人気記事!!
【見逃し】”あなたの知らない一兆円企業”特集!!三菱ケミカル、オリックス、アイシン精機が登場|がっちりマンデー
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

3月15日のがっちりマンデーでは、「あなたの知らない一兆円企業」を特集。

何をしている会社なのか分からないけれど、実は売上げが一兆円を超えている企業を紹介。

がっちりマンデーを見逃してしまっても、この記事を読めば大丈夫!!

知られざる一兆円企業の会社は何をしているのだろうか。

スポンサーリンク

「オリックス」は野球だけじゃない!?実は、幅広い事業を展開している企業だった!!

東京都港区に本社を構える「オリックス株式会社」は、何をしている会社か知っているだろうか。

最近ではは記者会見中のイチロー選手が「オリックスが何の会社か知っていますか?」という逆質問をするCMで話題に。

球団でおなじみのオリックスだが、意外と企業が行っている活動はあまり知られていない。

実は、オリックスは国内で次の7つの部門を展開している。

  • 法人金融サービス事業部門
  • メンテナンスリース事業部門
  • 不動産事業部門
  • 事業投資事業部門
  • リテール事業部門
  • 海外事業部門
  • 本社管理部門(セグメントには配分されない事業)

    法人金融サービス事業部門では、リース、融資、その他金融サービスを行っている「エヌエスリース株式会社」を始めとする4社を運営。

    野菜の生産・販売を行う「オリックス農業株式会社」や青果物の仕入・販売の「オリックス・フードサプライ株式会社」。

    メンテナンスリース事業部門では「オリックス自動車株式会社」。

    そのほか、不動産からベンチャーキャピタルまで幅広い事業を展開しており、オリックスはの売上げは「2兆4348億円」と立派な一兆円企業となっている。

    オリックスの売上の柱となっているのは、空港にあるという。

    実は、オリックスは飛行機のリースがメインとなっている。

    しかも飛行機だけでなく、船や営業車などもリースをしているという。

    飛行機は20年から25年使用することができるので、新型の飛行機をA社に8年貸し、そのすぐ後にB社に貸すことが出来る。

    貸せば貸すほど儲けることができるのだ。

    そんなオリックスが力を入れているのは、太陽光発電(バイオマス発電)だ。

    バイオマス発電とは、動植物から生まれる生物資源(廃材や家畜の糞尿、一般家庭から出た生ゴミなど)を燃料として直接燃やしたり、ガス化したりして発電することです。化石燃料(石炭、石油、天然ガスなど)の代替としてバイオマスを燃料にすることで、CO2排出量の低減につながるだけでなく、サーマルリサイクル※技術の活用により、環境に配慮した発電事業を実現します。

    引用:https://www.orix.co.jp/grp/business/biomass.html

    群馬県で木質チップ専焼発電の「吾妻木質バイオマス発電所」を運営しており、2019年3月期の年間送電量は8,700万。

    1世帯当たり約3,120kWh/年で算出すると、一般家庭の約28,000世帯分年間電力消費量に相当する。

    オリックスは日本全国に116箇所作っており、東京ドーム300個分になるという。

    素材メーカーの「三菱ケミカル」!! アクリル樹脂の原料となる“MMA”で世界シェアNo.1!!

    東京都千代田に本社を構える三菱ケミカル株式会社は、創業87年の老舗素材メーカー。

    実はあまり知られていないが、三菱ケミカルはアクリル樹脂の原料となる“MMA”で世界トップシェアを誇っている。

    2018年の連結売上収益は2兆6,617億円と立派な「1兆円企業」で、その世界シェアは約40%を誇っている。

    MMAとは

    メタクリル酸メチル(MMA)は、有機化合物の一種。
    主にメタクリル酸メチル樹脂(PMMA、アクリル樹脂の代表例)を製造するための原料モノマーとして用いられる。

    世界トップシェアを占める三菱ケミカルは、原料の異なる次の主要3製法を持っている。

    • ACH法
    • C4直酸法
    • 新エチレン法(アルファ法)

      アクリル樹脂は透明性、耐候性、加工性に優れる素材で、看板やディスプレイ棚だけでなく、自動車や家電部品の材料として幅広く使用されている。

      また、三菱ケミカルは車の車体などに利用される「炭素繊維」も作っている。

      炭素繊維は鉄よりも軽くて丈夫なので、車の燃費が良くなると言われている。

      三菱ケミカルは炭素繊維の、売上げが600億円で、世界シェア1位を誇っている。

      どうして三菱ケミカルが次々と新素材を開発できるのかと言うと、毎年1300億円の開発費を費やしているから。

      今後も新しい研究に取り組んでいるという。

      自動車部品メーカー「アイシン精機」駐車を変える自動運転技術「自動バレー駐車」

      アイシン精機のグループ全体の売上は4兆431億円だという。

      10年前は2兆円だった売り上げが10年後には2倍になっているという。

      アイシン精機はさまざまな車の部品を開発している企業だ。

      自動車部品メーカーである「アイシン精機」が、驚きの自動運転技術を開発しているという。

      車を運転していると、駐車場に車を停めるには駐車をしなければならない。

      そこで、アイシン精機は自動バレー駐車を開発したのだ。

      自動バレー駐車とは

      自動バレー駐車とは、スマートフォン1つで完全無人の駐車ができ、出発時には運転手の元まで迎えに来てくれるというもの。

      自動バレー駐車の仕組みは、スマホで駐車を指示すると管理センターに情報が送られ、管理センターがどこに駐車をすればよいか駐車指示を車に送信しているのだ。

      スマホで操作するだけで左折をしたり、空いているスペースを見つけてに真っすぐ駐車することができる。

      私たちの知らないところで日本の1兆円企業はさまざまな研究・開発を行っている。

      今後も次なる新しい商品が生まれ、当たらな1兆円企業が生まれるかもしれない。

      即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

      マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
      ・低金利である
      ・即日・当日借入が可能
      ・他社で借りていても借りれる
      ・スマホから借りれる
      上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

      おすすめの記事