておらず、厳しい状態が続いた。

しかし、新型コロナウイルスの影響により「置き配」が増え、認知度と売り上げが急増。

4月にはオキッパの累計の販売個数が15万個を突破した。

「Rakuten×オキッパ」がタッグを組む!! 目指すは販売個数100万個

日本郵便が勧めることで、認知度が増えた置き配。

置き配の普及にあたって、イーパーに好機が巡ることになる。

通販大手の「楽天」が自社の配送サービスにオキッパを活用したいというのだ。

楽天の執行役員である滝澤さんとテレビ会議をした内山社長は、イーパーは3色のオキッパを試作し、販売目標は100万個を目指していると話す。

フリードライバーの新しい働き方「買い物代行」

ピックゴーに登録するフリードライバーの松田さんは飲食店への食材配達がメインとなっている。

しかし、外出自粛によって配送の依頼も減ってしまい、売上げが減少していた。

CBクラウドの松本社長はドライバーの生活費用面を案じ、次なる策として「買い物代行」を始めたいと話す。

 PickGoの買い物代行サービスの特徴

・買い物する店を複数指定することができる
・届く時間を24時間自由に指定することができる(最短1時間で届く)
・大きいものも重たいものも何でも依頼できる

新型コロナウイルスの影響により、さまざまな働き方が増えている運送業界。

これまでになかったサービスをスタートすることで、これまでよりもより快適なサービスが生まれるかもしれない。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事