人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

インターネット上の口コミサイト等で「自分はブラックでしたが、なぜかクレジットカードを発行することが出来た」というような口コミを見かけることがあります。

実はこれは申込者が金融業に勤めている方々が使用している信用情報機関(CIC等)に登録されていなかった為に審査時に事故情報者(ブラック)として審査されていなかったことが原因で、審査に通過したと考えられます。

つまり、この場合は金融事故(延滞など)が登録される前の信用情報で審査が実施されたということです。

基本的にブラックリスト掲載者(信用情報で「異動」と付いている金融事故を抱えている方)は殆どの会社でクレジットカードを新規で発行することが出来ません。

基本的にブラックリスト掲載者(信用情報で「異動」と付いている金融事故を抱えている方)は殆どの会社でクレジットカードを新規で発行することが出来ません。

これはもちろん、ネット上で「審査が甘い」と評判が立っているYahoo!カードや楽天カードでも例外ではありません。

しかし、中にはブラックの状態でもクレジットカードを作れてしまうこともあるのです。

それは何故なのでしょうか。 

こちらも同時に読んでおくと良い記事!!

スポンサーリンク

そもそもブラックとは何か

よく以下のような質問がネット上で出ているのを見かけることがあります。

質問者
金融機関のブラックリストというのは何ですか?

まず、金融機関にブラックリストという名称のリストは存在していません。

金融機関内で語られる「ブラック」というのは「金融取引をする上での信用を失っている状態」の申込者を指しています。

クレジットカードやキャッシングは、利用者の信用に対して買い物の後払いに応じてくれたり、お金を貸してくれたりしている訳です。

この信用は普段からのお付き合いの濃さや長さというだけでは無く、個人信用情報を利用して判断いるのが一般的です。

この個人信用情報を審査して計算された申込者個人の信用を担保にして、クレジットカード発行やキャッシングに応じているのです。

個人信用情報から手に入る情報

個人信用情報からは以下の情報を手に入れることが出来ます。

但し、この情報はインターネット上から開示請求することも可能となっていますが、利用できる人は申し込みを受けた金融機関の職員か本人と限定されています。

個人信用情報から得られるもの
  • 姓名
  • 生年月日
  • 勤務先
  • 電話番号
  • 他社で融資されている金額
  • 返済日
  • 延滞情報(いつから延滞しているかも)
この信用情報機関には延滞や債務整理をした場合にその情報を載せる機能もあります。
業者は顧客のその事実(延滞や債務整理)を報告する義務を負っている為、ほぼ間違いなく信用情報機関に登録されることになります。

ブラックになっている状態とは

ブラックリストに掲載されているということは延滞等の事実があるということですので、新規にクレジットカードを発行できる程の信頼を得ることが難しいのが現状です。

下記に該当する方は一般的にクレジットカードを新規に発行することは難しいと考えられます。

ブラックとなる異動情報
  • カード利用料金の返済を無断で61日以上滞納している状態の方
  • キャッシングの返済日に無断で返済せず、61日以上滞納している状態の方
  • カードローンの返済日に無断で返済せず、61日以上滞納している状態の方
  • 債務整理(自己破産・任意整理等)を行い、まだ5年以上経過していない方

消費者金融に借り入れていることや数日の返済忘れ等の状態でブラックリストに載せられてしまうことは基本的にありません。

しかし、借入金額が年収額に対して大きいなど、その他属性の審査等で審査から落ちてしまうこともありますので、ご注意ください。

ブラック状態はいつまで続くのか

一度信用情報に傷がつくような延滞や債務整理を行ってしまった場合、どの程度の登録機関が設けられているのでしょうか。

一般的には以下のような期間に決まっていますので参考にしてください。

内容 登録期間

入金日・残高金額

完済日・延滞等

契約継続期間中または完済日から5年を超えない期間

※延滞情報について、延滞継続情報はその期間中、延滞解消の事実については発生日から1年を超えない範囲の期間

債務整理

任意整理…5年間掲載

自己破産…最大10年間掲載

特定調停…5年間掲載

個人再生…最大10年間掲載(7年程度掲載が主)

大手消費者金融会社のキャッシングや銀行の考え方は個人信用情報にブラック(異動情報)が無いことを前提として考えています。

もちろんその考え方に拠らない会社も存在しているのですが、基本的にはこの情報を信用情報として非常に重視している会社は依然として多くあるのが現状です。

ブラックとなった方がクレジットカードを作るまで

ご自身が債務整理をしてしまった等の状態が明確であり、個人信用情報機関に掲載され、ブラックになっていることが間違いないという方は下記の手順に沿ってクレジットカードを作成する方法が一般的です。

手順①:安定した収入を得る(定職に就いている)
  • 現在、毎月固定の給与を1か所以上から受け取っている
  • 受け取っている金額から生活費を差し引いた額に余裕があり、返済資金に出来る

定職に就いていることは、金融会社やクレジットカード会社から信用を得るための第一歩です。
正社員であることが望ましいですが、必要なことは「安定的でかつ継続的な収入が得られる環境であるか」ということです。
契約社員やアルバイトでも構いませんので、継続して働ける職場で働きましょう。
ただし、同じアルバイトでも1日だけの短期アルバイト等の不安定な職は「安定した収入」には該当せず、適していませんので注意してください。

手順②:自己破産は10年、任意整理は5年待つ
  • 自己破産は最長10年信用情報機関に掲載
  • 任意整理は最長5年信用情報機関に掲載
  • 自身の信用情報がどのような状態になっているかを確認する

債務整理は現在の債務の契約を債務者側に有利に大きく変更したり、債務をすべて帳消しにしたりするもので、大変強力な手続きです。
その為、信用情報機関への掲載期間も非常に長期間となっています。
「異動」として情報が掲載されている間に新規のクレジットカード発行審査が通ることはあまり期待できませんので、ほとんどのクレジットカードの審査は我慢をするしかないというのが現実です。

 

注意しなくてはいけないのは、クレジットカードの審査を申込するだけで申込情報が半年間信用情報に掲載されることです。

短期間で沢山申し込みをしすぎると、様々な会社が登録することになりますので「大変お金に困っている人だ」と審査担当者に思われてしまいます。

 

結果として、「クレジットカードを発行するのは危ない」と判断されて審査を否決されてしまう事例も出ています。
ご自身の信用情報がどのような状態になっているかの確認は、各信用情報機関(CIC等)のホームページにて申請すれば閲覧することが可能です。

1回あたり1,000円程度の手数料が必要ですが、申し込み前に一度確認をしておくのが良いでしょう。

手順③審査の甘いクレジットカードから申し込む
  • ネットの口コミ情報などで審査の甘いと言われるクレジットカードを調べる
  • Yahoo!カードは比較的審査が通りやすい
  • 自身がスーパーホワイトであることを忘れない
  • まずは少額で継続的な利用を行い、利用実績(クレジットヒストリー)を積む

ブラック期間から脱して、クレジットカード審査を受けても問題ない状態になったとしても安心してはいけません。
債務整理(特に自己破産)信用情報機関のご自身の情報は「スーパーホワイト」と呼ばれる状態になっています。

このスーパーホワイトとはクレジットの利用履歴やキャッシングなどの債務等の情報が何一つ掲載されていない状態のことを指します。
何故これが問題なのかを一言でというと、「年齢に対してクレジット利用履歴が綺麗すぎる」からです。

通常、クレジットカードには「キャッシング枠」と呼ばれるものがあります。
これはクレジットの利用とは別に緊急時等にキャッシングを行うことが出来る枠のことを指します。

要するにキャッシング枠とはここまでの金額であれば、クレジットカード会社から「あなたの望むタイミングでお金をお貸しします」と約束された枠です。
この枠はいつでも利用できるという点で、信用情報の中では「債務」と同義で扱われるのが一般的です。

それが債務整理を経ることによって、ある程度年齢を重ねてしまっている大人でクレジットカードの1枚も持っていないという状態は現在の日本の中でも比較的珍しい為、スーパーホワイトの方は逆に「この人は債務整理者ではないか」と警戒されることに繋がる場合もありえるのです。

その為、スーパーホワイト状態でも比較的発行しやすいクレジットカード(Yahoo!カードや楽天カード)をまずは発行し、クレジットヒストリーと言われる利用実績を貯めながら、次のカード発行へとステップアップしていくことが大切です。

ブラックのままだとクレジットカードを作ることはできないのか

結論から申しますと、作成可能なクレジットカード会社はいくつか存在すると考えても差し支えありません。

信用情報機関に事故情報が掲載されるとほとんどの審査で通過することが難しいのが事実であることには変わりません。

しかし、クレジットカード会社の中には過去の信用情報ではなく、現在の属性や収入状況を重視する会社も存在しています。

つまり、一度延滞などをして迷惑をかけてしまったが、現在はきちんと返済や利用を行っているという個人限定ではありますが、発行をしてくれる会社があります。

では、なぜブラックの申込者にもクレジットカードを発行しているのでしょうか。

クレジットカード会社の本音

一言で言うとそれは「カードを発行し、利用してもらえれば利益になる」からです。

カード会社は基本的には1人でも多くの方にクレジットカードを持ってもらい、利用してもらいたいと考えています。

なぜなら、クレジットカード会社の収益源は顧客のカード利用手数料であるからです。つまり、利用してもらえればもらうほど収益が上がる仕組みになっているのです。

このことからたとえブラックだったとしても、現在、滞納なく返済してもらえる収入状況になっているのであれば、カードを発行するメリットは十分に存在しているのです。

スコアリング評価という審査基準が一般的な方法になりますが、こちらで自社の基準をクリアしていれば、自社の利益に貢献してくれる顧客属性と見なされます。

要するに「ブラックであるから」という理由で門前払いをする必要性が無くなってしまう訳です。

アメリカの企業を母体としているクレジットカード会社は上記の審査傾向が強く、「過去の信用情報」よりも「現在の属性」に重点を置いて審査を実施しています。

ブラックの方を通しているクレジットカード会社は決して危ないのではなく、日本の常識とされている審査方法ではない方法で自社の利益を審査している可能性が高いわけです。

ブラックで審査にも落ちてしまう人

現時点でブラックとなっていて、「現在も滞納をしている人」は残念ながらどこの会社でも必ず審査に落ちてしまいます。

信用情報機関に異動情報が掲載されている方、所謂ブラックとなっている状態の方は大きく分けて以下の2種類となります。

2種類のブラック
  1. 過去に滞納していたが、現在は完済していると掲載されている方
  2. 過去に滞納していて、現在もその滞納が解消されていない方

両者のうち、審査に通る可能性があるのは①の現在は完済している方だけです。

2.のように現在も滞納が続いてしまっている方については滞納している金額を完済することがまずやるべきことでしょう。

滞納している額について「完済」が掲載されるようにすることが最優先です。

稀に自治体の長(知事や市長等)国会議員のような公人要素の強い方であれば審査に通ることもあるようですが、ほぼ間違いなく審査は通過できないでしょう。

これはブラックでも通過する可能性があるクレジットカードとはいえ、現在支払わなければならない金額を支払えていない方が新たに発行されるカードの利用金額を支払えるとは客観的に見て考えにくいからです。

ブラックでもクレジットカードを作れるのはなぜ

質問者
私は債務整理をしてブラックなのにクレジットカードを作れた。申し込んだ会社は危ない会社だったのだろうか…
インターネット上の口コミサイトなどを見ると、このような疑問や不安を持たれている方は多いようです。

ここまでの内容をまとめると、ブラックでもクレジットカードを作れる理由は「申込者の過去を捉えている信用情報ありきの審査を行っているのではなく、現在の属性と返済能力で審査を実施しているから」ということになります。

そもそもこの「ブラック」という概念は、信用情報機関に登録された過去の異動情報を元にしている為「過去に対する評価指標」と考えられています。

しかし、審査の過程でその「過去」よりも「現在」を重視するクレジットカード会社が存在している為、ブラックでもクレジットカードを作れるという事実が生まれています。

つまり、ただいたずらに申込者に対してクレジットカード発行をしているのではなく、自社の基準に則って発行をしているので安心して良い話なのです。

ブラック可能だと言っても審査は甘くない

ただし、ここで重要なことはあくまでも「現在の属性」が良い人が審査に通っているという事実も同時に存在しているということです。

審査基準が申込者が現在延滞をしているようなブラックでないかという基準ではなく、現在、優良顧客になることが出来るか否かという基準になっているだけなのです。

また、クレジットカード会社は日々ネット上にあるWEB広告やこのようなブログ記事の内容に目を光らせています。

なぜなら、明確な根拠や他社との比較もなく安易に「ブラックでもOK」や「簡単に審査に通る」と記載することで顧客が「簡単に審査に通るだろう」と勘違いして申し込んでいる事例が多発している為です。

現在に目を向けた審査をしているからこそ、現在の収入や就業状況は非常に重要な要素になります。

しかし、「ブラックOK」という触れ込みを見たために延滞が残っている状態の申込者が申し込んでしまうと、審査で否決しなくてはならないだけでなく、信用情報機関に申込登録をしなくてはなりません。

その後、審査が通過できず、そのまま契約が成立していない状態で半年以内に新規で他社に申し込んだ場合、ご自身の延滞情報だけではなく、前回の申込情報も同時に閲覧されてしまいます。

このことは通過できなかったことも明白としてしまい、今回の審査に通過できる可能性も限りなく低くなってしまいます。

結果として申込者・カード会社双方にとってメリットの無いやり取りとなってしまいます。

「ブラックOK=審査が甘い」という訳では無いことをしっかりと覚えておいてください。

審査のハードルの高さ

実はクレジットカード会社の種類によって審査のハードルには違いがあると言われています。

これは会社の親会社や所属しているグループの違いによって、対象としている(狙っている)顧客層が異なっている為です。

一般的に審査のハードルの高さは以下の様になることが多いようです。

クレジットカード審査ハードルの高さ
第1位:銀行・独立系
第2位:信販系
第3位:流通系
第4位:消費者金融系

このように並べてみると、消費者金融系のクレジットカードは比較的審査ハードルは低く、反対に銀行系のクレジットカード会社の親会社である銀行は融資業務を信用情報を元に審査・貸し出ししている為、子会社であるクレジットカード会社の審査も厳しいということが言えそうです。

大手消費者金融はブラックでもクレジットカード発行をしているのか

まず大前提として、先述した通り「現在延滞中」という申込者はどこでもカード発行することは難しいのが現状です。

また、任意整理(返済中)であったり、自己破産(申請中)であったりという場合もさすがに断られてしまうことが一般的です。

しかし、延滞が解消したことや債務整理の支払いが完了した旨が信用情報機関に登録されると、現在の属性を元に柔軟に対応し、クレジットカード発行をしてくれる消費者金融系カード会社が多くなってきました。

元々消費者金融は銀行で融資を断られた方や融資できる属性が無い方の駆け込み寺的な役目を担っている部分もありますので、その点の柔軟性は非常に高いものがあります。

過去に債務整理や延滞などで失敗をしている方できちんと支払いを済ませて問題解決した方は、次の借り入れについては苦い経験を繰り返さないようにかなり慎重になっています。

消費者金融側もそのような傾向を掴んでおり、現在の属性を信用してクレジットカードの発行を行っていると考えられます。

気を付けなくてはけない3つ目のブラック

先述した通り、ブラック状態というのは大きく分けて2種類存在しています。

2種類のブラック
  1. 過去に滞納していたが、現在は完済していると掲載されている方
  2. 過去に滞納していて、現在もその滞納が解消されていない方

実は上記の2種類以外にもう1種類ブラックとなっている方がいます。

3種類目のブラック

3.分割払いを支払い忘れ、そのまま放置しブラックになった方

実は近年この3種類目のブラックとなってしまう方が急増しています。

その原因は2つあります。

知らぬ間にブラックになっている原因
①信用情報の重要性を理解していない
②分割払いにするカードを普段使わないカードや口座にしていて忘れていた

特にこの②の理由である場合が非常に多く、知らない間に信用情報期間に延滞情報登録をされてしまっていることがあります。

そのような場合、殆ど①の信用情報の重要性を理解していない方が多いのが現実です。

一度登録されると5年から7年間は異動情報(金融事故者)として登録情報が残ってしまいます。

その期間は銀行系のカードローンなど審査ハードルの高いクレジットカードを発行することが困難になってしまいます。

ブラックでもクレジットカードを作れる理由

消費者金融系のクレジットカードの審査ハードルが銀行系に比較して低いとはいえ、延滞状態が解消していない申込者に対して審査を通すことは通常であれば考えられません。

ブラックでもクレジットカードを作ることが出来るのは、あくまで現在の収入状況や属性が良好であることが前提であることは先述の通りです。

また、その発行会社は流通系や消費者金融系に限られてしまうことになるでしょう。

しかし、長期間しっかりと利用実績を積み重ね、支払いを遅れることなく行っていけば、将来的には銀行系のクレジットカードを持つことも可能となりますので、諦める必要はありません。

まずは、延滞などが起きないように支払い期日を確認すること、利用する際は支払い可能な金額の範囲であるかを確認することを忘れないようにしましょう。

こちらも同時に読んでおくと良い記事!!

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事