人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

消費者金融ニチデンはブラックでも借りることの出来るキャッシングとして、とても人気がある消費者金融です。

その根拠となっているのが、ニチデンは審査基準が他の消費者金融よりも審査が柔軟であるというインターネット上に書き込まれた口コミや実体験です。

もちろん、ブラックにも様々な種類があり、ある程度自分自身で理解しておくとニチデンでキャッシングする際に役立つと思います。

この記事では、消費者金融ニチデンを審査基準や評判から解説していきます。

ニチデンを知り尽くし、自身に合っている消費者金融かどうかを見極めていきましょう。

スポンサーリンク

ニチデンとはどのような消費者金融か

では、ニチデンという消費者金融はどのような会社なのでしょうか。

ニチデンは株式会社日電社という大阪に本社を構える会社と、奈良ニチデンという奈良県に店舗を構える方法で運営している中小消費者金融です。

営業許可も大阪府と奈良県で別々で取得している業界の中でも少し変わった消費者金融です。

このニチデンは先述したようにブラックにも審査結果次第では貸し出しを行っている中小消費者金融だと定評があり、本社近隣地域での知名度は高いと考えられます。

中小消費者金融ニチデンの公式サイトはこちら

ニチデンは地元密着型の消費者金融で、融資対象地域を「大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県・三重県」に限定しています。

一言で言うと「関西限定」の消費者金融です。

それでいて初めて消費者金融を利用する方にも利用してもらいやすいお得な取り組みを展開しています。

ニチデンは地域限定の消費者金融

先述した通り、ニチデンは関西地域限定の消費者金融です。

しかし、知名度はアコムやレイクALSAのように全国CMを打ち出す大手消費者金融には遠く及ばないのが現実です。

そこで地域住民の足である大きな幹線道路沿いに野立て看板を立てるなどの街頭広告を中心に宣伝活動を行い、大きくCM展開をすることなく着実に顧客からの信用を築いてきました。

融資地域が限定されている為、対象地域外に居住している場合は残念ながら融資を受けることができませんので注意しましょう。

この地域限定施策が功を奏していて融資コストなどを低く抑えることが出来ている為に後述する特徴を打ち出すことが出来ていると考えられます。

ホームページには商品ごとに情報がまとめられており、利用できる商品がどのような特徴を持っている商品なのかを簡潔に紹介されているので、初心者でも非常に分かりやすい構成となっています。

また、ホームページ内に「コラム」ページが作成されていて、役立つマネー情報を発信している他の消費者金融に無い特徴を持っている業者です。

会社名 株式会社日電社
住所

(大阪)大阪市北区梅田一丁目2-2大阪駅前第2ビル1409-2号

(奈良)奈良市三条町606番地19

代表 木村久子(大阪)・西川正洋(奈良)
設立 記載なし
営業時間 【平日】 9:00~18:00 【土曜日】  9:00~13:00
【定休日】 日曜日・祝日・第2、3土曜休
登録番号

大阪府知事(04)第12923号  ・ 奈良県知事(4)第01139号

日本貸金業協会会員第002388号・日本貸金業協会会員第002169号

また、ニチデンの最大の特徴は以下の内容であり、ホームページ内にも掲げられています。

チデンの特徴

  • 初めての利用は100日間無利息サービス
  • 審査時間は最短10分・午後2時までの申込で即日融資も可能
  • 指定場所へ訪問貸付が可能(融資対象地域)

これらのニチデンの特徴で驚くべきことは、なんといっても100日間無利息サービスです。

もし、ブラックの状態で審査に通過できれば、約3ヶ月間も無利息で借り入れることが出来て、返済時に負担となる利息負担を大きく軽減できます。

そして、審査時間の短さは業界トップレベルといっても過言ではないでしょう。

困っている申込者の力になりたいと考えている会社だからこそ可能な審査だと考えられます。

商品名 フリーローン
ご融資額 50万円迄
貸付利率 (実質年率) 7.3%~17.52%
ご返済 元利定額リボルビング方式 5年以内(1~60回)
遅延損害金 (年率) 年率20.0%
保証人・担保 原則不要
必要書類 運転免許証・健康保険証(領収証書・納税証明書)源泉徴収票・住民票等
融資対象者 収入のある方(年金も可能)

このローンの驚くべき点は融資枠が50万円迄と小さいものの、融資対象者の条件が「収入のある方」のみしかないこと、そして利息も他社に比較して非常に低いことです。

大手消費者金融をはじめとするほとんどの貸金業者は「安定した収入があり、返済能力を有している」「年齢」の2点は必ずと言っていいほど規定が存在しています。

その規定がないということは審査対象者がかなり広く取られているということで、ブラックの方でも収入があれば間違いなく審査対象になることが出来るのです。

融資対象地域に住んでいる場合は最優先で検討しても良い消費者金融です。

ニチデンは様々な状況に対応できる消費者金融

インターネットでニチデンの口コミを調べると、「ブラックだったけど即日で審査に通過出来てキャッシングする事が出来た」と書いてあったり、「数年前に自己破産したが今回は借りることが出来た」という前向きな喜びの口コミがあります。

ニチデンは、数字で機械的に審査をするのではなく、利用者の現在の状況に合わせて柔軟に対応し、審査を実施している消費者金融なのです。

柔軟に対応してもらえた利用者からの口コミを確認

実際にニチデンを利用している方々からのインターネットへの口コミを確認してみると、以下のようにまとめられます。

ニチデン利用者の口コミ

  • 生活レベルに合わせて無理なく返済を設定してくれた。
  • 審査はそこまで厳しくなく、即日振込をしてくれた。
  • どこも断られてしまったが、ニチデンだけは手を差し伸べてくれた。
  • 違法業者でないことを文面を使って説明してくれて安心した。

このように柔軟な対応を経験することが出来たという類の口コミが多く寄せられており、資金繰りに困っている方々にとって最後の砦のような存在になっているとも考えることが出来ます。

中には現在も債務整理の返済が続いているブラック状態だという方の書き込みもあり、利用者の現在に照準を合わせて判断する審査の柔軟性にはかなりの定評があると考えられます。

自己破産していても審査に通過できたという事実もあり

一般的に自己破産をしている状態にあるというのは、債務整理を行っている(行っていた)状態ということになります。

まず、債務整理を開始すると個人信用情報にその情報が異動情報として登録され、金融業者に「ブラック」と呼ばれる状態になります。

これは「借りたお金を何らかの事情で決められた条件通りに返済することが出来なかったので新規で貸出をする場合は非常に注意を要する人物」ということを対外的に示しており、一般的にこの状態に陥っている申込者に対しては、新規の貸し出しを行わないことが貸金業者や金融機関の慣例となっています。

もちろん、クレジットカードなどの信用情報を必要とする商品も新規利用が出来なくなってしまいます。

債務整理(任意整理)後は信用情報からどのくらいの期間でブラックが解消される?についてはこちら

しかし、自己破産をしていた場合でも一定以上の期間が経過しておりその間の返済を問題なく行っている場合に限り、十分に信頼を回復していると判断されニチデンに限らず中小消費者金融のキャッシング審査に通る可能性があるのです

ところが、残念な話ではありますが銀行や大手消費者金融は信用情報に異動情報が掲載されている限り、審査に通す可能性は非常に低いのです。

その理由は大手業者が過去を確認する指標である信用調査を非常に重視する審査基準で融資判断をしているからです。

ですから、そのような状態に自身が置かれていることが分かっている場合は、大手消費者金融や銀行に融資を申し込むよりも、最初からニチデンのような中小系消費者金融に融資を申し込む方が審査通過の確率が高いと考えられます。

但し、再度記載しますがニチデンの審査を通過できるブラックは過去に金融事故があったが、既に一定の期間が経過している人たちです。

現在の支払いが延滞・滞納している状態では、ニチデンの審査であったとしても通ることは出来ないでしょう。

これは同じようにニチデンの口コミを調べると分かりますが、延滞中といったブラック状態では審査に通っていないことが分かります。

ニチデンの審査に落ちてしまったブラックの人たちは、キャッシングを諦めてしまう事も多く、ブラックでも即日融資可能なキャッシング会社の存在をを知りません。

そういう点でニチデンは最後の砦と認識されているのです。

ニチデンで借りられなくても闇金を利用してはいけない

しかし、残念なことに中にはどうしてもお金を借りたいと、法外な金利を請求する闇金業者を利用してしまう人たちもいます。

一度でも闇金で借りてしまうと、今以上に生活はどんどん苦しくなっていきます。

闇金業者は生活を壊すまで搾り取り続けますので、絶対に手を出してはいけません。

もちろん、ニチデンの審査に落ちてしまったとしても早々に諦める必要はありません。

別記事にて当サイトが紹介しているブラックでも即日融資可能なキャッシング会社は、ニチデン以外にも存在しています。

これらの各社も自社の独自審査を採用している為、ニチデンの審査には通過できなかったとしても、自社の条件が合えば積極的に融資を行っています。

ブラック限定10社!!大手よりも断然借りやすい中小消費者金融を紹介!!はこちら

当然ながら消費者金融でキャッシングを利用するにあたって無審査という事は絶対にあり得ません。

ニチデンもその例外ではなく、申込時の審査を必ず実施しています。

そんな中で無審査を売りにしている業者はほぼ間違いなく闇金、または不当に利益を得ようとしている消費者金融だと考えてもいいでしょう。

なぜなら、信用が無く完済の見込みの立てられない申込者に対して金銭を貸し出し、仮に返済できなくなってしまった場合、損をするのは消費者金融であり、何もメリットは存在していないからです。

闇金は利用することなく、他の消費者金融を当たってみることにしましょう。

ニチデンはブラックを歓迎しているのではない

ニチデンの評判は良く、関西圏では一定の知名度も持っていますが、ブラックを歓迎している会社ではないことは絶対に知っておきましょう。

つまり、ブラックでもお金を借りられる消費者金融という安易な考え方をしてはいけないということです。

先述の通り、延滞中や債務整理中といった返済が遅れていたり、金融機関に条件変更を実施している状態では、正面から申し込みをしてもそのまま審査に通ることは考えられません。

このような状態にもかかわらず、申し込んでしまう人は多いようで、インターネット上のニチデンの評判や口コミからは審査に落ちたという人も一定数存在していることが分かります。

一般的に審査基準として重視されているものは何か

審査時に確認される顧客情報のことを「顧客属性」または「属性」と呼びます。

この属性が高評価であるほど「良い顧客・優良顧客」となり、融資を実行したいお客さんになっていきます。

一方で、信用調査の結果などが芳しくない場合、良い顧客ではないので貸し倒れリスクが高くなる為、審査通過することが難しくなります。

一般的に審査で重視されている項目を紹介していきます。

審査で重視して確認されること

  • 虚偽申告の有無
  • 年収や勤務先(連絡先含む)
  • 資金用途
  • 返済見込み

ニチデンはどのような審査基準を持っているのか

では、ニチデンはどのように申込者の審査基準を設定し、選別を行っているのでしょうか。

調べられる限りの手を尽くしてみましたが、残念ながら情報を開示することは出来ませんでした。

独自の審査基準は多くの消費者金融にとって他社との競争に勝ち残る為に非常に重要な武器となります。

言わば、会社の心臓部分ともいえるノウハウです。

情報として簡単に外部に漏れ出して良い内容ではないのです。

しかし、一般的には項目の回答結果に対して得点を付けてその合計点で可否を判断するスコアリング評価という手法が採用されていることは共通しています。

カードローンや消費者金融審査時の「スコアリング」で評価される項目を徹底解説!!はこちら

審査時に重視して確認すること①:虚偽申告をしていないか

まず、一番大切なこととして「申込時に虚偽申告をしない」ことがあります。

故意に収入を高く見積もってみたり、現在の借入額を故意に低く申告したりするなどは虚偽の申告として扱われます。

もちろん、郵便番号の記載間違いなどの軽微なミスは起こりうることなので、このようなミスが発生した場合は焦らず落ち着いて訂正し、誠意をもって謝罪すれば問題にならないことがほとんどですが、明らかな虚偽申告であれば審査側に嘘をつく形になり、心証が非常に悪くなります。

どの金融業者もほとんど同じ審査方法になりますが、まずは信用情報の調査から始まることが一般的です。

貸金業者は、現在3機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用センター)ある信用情報機関のいずれかに所属していることが多く、所属する信用情報機関から情報を引き出します。

では、その信用情報機関に申込者の信用情報が登録されていない場合はどうなるのか、審査が通ってしまうのか、という疑問が浮かんできますが、この話はもはや過去の遺物といっても過言ではないのです。

現在のこの3機関は「FINE(ファイン)」というシステムで互いの所持する情報を利用することが出来るようになっています。

つまり、借入金の額を小さく申告しても、審査開始から10分もすれば審査担当者にほぼ全ての情報を把握されてしまうのです。

ちなみに、信用情報機関に登録している企業の種別情報は以下の通りで、その登録期間も表として提示しますので参考にしてください。

CIC(クレジット情報センター) JICC(日本信用情報機構) JBA(全国銀行個人信用センター)
  • クレジット会社と消費者金融が中心
  • 携帯電話の割賦支払い
  • 銀行やリース会社などは加盟していない
  • 消費者金融の加盟社数が一番多い
  • 他にもリース会社や信販会社など、多彩な会社の加盟がある
  • 銀行が中心の加盟
  • 利用者記録の保管期間が一番長い
  • 日本学生支援機構も加盟
最大7年間の掲載期間 最大5年間の掲載期間 最大10年間の掲載期間

 

CIC(Credit Information Center)  JICC(日本信用情報機構) JBA(全国銀行協会)
61日以上の延滞 5年 1年 5年
3ヶ月以上の延滞 5年
任意整理・特定調停・個人再生を行った場合
自己破産を行った場合 7年 10年
強制解約された場合、代位弁済に至った場合 5年

これらは掲載期間のみの情報です。

次にニチデンなどの消費者金融側は信用情報以外の申告された情報(特に勤務先や電話番号)が正しい情報かを勤め先に電話で在籍確認等を行い裏付け調査します。

その時に申告して頂いた情報と、調査した情報との間で明らかに偽りがあると判断された場合は、審査に落とされるのでご注意下さい。

審査時に重視して確認すること②:年収や勤務先は本物か

借入する際に、消費者金融側が特に気を付けているのは申告された年収や勤務先が丸っきり嘘の情報で、融資したが連絡が取れなくなってしまうケースです。

この状態になると、回収するまでにかなりの苦労がかかってしまうことになるので、「在籍確認」が実施されることが多いようです。

ニチデンも例外ではなく、個人名で勤務先に電話をかけ、申込者を呼び出してもらえないかという依頼をするのが一般的な在籍確認のパターンです。

ここで会議中などで席を外していることを対応者に告げられても、存在を確認できているのでそれで在籍確認は完了となります。

また、50万円以上の借り入れを希望する場合には、審査時に法律に則って年収を証明できる書類の提出を求められますので、予め準備をしておくと良いでしょう。

審査時に重視して確認すること③:資金用途は明確か

現在は金融庁からの監査が厳しい時世となっており、資金用途の確認は詳細に行われることが多いです。

その理由は様々ですが、フリーローンであっても、中身こそ聞かれないものの「反社会勢力と関連性がないか」の質問項目には必ず答えなくてはならないことが多くなっています。

一般的に反社会勢力というのは暴力団などを指し、その資金源として利用されていないかを確認しているのです。

審査時に重視して確認すること④:返済見込みがあるか

そして、審査時に何よりも重要視されているのが、「申込者に返済見込みがあるのか」という部分です。

仮に年収が1,000万円あったとしても、他の借り入れの返済などで新たに返済に回す金銭的余裕が無いとなれば、たとえニチデンであっても新規貸し出しは難しいのです。

独自審査の中では、現在の手取り収入から他社の返済を行い、家賃や光熱費などを差し引いた後の可処分所得を求められることが多数です。

その上で毎月いくらまでなら返済可能かを算出し、そこから元金(借入金)を計算していくスタイルが一般的です。

その結果に応じて融資可能額が変わりますので、ニチデンでも100万円で借入審査を実施しても70万円までの利用可能という審査結果が示されることもあるのです。

ニチデンは利用者の気持ちに寄り添って審査をしてくれる会社

ここまでご覧になったようにニチデンは関西限定で消費者金融を事業としているとはいえ、他の消費者金融と特に大きな違いはありません。

しかし、ニチデンは現在資金繰りで困っている方々の味方に少しでもなれるように利息無料サービスを100日間展開していたり、即時審査で最短10分間で完了するという大手消費者金融顔負けの質の高いサービスなど、企業努力を続けています。

まずは、審査を受ける際に自身の困っていることを包み隠さず伝え、相談に乗ってもらうというスタンスで臨むと良いのではないでしょうか。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事